2007年09月04日

朝青龍×高砂親方

この夏、日本中の話題をさらった横綱・朝青龍騒動。これまで一人横綱に対して何も文句がいえなくて積もりに積もっていた鬱憤が、白鵬の横綱昇進を機に一気に噴き出した、みたいな感じで見ていてあまり気持ちのいいものではありませんが(個人的には、モンゴルで行方をくらました朝青龍が秘密の猛修行で身体中に傷跡をつけながらさらに強くなってカムバックして、それを迎え撃つ日本人力士! 正義は我らにあり! 果たして朝青龍を倒せるのか! 朝青龍曰く「日本人力士なんてヘナチョコだ、勝てるもんなら勝ってみろ、よーし、1敗でも負けたらホントに引退してやる、しかし俺が全勝優勝したら、土俵に草植えるぞ、草! 草原にしてやる! でもって、来場所は馬に乗って土俵入りだ!」とか何とかそういうことになるといいなあと思うけど)、まあそれはそれとして、こちらも最近いろいろ本が出たりして話題の「腐女子」の皆さんの一部は、この騒動を熱い熱いキラキラ瞳で見つめていることと思います。

男と男が裸に近い格好でぶつかりあい、組みあい、押しあい、投げあう大相撲。
「やだー、豊真将ったら、琴奨菊のへんなとこさわってるぅ!」
「やーん、琴光喜に寄り倒された魁皇ってば、なんか、うれしそうっ!」
と、取組の一番一番に胸を躍らせてはハアハアしている腐女子の皆さんは、少数派ながらいるわけで、彼女たちの目に映る今回の朝青龍騒動は、テレビや週刊誌で報道されるそれと大きく異なっているだろうことは、明らかでしょう。

たとえば、元大関・朝潮の高砂親方が、「これから説得してきます」などと朝青龍の自宅を訪れるのを見るたびに、
「きゃー、説得とかいって、もしかして、カラダで説得?」
「『ん? どうしたリュウ(注・朝青龍のことです)? 何ヘソ曲げてんだよ』とか、言ってるのよー。やーん。でもって、『だ、だって‥‥』『だって、何だよ、え? 俺が他の男に手を出したのが、そんなにショックなのか?』『だって、親方ったら‥‥』『おいおい、親方なんて言うなよ。ふたりでいるときは、シオ(注・朝潮のシオです)、って呼ぶんだろ?』とかいって、とかいって。きゃー」
「ちがーう、高砂親方の方が受けだってばー。『もう、リュウくぅん、あんまり僕を困らせないでよー』『残念だな、俺は、シオ、おまえの困った顔を見るときが、いちばん燃えるんだよ』『あっ、リュウくん‥‥』とかいって、とかいってー」
などと悶えていたに違いありません。そうこうしているうちに、朝青龍モンゴル帰国、高砂親方同行、ということになり、
「もしかして、このまま二人、手を取りあって‥‥」
と色めき立った人もいるかもしれませんが、親方はわずか2日後に帰国。
一般人の目には「早すぎるんじゃないの」「親方の監督責任は!?」ということになるこの出来事も、腐女子のたくましい妄想魂にとっては、
「ってことは、‥‥破局?」
「『僕、もう、シオとは一緒にいられない! シオがあの人と別れてくれないかぎり、僕、帰らないから!』ってこと?」
と、これはこれでネタになり、そうなると高砂親方が会見で述べた、「帰りに虹を見た、Wアーチの。すごいなと思った」という発言もなんだか意味深げに思えてきて、
「よーし、決めた! 次の同人誌のタイトルは『草原にかかる虹』にしよーっと!」
という人は多いと思います。
「高砂部屋オンリー女性向け同人誌即売会」などに出品する際には、他のサークルとタイトルがかぶらないように注意したほうがいいんじゃないでしょうか。
posted by 清太郎 at 22:49| Comment(10) | TrackBack(3) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せ、清太郎さんっ!

きゃあきゃあもう〜♪

いえわたしは決してそんな目でお相撲を見たことはありませんよぅ。

やっぱお相撲さんは千代の富士だったなあ。
Posted by シキ at 2007年09月04日 23:36
 清太郎さん、、、そういう方向に行ってしまわれるんですね^^
いやぁ、最初の展開からしたら、僕的には、モンゴルの平和をまもるために帰った朝青龍の代わりに朝青龍2号がどこかから代わりに日本にやってくるとか、或いは故障箇所に機械を入れてメカ朝青龍として帰って来てくれるとかの方が楽しいんだけれどなぁ。。。
 どちらも妄想系の話ですね^^
ともあれ、ちゃんとけじめつけないとモンゴルからきてる後輩力士が可哀想だからちゃんとしては欲しいです。
Posted by 樽井 at 2007年09月05日 12:37
シキさん。
朝青龍問題、マスコミの報道が、というかネットもそうだけど、なんだかあまりに一面的でヒステリックで、以前のイラク人質のころを思いだしました。みんなふだん相撲になんか関心ないでしょ、と思うんだけど‥‥。
しかしホントに力士BLというのはアリなんでしょうか。「全盛期の二子山部屋本を今でも描いてます」とかいうの。いやだわ。

樽井さん。
いや、行ってませんよ〜(^^;
あ、そのメカ朝青龍、いいですね。桃白白みたいなの。
ひじのところがパカッと折れて、中からガトリング砲が‥‥。
Posted by 清太郎 at 2007年09月05日 14:04
はじめまして。今までコッソリ読ませてもらってました(^^。
「全勝優勝したら土俵に草植えるぞ、草!」と吠える朝青龍をぜひ見てみたいですね。ちょっと前のまんがになりますが、「ああ播磨灘」ってこんな話じゃなかったでしょうか。「世間の風」なんかに負けず、ますます暴れ回ってほしいものです。
Posted by ギョギョーム at 2007年09月05日 18:08
確かに、あのヒステリックさは、なんか異常ですよね。こわいです。
非難集中の仕方が非情に視野が狭くて硬直してて判断停止に陥るようになってるというか。
まー別に擁護もしようとかは思わないんですが。
仕事サボってんのバレたらそりゃマズイでしょーと思うのですが。
そんなによってたかっていわなくても???と思いますが。正直そんなに日頃お相撲に注目はしてないのです。

で。

お相撲ジュネ、昔のジュネでマンガがありましたよ〜。もちろん見た目はもっとキレイ目になってましたが(^^)
小柄で美少年なコが、筋肉質系凛々しい横綱に憧れて稽古にはげみ、だんだん強くなり、みたいな。
美少年、むふ〜となって、対戦相手はコロコロ負けちゃったりして。
憧れがやがて恋に、みたいな〜。

すみませんあんまり詳しくは覚えてません。
軽いコメディタッチであんましリアルな描写などはないものでした。(タイトルなどなどはすっかり忘れてます)
Posted by シキ at 2007年09月05日 21:04
こんばんは。あぁ、なんかこの記事のコメント増えてる。意外とみんなその手の話好きなのかな?
 ま、それはさておき、モッくん主演だったかの映画「シコ踏んじゃった」はそういう目線も意識してそうでしたね。あとは漫画ではパタリロの中で「官能の春場所」だったかな、力士同士の恋愛みたいなのありましたね。青少年、裸、男同士の密着とくれば、他にももっとコアなのがありそうです。
Posted by 樽井 at 2007年09月05日 22:42
ギョギョームさん。
お気軽にコメントどうぞ(^^)
そうそう、播磨灘みたいな強い悪役、やっぱり必要だと思うんですよ、盛り上がるためには。(ただ、そのためには、それと互角か、あるいはちょっと弱い正義役の存在が必要で、それがなかったところが朝青龍の不幸でした。)
ぜひとも、もっと強く、悪くなって帰ってきて、
「朝青龍なんてお仕着せの四股名は返上だ! オレのことは今場所から『暗黒龍』と呼べ!」
くらいのことは言ってもらいたいものです。

シキさん。
これがたとえばふだん優等生キャラで売っていた力士だったならば、「仕事サボって何やってんだ!」となるのはしかたがないんでしょうが、ふだんからワルキャラなんだから、今さら何で‥‥、というのがよくわかんない。(もうひとつよくわかんないのが、朝青龍はチャリティーサッカー大会に出場したのに、中田英寿はなんでチャリティー相撲大会に出場しないのか、ということなんですが。)
お相撲ジュネ、なんだか相撲なのに花びらが舞ってそう‥‥。土俵なのにお花畑な感じ。しかし、相撲だけに、そりゃ「リアルな描写」はないでしょう(^^; みんなあんまりおなかが出てなさそう。

樽井さん。
さすがパタリロ。なんだか場面が想像できます。パタの山とかいって。
しかし、「青少年、裸、男同士の密着」だからといって、あんまりコアになると、さすがに私もフォローできません(^^; そのあたり、やおいはやっぱりファンタジーだと思います‥‥。
Posted by 清太郎 at 2007年09月05日 23:14
思わずコメント。
以前「ユーモア集」みたいなので読んだギャグを思い出しました。

女「深夜に放送しているあの番組はなんですか! あんなに露出度の高い女性が出てきて…」
テレビ局「その代わり、昼間には裸の男性を放送しておりますが…もしかして皆さん、相撲を見た事がないのですか?」

あと、柔道部なんかも格好の標的(?)ですよね。
「男子校の柔道部」なんてもう、清太郎さんが(?)好きなんじゃないでしょうか。
相撲と違って、互いに横になっても試合が続きますからね。
薄着を来た若い男2人が、ガッチリと抱き合ったまま畳の上に寝てるわけですから。布団も敷かずに。
Posted by 黄黒真直 at 2007年09月06日 00:32
体表面が広いぶん、ビキニの水着よりもまわしの力士の方がよほど露出度の割合が高そうですね。
柔道部は‥‥、うーん、どうなのかなあ、まあそれはそれでアリなんでしょうけど‥‥。
Posted by 清太郎 at 2007年09月06日 20:06
战无不胜最新章节,正文第六十一章跆拳道馆里的异类-八路中文网 但叶高山的眼力怎么会是常人可比。 是就技巧实用性和动作协调性来判定,恐怕这个女生可以轻易放倒这个场地内任何一个所谓的跆拳道高手。 有意思,跆拳道馆里还有不练跆拳道的学员。 叶高山琢磨着,这个女学员的动作有些熟悉
Posted by 是就技巧实用性 at 2010年11月27日 14:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

朝青龍 モンゴル
Excerpt: 朝青龍×高砂親方これまで一人横綱に対して何も文句がいえなくて積もりに積もっていた鬱憤が、白鵬の横綱昇進を機に一気に噴き出した、みたいな感じで見ていてあまり気持ちのいいものではありませんが(個人的には、..
Weblog: 朝青龍 画像 問題 掲示板
Tracked: 2007-09-07 19:03

朝青龍
Excerpt:  朝青龍負けちゃいましたね・・・・別にファンってわけじゃないんですが大相撲の人気低迷を救えるのは彼しかいません・・・・別に相撲ファ...
Weblog: 三男坊天真爛漫
Tracked: 2008-02-11 18:06

■わんぱく横綱 朝青龍のCMギャラはトップモデル級
Excerpt: 大相撲のトップヒールに完全復活の兆しだ。 わんぱく横綱の朝青龍は初場所8日目 20日、東京・両国国技館)に臨み、西前頭3枚目の栃乃洋に辛勝。 苦しみながらも中日を乗り切り、なんとか1敗を守..
Weblog: 武井 泄月袴の【本音タ】
Tracked: 2008-04-07 12:52