2004年09月15日

最凶の新球団「キラーズ」登場

プロ野球、先週末のストこそ回避されたものの、今週末はまだ予断を許さない状況です。「1年間、巨人を仲間はずれに」というのも、せっかくいい案なのに、賛同してくれる人がいなくて、がっかりです。
そこで、次なる名案です。ストをするのは選手の皆さんにとっても本意ではないはず。密室での会議は、見ているファンにとってもつまらないものです。選手も納得できて、ファンも喜ぶ解決策として、ずばり、
「野球で勝負をする」
というのはどうでしょうか。
来季、近鉄とオリックスの合併は、しかたがないとあきらめましょう。しかし、それで11球団にするのではなく、2リーグ制を維持したまま、パ・リーグの方に、オーナーの皆さんを代表するチームをひとつ加えるのです。
仮に、このチームを「キラーズ」とでも呼びましょうか。このキラーズが優勝したら、選手はオーナーの言うことを聞かなくちゃならない。逆に優勝したのが他のチームであれば、オーナーは選手の言い分を聞き入れる、ということにするのです。セ・リーグのチームもオーナー側と交渉する権利があるでしょうから、セ・パ交流試合を半分くらいもうけて、どのチームにも等しくキラーズへの挑戦権を与えるようにします。
選手の皆さんは、ストや話し合いといった慣れない方法ではなく、自らが最も得意とする野球で、自分たちの力で勝利を勝ち取ればいいのです。負けたら、それだけの実力しかなかったということ。文句は言いっこなしです。もちろん、ファンも大喜びです。
で、そのキラーズの選手をどこから集めてくればいいのか、ということになるのですが、オーナー側が金にものをいわせて引き抜いた選手のほか、たとえば元巨人の杉山みたいな暴力沙汰を起こして追放された元選手やら、喫煙とかで退部させられた元高校球児やら、天才的な野球センスを持っている凶悪な殺人犯やら、そういう人たちをどんどん登録するといいでしょう。で、社会的に問題があるといけないから、素性は一切公表せず、
「全員、覆面」
ということにします。名実ともに、最凶、最悪の悪役チームの誕生です。キラーズとの対戦は、巨人戦以上に盛り上がることは必定。選手も観客も大興奮です。このキラーズに案外人気が出ちゃったりして、翌年からもキラーズを含めた12球団が定着することになるかもしれないわけで、なかなか将来性豊かな、すばらしい案だと思うのですが、どうでしょうか。
posted by 清太郎 at 00:00| スポーツネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。