2008年12月22日

ハーレクインにする

「人は見た目が9割」なんて本がありましたが、本だって見た目は大切です。9割とはいかなくても、8割くらい。小畑健のイラスト、あるいは蒼井優の写真じゃなかったら、「人間失格」や「こころ」を手に取ることはなかった、という学生さんは多いでしょう。タイトルや内容がまったく同じでも、装幀が変われば、本の印象なんて、ガラリと変わってしまうものです。

ということで、お馴染みの本がたとえば、いきなりハーレクインの装幀になったら、どんな内容の本に見えることになるのか、考えてみましょう。

「夢をかなえるゾウ」

夢をかなえるゾウ

ベストセラーの自己啓発本ですが、ハーレクインの表紙にすると、あら不思議、
「ゾウのようにでっぷりと太って頼もしいあなたが、幸せな結婚というあたしの夢をかなえてくれたわ‥‥」
というデブ専向けラブストーリーに見えてきます。

「流星の絆」

流星の絆

これはもうそのままハーレクインのタイトルにおさまっていそうですね。「3年前、あの流星が降る夜、初めて愛を交わした直後に引き離された彼は、 二人の間に生まれた秘密を知らない‥‥」みたいな。

「おひとりさまの老後」

おひとりさまの老後

先日、娘に子どもが生まれ、「あたしもついにおばあちゃんね」とつぶやいたレイチェル。そんな彼女のもとに、ある朝、一通の手紙が届いた。それは、死んだ夫・ダンの友人、アーサーからのものだった‥‥。ひそやかな恋の予感。でも、でも、あたし、こんな年になって、それにまだダンのことだって、でも、でも‥‥。
という感じでしょうか。

「不機嫌な職場」

不機嫌な職場

スザンナは数年ぶりに外国からロンドンに戻り、社長秘書の仕事を手に入れた。しかし、雇主となるマックスは鼻持ちならない男性で、仕事を始める前にスザンナにこう警告した。君の前任の秘書はボスに恋して仕事を失った、と。心配いらないわ。彼女は心の中で言い返した。いくら人気雑誌で“結婚したい男性五十人”に選ばれたとしても、私はこんなうぬぼれ屋の男性になんかまったく興味がないわ。だが、ある日、マックスの意外な一面を知ったスザンナは‥‥。

「女性の品格」

女性の品格

女社長として日夜ビジネスの最先端で働いているキャシー。そんな彼女のもとをふと訪れたヒッピーくずれのフランス人、ポール。「君のからだは、冷たいシルクで覆われているんだね。その下に何が隠されているのか、この目で確かめずにはいられないんだ・・・・」。毅然として撥ね付けようとするキャシー。だが、意外にもたくましいポールの腕に抱かれ、容赦ないキスの洗礼をうけると、それまでおぼえたことのないエクスタシーを前に、彼女を覆う高貴な仮面は静かにすべり落ちていくのだった‥‥。

「生物と無生物のあいだ」

せいぶつと無生物の間

ああ、生物と無生物、その断絶を超えた禁断の愛が今ここに! 「あたし‥‥、マネジャーのジェイクのうちの‥‥、れ、れ、冷蔵庫が好きになってしまったの!!」 色白で頼もしい冷蔵庫との愛におぼれるシャノン。「オッオー! シャノン、きみはうちのキッチンで、いったい何をしてるんだい?」「ジェイクっ、違うのっ! これには、わけが‥‥!」 一人と一台の愛の逃避行が始まった‥‥!

ということで、見た目をハーレクインにするだけで、ハーレクイン的なロマンスあふれる小説だと勘違いして買っちゃう人が増えて、いいような気がします。(そうして間違って買っちゃって、
「シャノンはいつ冷蔵庫と出会うのかしら」
と読み始めて、途中で、
「やだ、この本、ハーレクインじゃないわ!」
と気づいても、
「おもしろかったので結局最後まで読んじゃいました」
ということになれば、読者層が広がります。)

単行本の小説は2年くらいすると文庫化しますが、文庫にする前に、とりあえずハーレクイン化してみるのもいいかもしれませんね。(文庫化した後でもいいけど。)

また、この「ハーレクインにする」がうまくいったら、
「ラノベにする」
「ジャンプコミックスにする」
「ポプラ社の昔の江戸川乱歩シリーズにする」
なども試してみるといいと思います。


posted by 清太郎 at 22:12| Comment(13) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むしろハーレクインを読みたくなってきました。
Posted by t at 2008年12月23日 06:13
tさん。
ははは。一度読んでみると、知らなかった世界が見えてきていいかもしれませんよ。案外ハマっちゃったりして。
Posted by 清太郎 at 2008年12月23日 07:57
これなら「不機嫌な職場」とか「女性の品格」あたりは絶対買います←
Posted by なお at 2008年12月23日 10:59
なおさん。
それでしたらむしろハーレクインを試しに読んでみては。
学校の図書館にリクエストしても、入れてくれるとは思わないけど‥‥(^^;
Posted by 清太郎 at 2008年12月23日 11:20
「生物と無生物の間」の画像を見た瞬間、
思わず声を出して笑っちゃいました。
文章も、「一人と一台の愛の逃避行」とか
かなりツボです。
絶好調ですね、清太郎さん!
確かに「ご本人健在」と確信することです^^
Posted by ミセス・かんちがい at 2008年12月23日 23:28
これは興味をそそられますが、「女性の品格」とかは逆に手を出しにくい…w
「生物と無生物の間」はチョイスが素晴らしいです。さすが清太郎さん!
Posted by 黄黒真直 at 2008年12月24日 00:45
ミセス・かんちがいさん。
そう言っていただけると心強いです。
慣れないながらも、ようやくわたしも、妹の思考と文章をまねることができるようになってきました。
(などと、まだ引っ張ってみたりして。)

黄黒さん。
「生物と無生物のあいだ」は、こんな表紙じゃなくても、店頭に平積みにされてるのを見て、
「あら、この本、話題になってるのね。どんな内容なのかしら。生物と無生物のあいだ、だなんて、まっ、なんだかイケナイわ‥‥」
とドキドキしながら思いながら手に取って、自分の思い違いに気づいて赤面した女性(ハーレクイン好き)が全国に10人くらいいるんじゃないかと思います。
Posted by 清太郎 at 2008年12月24日 11:51
初めてコメントします。
こんな企画、初めて見ました。面白すぎです・爆
ハーレクイン版「夢をかなえるゾウ」ぜひ読んでみたいですね!
Posted by TSUGUMI at 2008年12月24日 13:26
TSUGUMIさん。
お気軽にコメントくださいね。
「夢をかなえるゾウ」、本物にはまったく興味がわきませんが、ハーレクイン版だったらたしかに気になります。
知っているようで知らないハーレクインの世界‥‥。
Posted by 清太郎 at 2008年12月24日 21:19
はじめまして。
普段から楽しく拝見しております。ここ数カ月更新が無かったので勝手に万が一の事態を想定して心配していましたが、ちょっと覚悟を決めて覗いてみたらご無事な様で安心しました。(もうその話題も時期がずれてしまいましたが…)
これからも更新楽しみにしています。
この「生物と無生物のあいだ」は、なんか「無生物萌え」にハマる女性が増えそうな本ですね。私もこんな感じの話(ここまでハーレクインではないけど)だろうと思って読んでみたら、予想と現実の違いにびっくりしたことを思い出しました。

Posted by ながよし at 2008年12月28日 20:54
ながよしさん。
こんにちは。レスが遅れましたが‥‥。
ご心配をおかけしてごめんなさい。今年もぼちぼちとマイペースに更新していくことになりそうです。
無生物萌え、いいですね。それなりに楽しいものになりそうです。さらに、「もう人間の登場人物もいらない!」ということになり、
「冷蔵庫×本棚」
とか何とか、さらなる禁断の愛の領域に突き進んだりするのです。うーむ、深い。
Posted by 清太郎 at 2009年01月08日 08:32
はじめまして、
【ハーレクイン】でググったらこちらにたどりつきました。
傑作です(≧▽≦)b
ユーモアに乾杯です♪♪
(´▽`)/□□\(´▽`)
Posted by まるまるかずみ at 2009年01月08日 16:16
まるまるかずみさん。
ハーレクインについて何かを調べておられたのだと思いますが、いきなりヘンなブログで申し訳ないような気もします(^^;
まあ楽しんでいただけたから、いいのかな‥‥。
Posted by 清太郎 at 2009年01月08日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。