2010年09月20日

国民読書年をなかったことにする

えー、このところ更新が滞っているのは(まあ常に滞っておりますが)、前回記事にしたオタ俳句を地味に続けているからなのね。
最近、ブログのネタを考える時間(駅と職場の間とか、お風呂の中とか)をオタ俳句つくるのに使っちゃってます。オタ俳句、楽しいので、ぜひ挑戦してみましょう。

それはそうと、いつの間にか夏は終わって、もう9月の半ば過ぎ。
もうちょっとで10月です。第4四半期が間近です。今年もそろそろまとめの時期‥‥、なのです。早いねー。
で、その今年は、ここで何度も繰り返してるように、
「国民読書年」
なのでありました。
いいですか、国民読書年も、残すところ、あと4分の1なのです。
ところが、どうでしょうか。
このところ、本についての話題といえば、一にも二にも、
「電子書籍」
ということになってますよね。
たぶん図書館業界の人にとっては、いちおう今年は国民読書年で、それなりのイベントがちょこちょこ開催されているみたいですが(図書館業界の人向けの)、図書館以外の本業界、出版社・書店・取次・書き手の人、あるいは世間のふつうの読書家にとっては、今年は国民読書年ではなく、
「電子書籍元年」
になっているように思えます。
国民読書年、ほとんど存在感がありません。

思い返してみてください。
国民読書年が最後の四半期を迎えようとするこの時期について、当初の予定ではどのようになっているはずだったか。
国民読書の掛声とともに、日本全土に広がった読書の気運は、いやがおうにも高まり、盛り上がり、燃え上がり、人々はわれもわれもと争って本を読み、本を読むために会社を休む者、学校をさぼる者、早期退職、休学する者が続出し、主婦は家事を投げ出し、経済はいっそう停滞し、経団連の偉い人は「国民読書年なんかやるんじゃなかった」と後悔し、と言いながらもみずからもまた本を読むことがやめられず、その中にあって出版社や書店のみは儲けに儲けてもうウハウハのガハガハ、日本の未来は知らんけど本業界の未来はピカピカに明るいもんね! ということになっているのではなかったか。
国民読書年関連のマスコットキャラ、ヨミネエも、当初のGoogle検索結果27件というのが信じられないような人気キャラに成長し、ネットにはヨミネエ絵やヨミネエ動画があふれ、コミケではヨミネエ本が一大勢力となり、来春にはついにアニメ化決定! ということになっているのではなかったか。
国民読書年をきっかけに生まれたアイドルグループDKS48はいきなりの大ブレイク、モー娘もAKB48もなぎ倒して一気にトップアイドルへとのぼりつめ、並み居る女性誌の表紙を独占し、大みそかには紅白歌合戦出演間違いなし、ということになっているのではなかったか。

なのに、ああ、それなのに。
ふたを開けてみれば、今この時期、国民読書年についての街頭アンケート結果は、
・国民読書年? 何それ?‥‥63.7%
・あれっ? 国民読書年ってもう終わったんじゃなかったっけ?‥‥23.5%
という体たらく。
日本国民のほとんどは、もう国民読書年なんて、眼中にないのです。

このままでは、来年は、タイヘンなことになってしまうのではないか。
今でさえこんな状況なのに、国民読書年が終了した暁には、ほとんどの国民は読書なんて見向きもしなくなるのではないか。
いや、見向きもしないだけなら、まだいい。
来年、たとえば電車の中などで本を読もうものなら、近くに座っている女子高生2人が、
「やだー、ちょっと、あの人、見て、ほら、‥‥プッ、読書してるー。今どき、ヤバくね? ていうか、バカじゃないの?」
「ちょっと、声大きい、聞こえるって、今どき読書とか、ぜったい、どっか変だから。頭おかしいから」
ということになるかもしれないのです。読書家、大ピンチなのです。

そうならないために、どうすればいいのか。
国民読書年をあと3カ月残す今、われわれの取り得る道はどのようなものなのか。
ということで、提案です。
ここはひとつ、思い切って、いっそのこと、
「なかったことにしちゃう」
というのは、どうでしょうか。
国民読書年なんか、最初からなかった。なんか国会で決議したような気もするけど、もう政権とかずいぶん変わっちゃってるし、あれはたぶん、気のせいだったのでは。
ということにする。
なんか本関係の年だった気がするかもしれないけど、ほら、違うわよ、本は本でも、今年は、
「電子書籍元年」
だってば!
ということにするのです。
とりあえず、国民読書年について言及しているホームページやブログなどについて、すべて電子書籍元年に書き換えちゃう。
新聞や雑誌にはほとんど国民読書年のことなんて取り上げられてないから、そのままにしておいても、十分ごまかせます。
読書推進キャラクターのヨミネエも、国民読書年じゃなくて電子書籍元年のマスコットだった、ということにする。
今ここを読んでいるあなたも、ほら、今年は国民読書年じゃなくて、電子書籍元年ですよー。ほら、この五円玉をじっと見て、ほら、ほーら、だんだんまぶたが重くなる‥‥、だんだん眠くなーる‥‥。そうして、目が覚めたら、国民読書年のことは、すっかり忘れる‥‥。
‥‥‥‥。
‥‥。

よし、これで、電子書籍元年が終了した来年、電子書籍がすっかり廃れて、電車の中で、
「ちょwww、ヤダ、あの人、何あれ? 電子書籍? 今どき? バカじゃないの?」
ということになったとしても、とりあえず読書は生き残るぞ。


posted by 清太郎 at 13:54| Comment(10) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

オタク俳句(二次元俳句)のすすめ

オタク川柳っていうのがありますよね。
「この知識 オタクに普通 世に不通」
「俺の嫁 ワゴンセールで 売られてた」
とかいうの。「オタク川柳大賞」は、マスコミでもとりあげられるほど話題になりました。
で、川柳があるのなら、
「オタク俳句」
があってもいいのではないか、と思うのです。
というと、
「え、オタク川柳って、俳句じゃないの?」
などという人がいるかもしれないけど、もちろん、俳句は川柳じゃありませんよ。
同じ五七五の17文字の文芸だけど、川柳には季語はなくて風刺や笑いがあって、俳句には風刺や笑いは必要ないけど、季語と、あと何かよくわかんないけどプラスアルファが必要です。
ともあれ、こういうときは、とりあえずGoogle先生に訊いてみましょう、と検索してみたんですが、オタク俳句といいつつオタク川柳だったり、あるいは単に五七五にまとめただけだったり‥‥。
俳句やってる層とオタク層が重ならないのか、あるいはオタク俳句をつくってる人がいてもネットに公表しないのか、とにかく、オタク俳句といえるようなものは、なかなか見当たりません。

ということで、みんながつくらないなら、私がやってみましょう、と始めてみることにしました。
ただし、オタクなことを俳句にする、というだけでは、
「季語の入ったオタク川柳」
のようなもの、というかオタク川柳の劣化版になりそうなので、オタク川柳とはまったく別次元のものにすることにしました。
文字通りの「別次元」のものに。
どういうことかというと、オタク川柳は原則としてオタクの生態や行動を(自嘲的に)描くものですから、つまりは三次元です。
それに対して、オタク俳句は、二次元にしてみます。
すなわち、この現実の世界に生きているオタクを俳句にするのではなく、アニメやマンガなどの作品の中を俳句にする。
ふつうの俳句が、現実の世界の風景や事物、人情や想像を題材にしているとしたら、オタク俳句はアニメやマンガなどの作品の中の風景や事物、人情や想像を題材にするのです。

などといってもよくわかんないかもしれないので、実際に例を挙げますね。
たとえば、「新世紀エヴァンゲリオン」の作品世界を題材に、

 髪洗ひ使徒襲来の夜明けかな

季語は「髪洗う」。エヴァにおいては日本は温暖化でずっと夏という設定ですから、夏の季語です。
あるいは、「機動戦士ガンダム」の最終話、シャアがキシリア閣下にバズーカを向けながらつぶやいた名台詞「ガルマ、私の手向けだ。姉上と仲良く暮らすがいい」を題材に、

 姉上と仲よく暮らせ冬薔薇(ふゆそうび)

薔薇は俳句ではよく「そうび」と読まれるようです。冬薔薇とこの台詞には何の関連もないし、そもそも舞台は宇宙だから四季もないんだけど、華やかなガルマとクールなキシリアの組み合わせに冬薔薇のイメージは合うかなあ、という選択。
アニメじゃなくても、「ジョジョの奇妙な冒険」第4部の舞台、杜王町を使って、

 三日目のカレー杜王町暑し

アニメやマンガ以外でも、たとえばRPG「ドラゴンクエスト」で、

 ルイーダの酒場勇者と冷ややっこ

これはちょっと滑稽味を狙いすぎてスベってるかな‥‥。
ともあれ、だいたいの感じはおわかりでしょうか。
考えてみれば、アニメやマンガは日本の誇るポップカルチャーの筆頭ですし、かたや俳句は江戸時代から続く伝統的な日本文化の代表でもあります。
その両者が合体した二次元俳句って、伝統とモダンをアウフヘーベンしたというか、ハイブリッドな最前線の日本カルチャー!? という気がしないでもなくて、おお、なんだかスゴイかも。

‥‥とはいえ、俳句ってやっぱり難しいんですよね。入門書とかにはよく「俳句は誰にでもつくれる! 紙と鉛筆さえあればいい!」なんて書いてあるけど、ウソだと思います。
こんなこと言ってる私自身、今月になるまで、俳句つくれなかったんだし。
興味はあっても、実際にどうすれば俳句をつくれるのか、ずーっとわからないままでした。
三田完の句会小説『俳風三麗花』なんかを読んでも、俳句おもしろそうだなあ、いいなあ、と憧れるだけ。
それが今月、岸本葉子『俳句、はじめました』(角川学芸出版)を読んだら、句会のようすがすごくおもしろそうで俳句をつくりたくなり、しかもこの本、俳句シロウトの岸本葉子が句会に参加することでだんだん上手になっていくエッセイなだけあって、まったくのシロウトが読んでも俳句のコツもなんとなくわかる(たとえば、語と語がつきすぎないように、理屈すぎないように)ので、それでようやく一歩を踏み出せた次第。
で、Twitterでツイートしたところ、俳人でもある千野帽子さんより幸いにもコメントいただき、
「一片の悔いなき生に揚雲雀」(「北斗の拳」ラオウの最期の台詞「わが生涯に一片の悔いなし!」より)⇒全国の老人会で毎週つくられてる感じだからダメ
「人類の補完すんだか水海月」⇒人類補完と海月が近いから「人類の補完すんだか西瓜番」
「独逸から来た転校生夏木立」⇒三文字熟語の連続が気になるなら「轉校生獨逸から來て夏木立」
などなど。わー、なるほど、勉強になります! 俳句おもしろい!

と、そんな俳句始めて10日の超初心者として思うんだけど、「季語の入った五七五」を俳句にするためのプラスアルファのひとつは、なんというか、その17文字の中にひとつの世界が立ち現れていることなんじゃないかしら。
だとすると、アニメやマンガなどの既存の作品を題材にするってことは、一から世界を組み上げなくても、その作品の世界をお手軽に借りられるってことだから、つまり初心者にも俳句らしい俳句がつくりやすいんじゃないかしら、と思うのです。
二次元俳句は、俳句初心者にこそ、おすすめなのかも、なのです。
ですから、俳句つくったことない、という皆さんも一度、挑戦してみてはどうでしょう。
とりあえず、作品の中の台詞や舞台、事物を五七五のうちの五七か七五に当てはめて、残った五文字に季語を入れることからはじめると、つくりやすいです(たぶん)。
題材とする作品は、アニメやマンガのほか、ゲームでもTVドラマでも映画でも小説でもいいでしょう。
つくったらTwitterで、#otahaikuのハッシュタグをつけてツイートしましょう。

さあ、二次元俳句という現代日本文化の最前線を、あなたも体験してみませんか。


posted by 清太郎 at 22:05| Comment(19) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

春の読書週間

毎年、この時期の定番の話題といえば、
「読書週間の標語」
です。
今年、2010年の標語も、すでに決定しております。ご存じですか、
「気がつけば、もう降りる駅。」
というの。
ご覧の通り、一昨年、昨年に続き、今年も「本に関する言葉が入っていない」標語。
「気がつけば、もう降りる駅。」だなんて、別に読書してなくてもいいわけですからね。
「好きな子とおしゃべりしているうちに、気がつけば、もう降りる駅。」
「お互い抱きしめあっているうちに、気がつけば、もう降りる駅。」
「彼女の唇をむさぼってるうちに、気がつけば、もう降りる駅。」
でもいい。
昨年、このブログで指摘したように、
「読書週間の標語の文言から、本にまつわる言葉をなくす」
     ↓
「読書週間ではなく愛書週間にする」
     ↓
「愛書週間から恋愛週間にする」
     ↓
「読書分野から恋愛分野へという業態転換」
という変革が、着実に進行しているようです。

さて、この「気がつけば、もう降りる駅。」という標語自体の検討は次回に回すとして、今回は「読書週間」について少し。
「読書週間」というのは、一応確認しておきますと、
「10月27日〜11月9日(文化の日を中心にした2週間)」
ということになっています。読書週間初日の10月27日は、「文字・活字文化の日」ね。
読書週間がなぜこの時期に設定されたのかについては、まあ読書の秋だし、文化の日だし、ねえ‥‥、という程度のテキトーな理由しかありません。文化の日も、日本国憲法の公布日だから、読書とはぜんぜん関係ないわけだし。
となると、ですよ。
あらためて考えると、読書週間をこの2週間のみに限定する必要は、まったくないはずです。
むしろ、真に国民にもっと読書してほしい、というか、もっと本を買ってほしい、と思うのならば、読書週間をこの2週間だけにとどめておくのは、おかしなことではないでしょうか。
お役所主導の交通安全週間だって、春の秋の2回あるのです。
甲子園にも春と夏がある。
なのに、なにゆえ読書週間が、秋だけなのであるか。
「ほかにも愛鳥週間とか女性週間とかアレルギー週間とか国際文通週間とかいっぱい詰まってて、もう空きがないんです」
なんて言い訳は通用しませんよ。電波帯域じゃないんだから。
5月には「こどもの読書週間」がありますが、それは所詮子ども相手のもの。読書週間が甲子園レベルだとしたら、そっちは小中学校の野球大会レベルでしょう。
つまり、読書週間が秋にしかない、というのは、
「営業努力の不足」
のあらわれでしかないのです。
「怠慢である」
とのそしりは免れない。
今や、売る努力なしに、モノが売れる時代ではないのです。
本が売れない、出版不況だ、などと嘆くひまがあったら、とりあえず、まずは「春の読書週間」をつくるべきです。
その後、「冬の読書週間」、「夏の読書週間」、さらに「年末読書週間」「早春読書週間」「晩秋読書週間」「梅雨時読書週間」「お花見読書週間」「紅葉読書週間」「初雪読書週間」「愛鳥読書週間」「交通安全読書週間」と、次々に読書週間を拡充し、本の販促に努めましょう。
そこまでやって、それでも本が売れなかったら‥‥?
いや、心配無用です。そのころには、
「読書から恋愛へ」
の業態転換が成し遂げられているはずです。


posted by 清太郎 at 17:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

国民読書年×Twitter連動企画「わたしに本をすすめてください」

はじめまして。
皆さんから、本をすすめていただくことになりました白河まりあ(@shirakawamaria)、17歳です。都内の女子高に通っています。
趣味はもちろん‥‥、読書!
小説は古典から伊坂幸太郎まで、恋愛小説もミステリもSFもラノベも大好きなんですけど、自然科学のエッセイとか新書とかも読んでますし、社会、経済、歴史、哲学も少し背伸びして‥‥。おもしろい本なら、なんでも好き!です。古本屋さんに行くのも好き!

さて、今回の企画で、わたしはこれから1年、皆さんからすすめていただいた本だけ、を読むことになります。(勉強に使う資料本とかは別ですよ。趣味で読む本、です。)
Twitterで、ハッシュタグ「#watasusu」をつけて、おすすめ本をツイートしてくださいね。
書名と著者名または出版社名、それに加えておすすめアピール文をつけて、ぜんぶで140字以内、が条件です。
で、そうやって皆さんにツイートしていただいた本の中から、わたしは次に読む本を選んでいきます。
見事、わたしの読書心を射止めた(?)ツイートをした人には、国民読書年実行委員会から2,000円分のAmazonギフト券が贈られます。
わたしの読書ペースは、2、3日に1冊程度ですから、1年で120冊超くらい。最後に、その中でイチバンの本をおすすめいただいたかたには、なんと20,000円分のギフト券をプレゼント!です。
ちなみに、費用についてはすべて国民読書年実行委員会から実費が支給されるので、本の値段に配慮する必要はありません。
わたしはこれから1年、お金の心配をすることなく本が読める、幸福な女子高生なのです。(この企画に参加することにしたのは、そのためです。)

ということで、Amazonギフト券ゲットを目指して、どんどん本をおすすめしてくださいね!
ただし、皆さんが本をおすすめするツイートは、リツイートはもちろん、ブログなどウェブでの引用、書店や図書館でのPOPなどでの利用も、無許諾でOKということにします。目を引いたアピール文は、本屋さんでもどんどん販促に使っちゃおう、ということですね。
もちろん、おすすめツイートだけじゃなくて、ふつうに@shirakawamariaで何かツイートしていただければ、返事しますからね! まずはフォローお願いします。

参考までに、ここ最近読んだ10冊を挙げると、古い順に、
・タチアナ・ド・ロネ『サラの鍵』(新潮社クレストブックス)
・須賀敦子『コルシア書店の仲間たち』(文春文庫)
・梨木香歩『渡りの足跡』(新潮社)
・小沼丹『懐中時計』(講談社文芸文庫)
・加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)
・藻谷浩介『デフレの正体』(角川oneテーマ21)
・マリー・ソウ&キャロル・チャウ『世界を変えるオシゴト』(講談社)
・吉村昭『蟹の縦ばい』(中公文庫)
・中村安希『インパラの朝』(集英社)
・長沼毅&藤崎慎吾『辺境生物探訪記』(光文社新書)
‥‥うーん、われながら、あんまり、かわいい女子高生っぽくないかも(焦)。
とにかく、こんな感じで、新しめの本の間に古本を混ぜたりしながら読んでますので、皆さんも、新刊・古本の区別なく、おもしろい本、読むべき本を、どんどんおすすめしてください!
熱いツイートをお待ちしています!


‥‥という企画があったら、ぜったい参加するのになあ。
国民読書年はあと5ヶ月しかありませんが、実行委員会(そんなものがあるとしたら)の皆さん、ぜひ検討してください。


posted by 清太郎 at 00:15| Comment(11) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

本好き女子がいっぱい! 「DKS48」結成!

そっち方面は詳しくないのでよくわかんないのですが、AKB48に続いて、さらに名古屋のSKE(栄)48、大阪のNMB(難波)48と、地元密着型のアイドルグループが誕生してるそうです。
この調子で行けば、そのうちNKS(中洲)48とかKWM(河原町)48とかATM(熱海)48とか、どんどん出てくることは間違いないわけで、よーし、われらが読書界も、ドサクサにまぎれて、同様のアイドルユニットを立ち上げてはどうか。
ジャジャーン、
「DKS48」
ディーケーエスフォーティーエイト。「DKS」は、「読書」です。

全国から集まった本好き、読書好きの女の子が、てんこ盛りの48人。
あの娘もこの娘も、みーんな、本が大好き。本の話をするのも好き。
しかも、アイドルなんだから、みーんな、カワイイ。みーんなかわいくて、本が好き。
という、ウブな本好き男子が卒倒するような夢の女子集団です。
そうして48人、ステージの上に勢ぞろいして、何をするかというと、歌って踊る‥‥かどうかはわかんないけど、せっかく読書なんだから、48人で、
「全員朗読」
とかするの。(そんなの聴いておもしろいのか、と思うかもしれないけど、いや、これを機に、朗読を聴いて楽しむ、という娯楽をつくりだせばいいのだ。攻めの姿勢が大切です。)
とにかく、本好きのカワイイ女子が48人もいるんだから、そのインパクトたるや、スゴイはずです。「読書家向けキャバクラ」の比ではありません。
しかも、48人、それぞれ個性もバッチリです。
たとえばチームDの白河まりあちゃんは、黒髪ロングの眼鏡っ娘で色白でおっぱいは小ぶりで日本の近代文学が大好きという絵に描いたような文学少女。チームKの高槻よしのちゃんはショートカットのボクっ娘で好きなジャンルはSF。チームSの佐々かなこちゃんはツインテールのロリ貧乳、でも硬派骨太なノンフィクション大好きで、ポケットにはいつもムーアヘッドで、そのギャップがたまりません。
自分の好きなジャンルを読んでるメンバーが好みの女子であれば、もう断然親近感が沸いてきて、本読みながら、
「この本、小清水ちゃんも読んでるんだろうなあ、ムフ、ムフムフムフ」
と読書のヨロコビがさらにアップ。
よしんば好みのタイプと本が食い違っていても、
「高瀬咲ちゃんは巨乳でボク好みなんだけど、でも得意ジャンルが建築と工学なんだよなあ、そんな本読んだことないよー、いや、でも、咲ちゃんのために、あえて建築本に挑戦してみる!」
と、DKS48のために、未知の領域に取り組むウブな読書家も大勢あらわれるでしょう。
そんな男子たちのために、DKS48のメンバーはそれぞれ、
「私に会いたかったら、最低限これだけの本は読んでね!48冊リスト」
などを公開してますから、ファンはこぞってそれを読む。
そうして、48人のブログはそれぞれ各ジャンルの読書コミュニティとなって、あるいはTwitterでも、
「このまえ出た『飢えたピラニアと泳いでみた』(青土社)って、超おもしろそうなんだけど、どう? 読んだ人、感想教えて!」
なんていう桜井みかげちゃん(理系・生物本担当)のツイートに、ファンはこぞって感想ツイート。中小出版社にも恩恵がもたらされることでしょう。
もちろん、メンバーを囲んでの読書会も頻繁に開催されます。(参加するためには、一定量以上の本を購入しないといけないけど。)
本屋さんのフェアにも呼ばれたりして、
「物理・数学本フェア開催! 日曜日にはDKS48の千葉さおりちゃんと二鳥真穂ちゃんも来るよ!」
ということになれば、彼女たちを目当てに慣れない物理・数学本を買って行列する男子も続出です。
読書週間には、角川書店あたりと組んで、
「秋の48冊!」
のフェアを開催。
もちろん、表紙はそれぞれDKS48のメンバーで、
「48冊コンプリートしたら、握手会にご招待」
ということになれば、みんな買います。ちゃんとコンプリートします。(CDやDVDなんかに比べれば、安いものです。)
DKS48のおかげで、本は売れ、読者(男子)は喜び、出版社は儲かり、本屋さんも嬉しい。おお、まさにDKS48は、不況下の出版界に光臨した救世の女神たちになるのです!

国民読書年とかいいながら、ろくな行事も行われてないし、国民読書年実行委員会なんかには予算がいっぱい余ってるだろうから(そんなものがあるとして)、DKS48のプロモーションに必要な費用は、とりあえずそこから支出してもらいましょう。
ヴァーチャルな電子書籍にばかりかまけてないで、もっと地に足のついた、こうした地道なPR活動を通して、読書の喜びを広める、それこそが国民読書年にふさわしいことだと思うですが、どうでしょうか。
(ぜんぜん地に足がついてないって。)


※このネタ、Twitterでの@sarurskさんとのやり取りから思いつきました。



posted by 清太郎 at 09:57| Comment(9) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。