2011年01月10日

今年の恋愛運を本にたとえると‥‥

えー、新年明けましてからすでに10日が経っておりますが、皆様、お元気でしょうか。
何事もなかったかのように2010年は過ぎ去り、ということはつまり国民読書年なんてものがあったんだかなかったんだかもうよくわからないことになっており、電子書籍元年だった昨年に続き、今年は、
「電子書籍暦2年」
ということになります。書籍の電子化はますます加速しつつ進行する、ということです。

書籍の電子化、ということについて、おおかたの人は、間違った認識をもっています。
「電子化って、つまり、紙じゃなくて、携帯端末とかで本を読むことになるってことでしょ」
と、思っているあなた、それは、間違いです。
少なくとも、電子化という事象のごく一部を見ているにすぎません。実際の電子化とは、書籍を何で読むかなどといったメディアの枠内におさまるものではありません。
電子化とは、書籍が紙の本から解放されることであり、電子の海に流れる無限の情報の中へと拡散することであり、その無限の情報との相互作用を可能にすることなのです。
もはや本とは、ただ読むだけのものではない。情報の流れの中で、ほかのさまざまな物事と結びつくようになったのです。

‥‥などといっても、なんか難しくてよくわからん、という人がいるかもしれないので、具体的な例を示すと、たとえば、
「占い」
なんてどうでしょうか。
古来、占いといえば占星術とか手相とか亀甲とかタロットとか水晶とか花びらとか名前の画数とか動物とかが一般的でしたが、これからは、
「本占い」
なんてものが可能となります。なにしろ、本は電子化によって、世界中の情報とつながってるわけですからね。無限ともいえるその情報を通じて、あなたの運勢を占うことなんて、簡単至極、お手の物。伝統以外にろくな根拠がない(あるいは伝統すらない)そんじょそこらの占いよりも、よほど信頼できるはずです。

ということで、ためしにつくってみました。
「本で占う今年の恋愛運@twitter」
今年のあなたの恋愛運を、本にたとえると‥‥。
(別にtwitterをやってなくても占えます。)

ちなみに私の恋愛運を本にたとえると、
「坂の上の雲(司馬遼太郎) ロシア人とのおつきあいはおすすめしません。幼馴染が吉。」
だそうです。

posted by 清太郎 at 21:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
 去年は、ほんとにどこがどう「読書年」だったのかわからないままに終わっちゃいましたね。テレビでもニュースでも一度としてそういう年であったというニュースや、宣伝やらイベントを見た覚えがないですねぇ。。。
 ところで。
 その本占い。早速やってみましたらこうでした。
「姑獲鳥の夏(京極夏彦) 見えているはずのものが、見えていないだけです。出会いは、すぐ目の前にあります。ラッキースポットは古本屋」だそうです。
 女の子は古本屋で探すべしだそうです。。まぁ、、確かに本屋なら、趣味があう女の子が見つかりそうな気はしますが^^

本年もよろしくお願い致します。
 
Posted by 樽井 at 2011年01月10日 22:01
ということは、今年は「国民読書暦2年」というわけですね(違う?
恋愛運は、
雪国(川端康成) 馴染みの相手とは切れそうで切れません。ラッキースポットはトンネル。
でした。トンネルと言われても。

ちなみに「黄黒真直」だと、
伊豆の踊子(川端康成) オトナだと思っていたら、案外子どもでした。まずは年齢を確認しましょう。
でした。これは、アレですか。オトナだと思ってヤッたら実は未成年だった、みたいな?(ぉ
Posted by 黄黒真直 at 2011年01月14日 13:25
今年もいきなりレスが遅くて申し訳ありませんが、よろしくお願いします‥‥。

樽井さん。
けっきょく国民読書年の総括とか反省とかそういうことがあったのかなかったのかもわからぬまま、なし崩し的に今年になっちゃってますね。なんというか、もったいない‥‥。
ラッキースポットが古本屋というのは、なかなかいいではないですか!^^

黄黒さん。
では今年はトンネルでドッキリの出会いがあるかも!^^
あ、でも、トンネルの中は暗いからね! ちゃんと相手の年齢を確認してね!^^
Posted by 清太郎 at 2011年01月16日 21:27
国民読書年2年あけましておめでとうございます。
新年のおみくじ一発目は
komugiの今年の恋愛運を本にたとえると、人間椅子(江戸川乱歩) 家具を新調すれば、新しい出会いが待ってるかも!
でした。
人間椅子的な恋愛・・・なんだか刺激的な一年が楽しめそうです。
Posted by komug at 2011年01月23日 23:06
職場でついつい気になって
立てば芍薬で検索したところ、本読みHPのコラムに行き着きました。
時間に余裕もあったので読んでみたら、思っていた以上に面白い!
こんなページがありそれに行き当たることができたのが今月一番のうれしい出来事ですw
それでは、失礼いたします。
Posted by タチネコ at 2011年01月29日 01:06
すっかり放置していてゴメンナサイ。

komugiさん。
人間椅子的な恋愛‥‥。
たぶん相手は、後ろからゆったりと包み込んでくれるような、包容力のあるやさしい人だと思います!(^^)

タチネコさん。
お褒めいただき、ありがとうございます。
でも職場で読むことは、あまりおすすめしませんが‥‥(^^;
Posted by 清太郎 at 2011年02月12日 20:33
はじめまして。
私も偶然下の人と同じく、芍薬の検索でたどりつきました。
ぷぷぷ、です。知的なユーモアって感じで、いかにも本好きな方の文章というか。
とにかく好きになりましたー。

ちなみに今年の恋愛運は「羅生門(芥川龍之介) 年の差恋愛は凶。追い剥ぎに注意しましょう。」…ぎゃー。年の差不倫真っ最中ですよ?!!なにこれ、当たるんですか??こわっ

これからも更新、楽しみに待っております。
Posted by なおみちゃん at 2011年05月20日 15:27
なおみちゃん。
遅レスでごめんなさい。
楽しんでいただけて何よりです。更新遅いけどね。。。
今年も半ばに近くなってきましたが、羅生門な恋愛なんでしょうか。ていうか、年の差不倫なんて、大丈夫!?
Posted by 清太郎 at 2011年06月12日 14:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180021252

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。