2004年10月12日

パ・リーグ、最下位決定プレイオフを

プロ野球パ・リーグ、プレイオフの結果、西武が優勝しました。個人的にはダイエーが優勝してくれたほうが、近所のダイエーで優勝記念セールが実施されただろうから、残念な結果です。
レギュラーシーズンで2位だった西武が優勝したおかげで、せっかく1位になっていたダイエーのファンは納得できないでしょうが、おそらく順当にダイエーが優勝しても、「これじゃつまんない」という不平が出たでしょうから、しょうがないでしょう。盛り上がりだけを考えれば、日本ハムがいきなり西武もダイエーも破って優勝しちゃうのがいちばんだったのでしょうし。
来年はまたちょっとルール変えようか、という動きもあるようですが、基本的には、まあ成功したと思います。少しは野球に興味のある人はみんな、今年のパ・リーグの順位は、優勝が西武で2位がダイエーで3位が日本ハムと知っているわけで、これまでは、かろうじてどこが優勝したかを知っていても、2位、ましてや3位のチームがどこかなんて、そのチームのファン以外は誰も知らなかったことを考えると、パ・リーグ全体としては大躍進のような気がします。一方のセ・リーグは、中日が優勝を決めた後は、誰も見ていないわけですし。
ということで、1〜3位の順位を決めるプレイオフがこんなに盛り上がったんだから、来年は4〜6位を決めるプレイオフも実施するといいと思います。最下位チームは罰ゲームなのね。全員丸刈りとか、翌シーズンはヘルメットの代わりに禿げカツラをかぶるとか、あるいは翌シーズンは1年間ふんどし姿でプレイしないといけないとか。
ふんどし姿の選手を見れば誰でも、「ああこのチームは昨年最下位だったんだな」ということがわかって、いいんじゃないでしょうか。選手も「くそう」と雪辱に燃えます。最下位脱出のために、1年だけ、「角界から助っ人」というのが実現して力士が野球選手になった場合にも、同じふんどし姿なので違和感がありません。
で、その最下位チームが奮起していきなり優勝しちゃったら、「革命」ということになって、全部が逆になって、2位が5位になり3位が4位になれば‥‥。いや、でも、だからといって、おもしろいわけではありませんでしたね。
posted by 清太郎 at 00:00| スポーツネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。