2006年08月18日

読書週間の標語

まだ夏の真っ盛りのこの時期ですが、秋の読書週間の標語が決まったそうですね。今年は、
「しおりいらずの一気読み」
だそうです。
ここ数年の「本を読んでる君が好き(2005)」「落ち葉をしおりに、読書の秋(2004)」のようなバブルなコピー的な標語に比べると、やや実のある感じがしますが(標語の変遷については2005.8.17の日記をご覧ください。あ、去年もこの時期に同じネタで書いたのか)、でもこれって、
「一気読みできる本=おもしろい本」
という薄っぺらな構図がまるわかりで、あまり気持ちのいいものではないですよね。秋の夜長に読むのだったら、福井晴敏を徹夜で一気に、などではなくて、小沼丹をちびちびと‥‥、のほうがよほど似付かわしい。

そもそも、この読書週間、標語を見ている限りでは学生や若い人向けのもののようだけれど、少子高齢化時代の今、いつまでそんなことをやってるのか。さいきんチョイ悪とかいってオヤジがもてはやされたりしてるんだから、ときにはそっち方面にアピールするような読書週間があってもいい気がする。
「男は黙って、吉田健一」
とか何とか、そういう感じで。
少なくとも、司馬遼太郎と池波正太郎さえ読んでればカッコイイと思ってるような風潮は、正すべきなんじゃないか、と思うんですが、どうなんでしょ。
posted by 清太郎 at 12:07| Comment(4) | TrackBack(1) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども、初めまして。
このサイトを見始めたのは、まだ高校入学したばかりなのに、いつの間にやらもう大学? え、どうなの? みたいな人間です。
時が過ぎるの、早いですね。
読書週間って宣伝の期間は長いけれど、週間自体はメジャーじゃないんでいつも終わってから「先週は読書週間だったのか」と気づかされ、「そういや読んでないグインサーガがあと80冊ほどあるな」なんて思い返して鬱に陥ったり。
Posted by ハマヤ at 2006年08月18日 12:24
こんにちは。
いつも読み逃げしているのですが、勇気を出してコメントいたします。

「しおりいらずの一気読み」

せっかく涼しくなってきての読書なんだから、ゆっくりじっくり読みたいですね。
ビールをゴクゴク飲むよりは、日本酒を味わいながら飲むようなイメージでしょうか。

でも、ゆっくり読むのは布団に入ってからなので、同じ行を何度も読んだ挙句、本を手に持ったまま朝までぐっすり…なんてことも。
うーん。これじゃいけませんね。
Posted by あむろ at 2006年08月18日 14:20
清太郎さん、こちらでははじめまして。エントリにヨシケンが出てきてムフフな感じです。
そう言えば、一気読みできる本は、それだけ得るものがない本だ、といったようなことを保坂和志が『小説の自由』で書いてましたっけ。
《LEON》の編集長は退社したそうですが、チョイ悪オヤジにはなにがいいですかね? それこそマンゾーニとかダンヌンツィオとか読んでてほしいな。
Posted by chinobox at 2006年08月18日 22:17
ハマヤさん。
もう3年以上も愛読していただいてるのね。おそらく見始めたころと、あんまり変わってないだろうと思うので、そのあたりが申し訳ないのですが。
読書週間は、たしかに、地味。1週間というのが中途半端なのかなあ。いっそ「読書の日」1日に限定すれば、凝縮してインパクトが出そうです。
グインといえば、ああ、新刊が出ていたのだった。読まねば。

あむろさん。
遠慮なく、気軽にコメントつけてくださいな。大歓迎です。
そうそう、秋の読書なんですからね、やっぱり一気というより、ゆっくりじっくり読めるもののほうがいいなあ。
ふとんの中で、ゆっくりゆっくり、「あれ、これって昨日読んだっけ」などと思いつつ、半分寝ながら読むのも、それはそれでひとつの楽しみ方なんじゃないかと思いますよ。

chinoboxさん。
吉田健一、さり気なくアピールしてみました。ふふふ。
チョイ悪オヤジをめざすオヤジは、雑誌ばかり読んでいないで、とりあえず吉田健一くらい読んでもらいたいものです。ジローラモとは方向性は違うけど、それなりにチョイ悪オヤジ(というくくりは、いかがなものか、とも思うけど)だし。
マンゾーニやダヌンツィオというのは‥‥、「イタリアオヤジ」にはなれそうですが、なんだかある意味、正しいオヤジになりそう。イタリアならむしろカルヴィーノの方が‥‥、いや、でも無理があるかな。(深夜のバーで、隣の若い女の子に話す内容が「いいなづけ」でも「木のぼり男爵」でも、なんだか違う気がする。)
ところで『小説の自由』にそんなこと書いてあったのですか。読んだはずなのに、かなりぼんやり‥‥。(フェルマーの定理の証明を説明してくれてるのが、なんだかとてもわかりやすくて、著者のちょっと子どもっぽいくらいの「へーそうなのか」感が伝わってきて、ほほえましかったのがいちばん印象的。)
Posted by 清太郎 at 2006年08月19日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22494786

この記事へのトラックバック

読書の秋特集!社長が薦めるこの1冊
Excerpt: 本日「読書の秋特集!社長が薦めるこの1冊」を公開しました。 社長TVにご出演いた...
Weblog: 社長TVブログ
Tracked: 2006-10-20 13:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。