2007年05月26日

ニセモノ小説

先日、中国の偽ディズニーランドみたいなのが話題になっていましたが、ああいうのって、微妙に「似せない」ことがキモなんでしょうか。お金がからむと「ケシカラン!」話なのかもしれないけど、端から見ているぶんには、あのなんともいえない脱力的なヘタウマ加減(いや、ヘタなだけでウマくはないのか)が楽しいので、この手のネタはけっこう好きです(他にも、ロッテだと思ったら「ロッチ」だった、とか、そういうの)。

それにしても、いつもニュースになるニセモノは、こうしたディズニーやドラえもんといったキャラクターばかり。ニセモノが出回るほどになる、というのが人気の指標のひとつだとすれば、われらが本業界にも、もっとがんばってもらいたいものです(あ、いや、もちろん、「最近、本物の小説が一体どこにあるというのだ!」というようなブンガク的な皮肉を言いたいわけではありません)。

アジア諸国では、村上春樹やよしもとばななの海賊版が出回っているそうですが、海賊版ではつまんないですよね。求めるべきは「ニセモノ」です。偽ミッキーや偽ドラに通じる脱力感がほしい。
たとえば、
・「ノルウェイの森」とか「ねじまき鳥クロニクル」とか、見た目は村上春樹そのものなんだけど、読み進めると、主人公がぜんぜん女の子にモテない。
・「キッチン」とか「TSUGUMI」とか、内容はよしもとばななそのものなんだけど、作者の名前が「よしもとマンゴー」になってる。
・見た目も内容もほとんど京極夏彦の京極堂シリーズそのままなんだけど、よく目を凝らすと、登場人物の名前が微妙に違ってる。榎木津礼二郎が「札二郎」になってるとか。
・「V.」とか「重力の虹」とか、ピンチョンの小説なんだけど、著者近影が載っている(しかも、けっこうカッコイイ)。
・「東京タワー オトンとボクと、時々、オカン」。
・「人は見た目が8割」。
ニセモノと知らずにこういう本を買ってしまい、読んでる途中で「わ、これ、ニセモノだった」と気づいたとしたら‥‥、それはそれで、なんだか嬉しいような気がするんですが、どうでしょうか。


posted by 清太郎 at 15:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔、ドサ回りの興行などは、「エノケソ」(正しくはエノケン)、「美空いばり」(同、ひばり)などと、名乗っていたって話は聞いたことがありますが。
今日、武田泰淳の「十三妹」を見つけて買ってきました。清太郎さんどこかで取り上げておられなかったかしら。
泰淳先生、楽しげに美少女戦士の中国武侠小説のニセモノを、「水滸伝」や「三国志演義」の講釈士になりすまして、語っている感じ。すごく、楽しい。
長い歴史の中では、まねっこやニセモノを通じて文化が交流してきたんだろうなあ、とは思います。
知的財産権の現代に持っている重みはわかりますが、のちのち文化が窒息状態にならんようたのみます、って感じ。(長くなってすみません)
Posted by すずめの巣 at 2007年05月27日 19:02
はじめて書き込ませていただきます。

「人は見た目が8割」、本物より外見を重視しないのか、と突っ込みを入れてしまいそうですね。

・宮部みゆさ「模倣犯」
突然街で起こった残虐な事件。それは宮部みゆき「模倣犯」とそっくりの手口で行われていた・・・。

なども読んでみたいところです。
Posted by 海月 at 2007年05月27日 22:55
あなた方は忘れています。
「世界の中心で愛を叫んだけもの」
→「世界の中心で愛を叫ぶ」

まぁ冗談は置いといて。
「ニセモノ」ではなく「パロディー」ならたくさんありますけどね。
特に(かどうか知らないけど)清水義範さんとか。
Posted by 黄黒真直 at 2007年05月28日 21:11
すずめの巣さん。
「美空いばり」はヒドイですね(^^) いや、その下品なセンスがいいんでしょうけど。
武田泰淳、いまちょうど「目まいのする散歩」読んでいるところです。武田百合子が出てくる話はやっぱりおもしろい。「十三妹」も買うだけ買ってあるんですが、そうですか、ニセモノ的な楽しさですか。そう聞かされると、読みたくなります。

海月さん。
宮部みゆさ「模倣犯」は、ニセモノというより立派なパスティーシュですね。それはそれで、おもしろそうです。宮部みゆきファンが同人誌として書いてないかしら。

黄黒さん。
「セカチュー」のタイトルは、冗談ではなくパロディというよりニセモノくさい感じですね。商売としてはともかく倫理的にはちょっとどうかと思いますが、しかしこれのおかげで優れたモトネタ(というのも変だな。ハーラン・エリスンの作品)が少しでも話題になったのは結果的にはよかったことだし、微妙なところ。
Posted by 清太郎 at 2007年05月29日 15:00
ごぶさたしてます。お元気そうでなにより。
中国の偽鼠王国にも笑いましたが、最近ドラえもんの勝手に作っちゃった最終話で清太郎さんを思い出しました。

作者、清太郎さんじゃ、ないでしょうね(笑)
Posted by marco at 2007年05月31日 16:34
「オトンとボクと、時々、オカン」、わたしはふつうに間違ってます(笑)
時には「オトンとオカンと、時々、ボク」とか間違えてしまいます。

高校の頃、友達が持っていた携帯ストラップが「どこでもいっしょ」のトログッズかと思いきや、「とこでもいっしょ」になっていて、「床でもいっしょ・・・なんか、エロいね・・・」としょんぼりした記憶があります。
Posted by あさひ at 2007年06月01日 01:36
marcoさん。こんにちは。ご無沙汰です。いや、あんまりお元気ではなく疲弊気味ですが、お元気?
「ドラえもんの最終話」は、あれはかなり儲けちゃったからああなってしまいましたが、無料で公開してるだけならおそらく一種の美談になったような気もします。新聞やテレビのニュースだと、すごく悪いことをしてる人のような扱いなんだけど、なんだかねえ。

あさひさん。
「とこでもいっしょ」。いいですねえ。そういうの好きです。そそられます。ニセモノの作り手のセンスが光った一品、という感じです。「しょんぼり」というのもいい!
Posted by 清太郎 at 2007年06月06日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。