2006年03月30日

「桜の森の満開の下」朗読会開催のお知らせ

お花見の季節になりました。
満開の桜を眺めながらのドンチャン騒ぎもいいものですが、たまにはしっとりと、桜の下でブンガクにひたってみませんか。このたび、桜の下の朗読会を企画いたしました。お題はもちろん、坂口安吾「桜の森の満開の下」。夜の闇に包まれて、白い花びらが舞い落ちる中、妖しい世界に酔いしれてください。

「桜の森の満開の下」朗読会

【日時】 4月1日(土) 18:00集合 18:30開演

【場所】 谷中墓地(JR山手線「日暮里」駅からすぐ)

【集合】 JR「日暮里」駅南口改札前

【朗読者】 大畑ミミ緒(劇団 白痴舎)

【会費】 1,000円(当日、現地でお支払いください)

【定員】 20名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)
      ※中学生以下の方は保護者同伴でお願いします。

朗読は2時間ほどで終了すると思いますが、その後は夜桜の下、ささやかな宴を催そうかと思います。とくに飲み物などはご用意いたしませんので、各自、お酒なりおつまみなりお弁当なり、ご持参ください。朗読していただく女優のミミ緒さんを背負って歩き、「桜の森の満開の下ごっこ」などをするのも一興です。
閉演時間は決めておりません。そのまま墓地で一夜を明かすのもいいでしょう。暖かい格好でご来場ください。

また谷中墓地は、獅子文六や上田敏、佐々木信綱、広津和朗といった文人の墓所でもあります。集合前、少し早めにご来場いただいての文学散歩もおすすめです。
 
 
↑念のため言っておきますが、ウソです。でも、いかにもありそうでしょう、こんな花見&朗読会。
posted by 清太郎 at 00:00| 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。