2007年02月26日

中原中也生誕百年記念グッズ

そんなことが始まったのも終わったのも知らなかったのですが、去る2月22日、「中原中也生誕百年記念グッズデザインアイデアコンペ」の結果が発表されたそうです。
最優秀賞を勝ち取ったのは、中也の詩のフレーズがそれぞれ書き込まれた付箋のセット「ダダブック」。商品化もされるそうで、なかなかステキグッズです。

いやあ、残念、このコンペがあること、事前に知っていればなあ。私も応募したのに。「Tシャツ部門」「ハンカチ部門」「ストラップ部門」「自由部門」とある中で、えーと、自由部門、いやTシャツ部門がいいかなあ、ズバリ、
「狐の皮裘Tシャツ」
というのはどうでしょう。薄汚れた狐の毛皮(できれば、野ッ原などでのたれ死んでいた野狐の毛皮)を縫い合わせた天然毛皮Tシャツ。
これを着て、小雪が降りかかり風が吹きすぎる、なすところもない日暮れに、ちぢこまって歩けば、もう身も心も「汚れちまった悲しみに」ひたれる! 今日からキミも中原中也だ! という感じでなかなかいいかと思ったのだけど、しかしよく考えてみれば、こんなの誰でも思いつきそうだし、当然コンペには同趣のアイデアが応募されたんでしょうね。っていうか、すでに売ってるかも。
ほかに、“ベルの代わりに「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」というフレーズを繰り返す目覚まし時計”
なんていうのも、いかにもありそうでした。


posted by 清太郎 at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次から次へと、こういうことを考える清太郎さんに、全日本月給取り連合より「でてくるわ、でてくるわ賞」をさし上げたいと思います。
Posted by すずめの巣 at 2007年02月26日 23:15
ははは。ありがとうございます。
でも、それって、「そんなことしてるヒマがあるんだったらもっと働けもっと働け賞」の裏返しなのでは?
Posted by 清太郎 at 2007年02月27日 13:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。