2010年08月28日

オタク俳句(二次元俳句)のすすめ

オタク川柳っていうのがありますよね。
「この知識 オタクに普通 世に不通」
「俺の嫁 ワゴンセールで 売られてた」
とかいうの。「オタク川柳大賞」は、マスコミでもとりあげられるほど話題になりました。
で、川柳があるのなら、
「オタク俳句」
があってもいいのではないか、と思うのです。
というと、
「え、オタク川柳って、俳句じゃないの?」
などという人がいるかもしれないけど、もちろん、俳句は川柳じゃありませんよ。
同じ五七五の17文字の文芸だけど、川柳には季語はなくて風刺や笑いがあって、俳句には風刺や笑いは必要ないけど、季語と、あと何かよくわかんないけどプラスアルファが必要です。
ともあれ、こういうときは、とりあえずGoogle先生に訊いてみましょう、と検索してみたんですが、オタク俳句といいつつオタク川柳だったり、あるいは単に五七五にまとめただけだったり‥‥。
俳句やってる層とオタク層が重ならないのか、あるいはオタク俳句をつくってる人がいてもネットに公表しないのか、とにかく、オタク俳句といえるようなものは、なかなか見当たりません。

ということで、みんながつくらないなら、私がやってみましょう、と始めてみることにしました。
ただし、オタクなことを俳句にする、というだけでは、
「季語の入ったオタク川柳」
のようなもの、というかオタク川柳の劣化版になりそうなので、オタク川柳とはまったく別次元のものにすることにしました。
文字通りの「別次元」のものに。
どういうことかというと、オタク川柳は原則としてオタクの生態や行動を(自嘲的に)描くものですから、つまりは三次元です。
それに対して、オタク俳句は、二次元にしてみます。
すなわち、この現実の世界に生きているオタクを俳句にするのではなく、アニメやマンガなどの作品の中を俳句にする。
ふつうの俳句が、現実の世界の風景や事物、人情や想像を題材にしているとしたら、オタク俳句はアニメやマンガなどの作品の中の風景や事物、人情や想像を題材にするのです。

などといってもよくわかんないかもしれないので、実際に例を挙げますね。
たとえば、「新世紀エヴァンゲリオン」の作品世界を題材に、

 髪洗ひ使徒襲来の夜明けかな

季語は「髪洗う」。エヴァにおいては日本は温暖化でずっと夏という設定ですから、夏の季語です。
あるいは、「機動戦士ガンダム」の最終話、シャアがキシリア閣下にバズーカを向けながらつぶやいた名台詞「ガルマ、私の手向けだ。姉上と仲良く暮らすがいい」を題材に、

 姉上と仲よく暮らせ冬薔薇(ふゆそうび)

薔薇は俳句ではよく「そうび」と読まれるようです。冬薔薇とこの台詞には何の関連もないし、そもそも舞台は宇宙だから四季もないんだけど、華やかなガルマとクールなキシリアの組み合わせに冬薔薇のイメージは合うかなあ、という選択。
アニメじゃなくても、「ジョジョの奇妙な冒険」第4部の舞台、杜王町を使って、

 三日目のカレー杜王町暑し

アニメやマンガ以外でも、たとえばRPG「ドラゴンクエスト」で、

 ルイーダの酒場勇者と冷ややっこ

これはちょっと滑稽味を狙いすぎてスベってるかな‥‥。
ともあれ、だいたいの感じはおわかりでしょうか。
考えてみれば、アニメやマンガは日本の誇るポップカルチャーの筆頭ですし、かたや俳句は江戸時代から続く伝統的な日本文化の代表でもあります。
その両者が合体した二次元俳句って、伝統とモダンをアウフヘーベンしたというか、ハイブリッドな最前線の日本カルチャー!? という気がしないでもなくて、おお、なんだかスゴイかも。

‥‥とはいえ、俳句ってやっぱり難しいんですよね。入門書とかにはよく「俳句は誰にでもつくれる! 紙と鉛筆さえあればいい!」なんて書いてあるけど、ウソだと思います。
こんなこと言ってる私自身、今月になるまで、俳句つくれなかったんだし。
興味はあっても、実際にどうすれば俳句をつくれるのか、ずーっとわからないままでした。
三田完の句会小説『俳風三麗花』なんかを読んでも、俳句おもしろそうだなあ、いいなあ、と憧れるだけ。
それが今月、岸本葉子『俳句、はじめました』(角川学芸出版)を読んだら、句会のようすがすごくおもしろそうで俳句をつくりたくなり、しかもこの本、俳句シロウトの岸本葉子が句会に参加することでだんだん上手になっていくエッセイなだけあって、まったくのシロウトが読んでも俳句のコツもなんとなくわかる(たとえば、語と語がつきすぎないように、理屈すぎないように)ので、それでようやく一歩を踏み出せた次第。
で、Twitterでツイートしたところ、俳人でもある千野帽子さんより幸いにもコメントいただき、
「一片の悔いなき生に揚雲雀」(「北斗の拳」ラオウの最期の台詞「わが生涯に一片の悔いなし!」より)⇒全国の老人会で毎週つくられてる感じだからダメ
「人類の補完すんだか水海月」⇒人類補完と海月が近いから「人類の補完すんだか西瓜番」
「独逸から来た転校生夏木立」⇒三文字熟語の連続が気になるなら「轉校生獨逸から來て夏木立」
などなど。わー、なるほど、勉強になります! 俳句おもしろい!

と、そんな俳句始めて10日の超初心者として思うんだけど、「季語の入った五七五」を俳句にするためのプラスアルファのひとつは、なんというか、その17文字の中にひとつの世界が立ち現れていることなんじゃないかしら。
だとすると、アニメやマンガなどの既存の作品を題材にするってことは、一から世界を組み上げなくても、その作品の世界をお手軽に借りられるってことだから、つまり初心者にも俳句らしい俳句がつくりやすいんじゃないかしら、と思うのです。
二次元俳句は、俳句初心者にこそ、おすすめなのかも、なのです。
ですから、俳句つくったことない、という皆さんも一度、挑戦してみてはどうでしょう。
とりあえず、作品の中の台詞や舞台、事物を五七五のうちの五七か七五に当てはめて、残った五文字に季語を入れることからはじめると、つくりやすいです(たぶん)。
題材とする作品は、アニメやマンガのほか、ゲームでもTVドラマでも映画でも小説でもいいでしょう。
つくったらTwitterで、#otahaikuのハッシュタグをつけてツイートしましょう。

さあ、二次元俳句という現代日本文化の最前線を、あなたも体験してみませんか。


posted by 清太郎 at 22:05| Comment(19) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偉そうに添削なんかしちゃってごめんなさい。千野帽子です。

>既存の作品を題材にするってことは、
>一から世界を組み上げなくても、その作品の世界をお手軽に借りられる
>ってことだから、つまり初心者にも俳句らしい俳句がつくりやすい

これ大事ですね。
季語には歳月を経た一定のニュアンスがすでについている。アニメや漫画のネタも、その意味づけの主導権は作品が握っている。
オタク俳句(私もちょっとだけ作ったことがある)の作者は、作品の内容は作らない。やるのは、アニメや漫画のネタを選んで、季語を選んで、コーディネートすること。ミュージシャンではなくDJですね。
Posted by chinobox at 2010年08月28日 22:36
言い忘れた。
オタク俳句だけじゃなく、じつは俳句ってもの自体、内容は作らずコーディネート100%だと思うのです。と書きたかった。
Posted by chinobox at 2010年08月28日 22:37
chinoboxさん。
いつもド素人にお付き合いいただき、ホント恐縮です。

>季語を選んで、コーディネートすること。
>じつは俳句ってもの自体、内容は作らずコーディネート100%
そうですよね! コーディネート!
これまでずっと、俳句って17字の世界を一からつくりあげなくちゃなんないのだ、と思っていて、その創造性に対してビビってたんだけど、『俳句、はじめました』を読んだら、組み合わせでいい、ということがわかって、それで自分でもできるような気になりました。もちろん、その組み合わせのセンスこそが決定的に問われるんでしょうけど‥‥。
季語の意味もそういうところにあるんだ、ということもわかって、いやはや、俳句のこと、ぜんぜん知らなかったんだなあ、と最近あらためて思っています。
Posted by 清太郎 at 2010年08月29日 08:54
清太郎さんをここまで俳句に接近させた岸本葉子さんの本に、猛烈に興味湧いてきました。読んでみます。
Posted by chinobox at 2010年08月29日 09:20
またなんか下らない事を…w
とか思いながら読んでたら、物凄く真面目な話に発展してビックリ。
俳句ってコーディネートだったんですね。初めて知りました。
今まで俳句って、どうも意味がわからないな〜と思ってたのですが(と言っても、国語の授業で読んだくらいですが)、それは組み合わせの元ネタを知らなかったからかも知れませんね。
あと、季語の知識がまるでなかったことですかね。

で、作ってみようと思って歳時記(ネットの)を眺めてるうちに考えついたのが2つ。

『デスノート』から
林檎食う死神連れて神になる

『不思議の国のアリス』から
枝の上顔だけ浮かぶ浮かれ猫

「林檎」が秋の季語。
そして「浮かれ猫」とは発情した猫のことで、春の季語だそうな。
アリス、貞操の危機(?)。

しかし、これってセンス良いんでしょうか。
Posted by 黄黒真直 at 2010年08月29日 14:26
chinoboxさん。
俳句ってひとりでひっそりつくるよりも、句会とかでわいわいやったほうがおもしろいんですね。そんな句会の世界にシロウトが飛び込んだ! 読みながら読者も一緒に成長!的なところが、シロウトにはとても分かりやすかったです。

黄黒さん。
そうなのです。思いつきは不真面目ですが、意外に本気。
元ネタ、というか、その季語なり言葉なりがもつバックグラウンドが見えないところにあって、その氷山の一角が17文字、みたいな感じかしら。
早速実作、いいですね。
始めて10日の超シロウトの意見ですが、作品そのまんまではなく、もう少しずらしたほうが俳句っぽいですよ。
「林檎食う・死神・連れて・神になる」がぜんぶデスノートなので、どこかをデスノートと直接は関係ないように見える語にするとか。
アリスのほうも、チェシャ猫というその存在に、「枝の上顔だけ浮かぶ」というイメージが含まれているから、あえてそれを文字にしちゃうのは、17字しかないんだからもったいない、と思います。
しかしアリスはけっこうネタが詰まってそうですねー。おもしろそう。
Posted by 清太郎 at 2010年08月29日 15:13
私はほぼ同じ過程で短歌始めましたw
というわけで自分の短歌はジュネ系で妄想でもえー。って、自分で勝手にやってます。
句会とか歌合せが面白いですよねー。
私が歌合せの面白さを知ったのは『短歌パラダイス』なのでした。
俳句は短い分難しそうーーで敷居が高いのです。。。

うーんとうーーーん。。

 綾波の白ゆらぎゆく蝉時雨

 炎天をさえぎる使途の影黒し

エヴァですが。難しい。短っ、って思います。。。

 
 
 
Posted by シキ at 2010年08月30日 18:21
私も遊びに混ぜてもらおうと思って、ひねり出したんですが・・・。

午睡して物語開く岸辺かな

「不思議の国のアリス」の冒頭です。午睡は、夏の季語らしいんですが、アリスの冒頭も初夏だったんじゃないかな・・・。
(うろ覚えで作っています) 
Posted by すずめの巣 at 2010年08月30日 19:37
清太郎さん>
まさか丁寧な添削が付くとは!
そうかー、少しずらした方がそれっぽいんですか。
でもあんまりずれすぎると、たぶん意味不明ですよね。
うーん、言葉のチョイスが難しい……。
Posted by 黄黒真直 at 2010年08月30日 23:56
シキさん。
おお、短歌のきっかけ、そうだったんですね。なんと素敵にヨコシマな‥‥(^^;
俳句、いい! なんだか絵画的、というか短歌詠む人の俳句な感じがします(先入観なのかな)。
でもたしかに、17文字と31文字では、ぜんぜん違うなー、と思います。散文に比べれば、17も31も大した違いじゃないのにねえ。フシギだ。

すずめの巣さん。
どんどん遊びにまざってください。落語俳句なんてのもいいんじゃないでしょうか。
夏か初夏かはわかんないけど、なんとなく雰囲気が出てれば、詠んだもの勝ちだと思います。

黄黒さん。
いえいえ、しょせん私はドシロウトなので、参考になるようなことはいえないのですが‥‥。
とにかく、そのずらし加減、つきすぎず遠すぎずの言葉を探すのが楽しいなあ、と思っているところです。
Posted by 清太郎 at 2010年08月31日 00:44
これおもしろいですね!

ヲタ和歌

ヲタ連歌 とかに発展しないかしらw
Posted by だっぱら at 2010年09月01日 09:34
だっぱらさん。
ぜひtwitterでオタ俳句を!
Posted by 清太郎 at 2010年09月02日 23:49
 こんばんは。
 樽井です。
 最近はロムばかりで失礼しておりますが、これは面白い試みでございますね。みんなすでに一句捻ったりされておりますし。1度機会があれば自分もひねってみようかと思います。
 
Posted by 樽井 at 2010年09月05日 23:43
樽井さん。
こちらこそロムばかりですみませんが‥‥(^^;
オタ俳句楽しいですよー。俳句の深さもなんとなくわかってきました。樽井さんもぜひどうぞ(^^)
Posted by 清太郎 at 2010年09月07日 07:43
記事を見てから約2週間考えに考えて浮かんだ3首

■ 乙女らの 戦見守る フルムーン
(セーラームーンより)

■ 海と空 つなげるロマン 金の鐘
(ワンピースより)

■どこまでも 行こう二人で 伊勢参り
(真夜中の弥次さん喜多さんより)

・・・だんだんマニアックになってきました。17字って本当に短いですね。
コーディネートの楽しさまでたどり着くのはいつの日か・・
Posted by コムギ at 2010年09月15日 23:34
コムギさん。
オタ俳句、どんどんつくりましょう!
後と語の間は1マス空けないほうがいいですよ。
それと、五七五でひとつの文章をつくるよりも、五七/五、あるいは五/七五で分けると俳句らしい句ができやすいです。
私もとりあえず一日一句、練習しているところです。
Posted by 清太郎 at 2010年09月16日 23:22
出会い求めてる人来てね
絶対損はさせないからねスパーク2(キラリマーク)
Posted by にぃ at 2010年12月11日 00:24
先日、当方のブログのアクセス解析でこちらの存在を知りました。俳句で二次元を語るという活動が定着したら面白いですね。
私も勝手に「オタ俳句」なる造語を使って俳句を作っていましたが、どちらかというとオタクの事を俳句にしていましたので、こちらの定義とは異なっていました。二次元俳句の方が面白そうなので、こちらの造語を変えさせていただきます。

ちなみに、こんなものを作っていました。
「能登麻美子だせやと凄む総会屋」
「黄泉路の予習か アニメの凪の時期」
Posted by 匿名希望の茅ヶ崎人 at 2011年01月17日 00:00
匿名希望の茅ヶ崎人さん
すっかり放置してしまっていて、ごめんなさい。
俳句、楽しいですよね!
そちらはオタ俳句、というかオタ川柳ですねー。例のオタク川柳大賞に応募してみては?(^^)
Posted by 清太郎 at 2011年02月12日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。