2007年03月30日

【時事ネタ】哀れ、本好きの末路

3/27のニュースなんですが、こんな記事を見つけました。
武侠小説にはまった調理師 本500冊盗む(北京市)

「武侠小説にはまって20年以上」という陳輝さん(36才)は、「1998年に恋愛結婚した妻とも武侠小説がもとで喧嘩が絶えず、ついに長年集めた数千冊の武侠小説を売った。しかしすぐに後悔し、隠れて書店へ通っては読み続けた。2000年、性格の不一致が理由で妻と離婚」したのだそう。
独り身になった陳輝さんは、その後、調理人としてホテルに勤めるかたわら、「時には昼食も食べずに丸一日書店で本を読んだ」りした後、本泥棒をはたらくようになっちゃうわけで、まあ泥棒はダメですが、この記事読んでると、何だか武侠小説ファンが変態であるかのような扱いです。
「逮捕後も陳輝の武侠小説癖は変わらず、『一日でも小説を読まないとつらい。あの盗んだ本はまだ読んでいない。』と述べた。」と締めくくられてますが、本好きなら誰だって、こう言うよね。何というか、身につまされます。

この奥さんも、武侠小説くらい、大目に見てあげられなかったのか。恋愛結婚というんだから、結婚前から陳輝さんの武侠小説好きぶりはわかっていただろうに。これがたとえばどうしようもないほどのポルノ小説マニアとかいうのなら、まあ離婚もやむをえないかもしれないけど(っていうか、そもそも結婚してないだろうが)、武侠小説なんて、健全ではないか、と思うのですが。
あるいは、武侠小説好きが高じて、
「トリャー、妻よ、わが八卦神掌拳を受けてみよ! ハッ!」
ということであればしょうがないけど、あんまりそういう感じでもなさそうだし。

ということで、要するに、「結婚したら、趣味はほどほどに。奥さんにサービスしましょう」というのが、この記事の教訓なんでしょう。
ちなみに、お隣の日本では、その少し前に、こんなことがありました。小学校6年間の間で3711冊の本を読んだ女の子が表彰されたそうです。


posted by 清太郎 at 14:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、いつも楽しく読ませてもらってます。
武侠小説好きなので、この調理師さんの断腸の思いは我が身のごとく・・!

武侠小説は日本で例えるなら、ライトノベルズなので
分かりやすくいえば「電撃文庫」とか「コバルト文庫」などを
愛してやまない調理師さんと想像していただくと(笑)
Posted by かりん at 2007年03月31日 22:26
かりんさん、はじめまして。
私も金庸大好きなので、同じ読者として、なんだか同情を禁じえません。奥さんもせめて金庸の全作品くらい読んでれば、夫と「性格の不一致」になることはなかったんじゃないかなあ、とも思ったり。
この事件について、金庸御大のコメントなどがあればいいのに。
Posted by 清太郎 at 2007年04月01日 12:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。