2010年07月31日

本好き女子がいっぱい! 「DKS48」結成!

そっち方面は詳しくないのでよくわかんないのですが、AKB48に続いて、さらに名古屋のSKE(栄)48、大阪のNMB(難波)48と、地元密着型のアイドルグループが誕生してるそうです。
この調子で行けば、そのうちNKS(中洲)48とかKWM(河原町)48とかATM(熱海)48とか、どんどん出てくることは間違いないわけで、よーし、われらが読書界も、ドサクサにまぎれて、同様のアイドルユニットを立ち上げてはどうか。
ジャジャーン、
「DKS48」
ディーケーエスフォーティーエイト。「DKS」は、「読書」です。

全国から集まった本好き、読書好きの女の子が、てんこ盛りの48人。
あの娘もこの娘も、みーんな、本が大好き。本の話をするのも好き。
しかも、アイドルなんだから、みーんな、カワイイ。みーんなかわいくて、本が好き。
という、ウブな本好き男子が卒倒するような夢の女子集団です。
そうして48人、ステージの上に勢ぞろいして、何をするかというと、歌って踊る‥‥かどうかはわかんないけど、せっかく読書なんだから、48人で、
「全員朗読」
とかするの。(そんなの聴いておもしろいのか、と思うかもしれないけど、いや、これを機に、朗読を聴いて楽しむ、という娯楽をつくりだせばいいのだ。攻めの姿勢が大切です。)
とにかく、本好きのカワイイ女子が48人もいるんだから、そのインパクトたるや、スゴイはずです。「読書家向けキャバクラ」の比ではありません。
しかも、48人、それぞれ個性もバッチリです。
たとえばチームDの白河まりあちゃんは、黒髪ロングの眼鏡っ娘で色白でおっぱいは小ぶりで日本の近代文学が大好きという絵に描いたような文学少女。チームKの高槻よしのちゃんはショートカットのボクっ娘で好きなジャンルはSF。チームSの佐々かなこちゃんはツインテールのロリ貧乳、でも硬派骨太なノンフィクション大好きで、ポケットにはいつもムーアヘッドで、そのギャップがたまりません。
自分の好きなジャンルを読んでるメンバーが好みの女子であれば、もう断然親近感が沸いてきて、本読みながら、
「この本、小清水ちゃんも読んでるんだろうなあ、ムフ、ムフムフムフ」
と読書のヨロコビがさらにアップ。
よしんば好みのタイプと本が食い違っていても、
「高瀬咲ちゃんは巨乳でボク好みなんだけど、でも得意ジャンルが建築と工学なんだよなあ、そんな本読んだことないよー、いや、でも、咲ちゃんのために、あえて建築本に挑戦してみる!」
と、DKS48のために、未知の領域に取り組むウブな読書家も大勢あらわれるでしょう。
そんな男子たちのために、DKS48のメンバーはそれぞれ、
「私に会いたかったら、最低限これだけの本は読んでね!48冊リスト」
などを公開してますから、ファンはこぞってそれを読む。
そうして、48人のブログはそれぞれ各ジャンルの読書コミュニティとなって、あるいはTwitterでも、
「このまえ出た『飢えたピラニアと泳いでみた』(青土社)って、超おもしろそうなんだけど、どう? 読んだ人、感想教えて!」
なんていう桜井みかげちゃん(理系・生物本担当)のツイートに、ファンはこぞって感想ツイート。中小出版社にも恩恵がもたらされることでしょう。
もちろん、メンバーを囲んでの読書会も頻繁に開催されます。(参加するためには、一定量以上の本を購入しないといけないけど。)
本屋さんのフェアにも呼ばれたりして、
「物理・数学本フェア開催! 日曜日にはDKS48の千葉さおりちゃんと二鳥真穂ちゃんも来るよ!」
ということになれば、彼女たちを目当てに慣れない物理・数学本を買って行列する男子も続出です。
読書週間には、角川書店あたりと組んで、
「秋の48冊!」
のフェアを開催。
もちろん、表紙はそれぞれDKS48のメンバーで、
「48冊コンプリートしたら、握手会にご招待」
ということになれば、みんな買います。ちゃんとコンプリートします。(CDやDVDなんかに比べれば、安いものです。)
DKS48のおかげで、本は売れ、読者(男子)は喜び、出版社は儲かり、本屋さんも嬉しい。おお、まさにDKS48は、不況下の出版界に光臨した救世の女神たちになるのです!

国民読書年とかいいながら、ろくな行事も行われてないし、国民読書年実行委員会なんかには予算がいっぱい余ってるだろうから(そんなものがあるとして)、DKS48のプロモーションに必要な費用は、とりあえずそこから支出してもらいましょう。
ヴァーチャルな電子書籍にばかりかまけてないで、もっと地に足のついた、こうした地道なPR活動を通して、読書の喜びを広める、それこそが国民読書年にふさわしいことだと思うですが、どうでしょうか。
(ぜんぜん地に足がついてないって。)


※このネタ、Twitterでの@sarurskさんとのやり取りから思いつきました。



posted by 清太郎 at 09:57| Comment(9) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでて思わずニヤリ。
最近はインテリ芸能人ブームなようですし、
本気でアリかもしれません。
「頭の良い女の子」「読書好きの女の子」の需要がないはずがない!

しかも、48人全てバラバラのジャンルにする以上、マイナーなジャンルのアイドルも誕生するわけで、本の需要も増します。
ただ逆に、48ジャンルでそれぞれオーディションを行い、1人を厳選しなければならない(しかも他の47ジャンル・47人と被ってはいけない)のがきついですが。
Posted by 黄黒真直 at 2010年07月31日 23:40
放浪息子がお好きということはよく分かりました。

お客様から今後の書店経営について問われ往生しましたが、こういうのもいいかもしれませんね……別の切り口から本を買ってくれれば。
Posted by at 2010年08月01日 01:42
黄黒さん。
オーディションはタイヘンかもしれませんが、しかし本屋大賞と同じで、手弁当でいいから審査させてほしい!という審査員希望者もいっぱいいるはず(黄黒さんもそうでしょ(^^))。
ジャンルは48人全員が違わなくてもいいから(女子のタイプが異なればいいわけだから)、なんとかなります。

?さん。
しかしお客さんからの相談に、「ではアイドルユニットを」と提案したら、たぶん怒られますよね‥‥。
市場の縮小はしかたがないとしても、これまでほとんどしてこなかった「売る仕掛け」みたいなことをもっと工夫すれば、それなりに成果はありそうなのに、と思います。
Posted by 清太郎 at 2010年08月01日 07:28
何人かは、まだ読書初心者(?)な、ドジっ子妹タイプを混ぜておくとどうでしょう。
はやぶさってすご〜い、って思ってぇ、宇宙の本をいっぱい読みたくなっちゃった。お兄ちゃんのおすすめ教えて?
とかいうと、SF猛者も理系猛者も薀蓄語りたい欲、女の子を好みに育てたい欲、をあおられてファンがつくこと間違いなし!
じゃないかなあ。
一緒に読書会、とか、イベントもどんどんやっちゃっいましょう(^^)
Posted by シキ at 2010年08月01日 12:57
シキさん。
お約束のドジっ娘で妹属性。いわれてみれば、たしかにその通り! ぜひ必要!
DKS48の分科会の「読書妹隊」とか、できそうだし。読書初心者の妹にいろいろ教えたいお兄さんファンが群れをなして集まりそうです。
Posted by 清太郎 at 2010年08月01日 21:17
48人のキャラを考える清太郎さんが、楽しそう。
うひひひ、という笑い声や、ぐびり、という唾を飲み込む音が聞こえてきそうです。
AKBのA元氏も、さぞや、と思われます。
たぶん、そういう勢いで作っちゃって、当たっちゃったんだと思います。
その勢いでやりましょう!

ちなみに、年末になったら、一人を吉良上野介に仕立てて、あとの47人が討ち入りするというイベントをやるのはどうでしょうか。
Posted by すずめの巣 at 2010年08月01日 21:37
すずめの巣さん。
たしかにこういうのって、勢いでつくっちゃわないと、恥ずかしくてできないと思います‥‥。
赤穂浪士イベント、いいですね。なんかちょっと「文士劇」っぽい。
Posted by 清太郎 at 2010年08月01日 22:30
DKS48!!素敵ですね!
私は女ですが、読書好きの女性の方も注目してくれそうな気がします。同じ趣味の人がいたら、ぜひツイッターを覗いてみたい。
本好きが48人も集まっているってだけでもワクワクです!48人それぞれのオススメとか配信してほしいですね、こんな企画本当にあればいいのになぁ。
Posted by ひで at 2010年08月17日 21:05
ひでさん。
レスが遅くなりましたが、ぜひ覗いてみたい、などと言わず、DKS48のメンバーとして名乗り出てください!
たぶん35人目のメンバーとかになると、残ってる枠が法学本とか美学本とか医学系とかハードルが高くなる気がするので、早めにメンバーになっておいたほうがいいですよ。
Posted by 清太郎 at 2010年08月22日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。