2008年09月08日

これからの読書週間の標語

更新をサボっているうちに、今年の読書週間の標語が発表されてましたね。
これです。
「おもわぬ出会いがありました」

本を読んでいると、そこに思わぬ発見を見いだすことがあるんですよ、それがあなたにとってプラスになるんですよ。
といった当たり障りのないことを表面的には主張しつつも、一方では、たとえば満員の電車の中で本を読んでるときに「あっ、それ‥‥」なんていうかわいらしい声が背後から聞こえるから、振り向くと眼鏡をかけた清楚な感じの女子高生が「きゃっ、やだ、私ったら、つい‥‥、あの、その本、私も今、読んでるところなんです‥‥」と真っ赤な顔でしどろもどろになってたりして、それが僕たちの運命の出会いでした‥‥。あるいはやっぱり満員の電車の中で「きみ、なんだかおもしろそうな本を読んでいるね」と横から不意にいわれて、見上げると背が高くて爽やかな学生風の男子がやさしく微笑みかけていたりして‥‥、ああ、それがあたしの運命の‥‥、なんて、きゃーん、ばかばか、あたしのばか、そんなことあるわけないってば! でももしかしたら、いつかそんな出会いが、あるかもかもかも! なんちゃてー! やーん! といった具合のそっち方面の「出会い」をサブリミナルに主張しているような、あまり品がいいとはいえない標語のような気がします。

が、そんなことより。
この標語をひと目見て、衝撃を受けました。
1947年に始まる読書週間の標語の歴史が、ついに大きな転換点を迎えたのです。
これまでの標語はこちらをご覧ください(去年、一昨年についてはこちら)。そして今年は「おもわぬ出会いがありました」
そう、そうなんです。ついに来ました。ついに登場してしまったのです。「本」やら「読む」やら「ページ」やら「しおり」やら、本関連の言葉がひとつも入らない標語が!

今回の「おもわぬ出会いがありました」は、読書週間じゃなくても違和感なく使えるような標語なんです。愛鳥週間でも(コアジサシを見に行ったら希少なクロツラヘラサギと出会えました!)、学校給食週間でも(わー、今日のおかずは握り寿司!?)、春の交通安全週間でも(出会い頭にビックリ! 目の前にトラックが!)、古紙リサイクル週間でも(うわー、こんなところに一万円札が挟まってた!)、何でもいいわけです。読書週間の標語は、60年目にして、ついに禁断の領域に足を踏み入れた、といってもいいでしょう。

こうなると次のステップは、本関連の言葉が入ってないばかりか、よく考えないとそれが読書週間の標語とはわからないような、ひねりのきいたトンチめいた標語になりますね。
たとえば‥‥。
「せまい日本そんなに急いでどこへ行く」(そんな急がんと、まあ本でも読むっぺや)
「欲しがりません勝つまでは」(今格闘中のこの本を征服するまでは、決してほかの本には手を出しませんことよ!)
「私はこれで会社を辞めました」(本に耽溺するあまり、仕事がおろそかになってしまって‥‥)
「そうだ、京都いこう」(ああ、この本は京都に行く新幹線の中で読むのにぴったりだ! 本を読むために京都に行きたくなってしまいました)
「だが断る」(ケータイやゲームやテレビやデートのお誘いや、いろんな楽しみがあるけれど、だがすべて断る! 俺には今読んでいるこの本がある!)

来年の標語が楽しみです。
posted by 清太郎 at 22:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いっそのこと、かつてのセガのCMのように自虐的な標語(「読書なんてだっせーよな」「ケータイのほうが面白いよな」)とか、ツンデレ風の標語(「べ、べつにあんたのためじゃないから、たまたま本を買ってきただけだからね!」)とかいうのでもいいと思うんだ。
あと、「コミックだって本だよね」とか、「読書週間は卒業します」とやっておいて、来年は華々しく復活させるというドラマを見せるとか・・・。
Posted by 八方美人男 at 2008年09月10日 08:57
私は健康のため毎朝青汁を飲んでいます。

・・・と言うのを、来年の読書週間の標語に使ってもらえないでしょうか。
Posted by すずめの巣 at 2008年09月10日 22:11
八方美人男さん。
おお、ツンデレ標語、いいですね! 「べ、べつにこんなの少しもおもしろくないんだからね!」なんて感じでもいいかも。いとうのいぢがポスターを描けば、それなりに話題になりそうです。
二段構え案もいいですね。「卒業します」の翌年が「てへっ、留年しちゃった」というようなドジっ娘展開というもありです(よくわかんないけど)。

すずめの巣さん。
それはなかなか大胆な案ですね(^^)
翌年からは「I'm lovin' it」とか「Intel Inside」とか「ココロも満タンに」とか「イヒ!」とか、どこかの企業とタイアップした標語になったりして。まあそれはそれでいいような気もしますが‥‥。
Posted by 清太郎 at 2008年09月10日 22:40
「ツンデレ標語」で思い出しましたが、最近早川文庫の理科系の本に、萌えっぽい帯がついてます。
(可愛らしい女の子が3人いて、
「ちょっとちょっと! 早川文庫といったらSFとかミステリだけだとか思ってない? 雑学ブームの昨今、早川文庫だって科学に手を出してるのよ!」
とかなんとか、こんな感じのセリフが書かれた帯)
来年は標語はありきたりでも、萌えっぽい可愛らしい女の子のキャラクターが現れるかもしれません。
Posted by 黄黒真直 at 2008年09月11日 18:20
黄黒さん。
ハヤカワNFは昨年から、この路線で攻めてますよね。どのくらい話題になってるかわかんないのですが、おおいに推奨です。(とはいえ、雑学モノではないNFの名作、たとえばムーアヘッドとかラピエール&コリンズの作品は文庫からはずして単行本にしちゃったりして、そのあたりは大いに糾弾したいです。)
たしかに、これだけ萌え萌えいわれてるわけですから、読書週間も時世におもねって、萌えキャラを使ったりしてもよさそうですよね。読書週間のキャラの文学少女が話題になって、アニメ化されたりとか‥‥。
Posted by 清太郎 at 2008年09月12日 11:33
「だが断る」は一周回って本に関連する用語といえなくも無いんじゃないかと思います。
漫画の台詞だし。言ったのも漫画家だし。
Posted by 拙名 at 2008年09月18日 18:43
読書週間は卒業します

毎日本をたのしむ。

てなかんじで。
シルバーシート無くします的な
Posted by azusa at 2008年09月26日 22:32
一ヵ月更新がないと不安だな。
ここのところ毎日更新されていないブログを覗いてる。おーい、清太郎さぁん、だいじょぅぶかぁ〜。
Posted by 銀河旋風児 at 2008年10月20日 23:19
銀河旋風児さん。
そんなわけで、ご心配をおかけしました。1ヶ月どころか、3ヶ月も放置してましたね。申し訳ない(^^;
これからもよろしくお願いします。

拙名さん。
ジョジョファンならすぐわかるけど、そうじゃなければあまりピンと来ない、そのくらいの持ってまわった感が、ありなんではないか、と思うんですが、どうなのかなあ。そう、何かの本の台詞とか一文をきれいに標語にする、というのもよさそうですね。

azusaさん。
いや、卒業しちゃったらたぶん、どこか遠いところに旅立ってしまうような気がします。本を読んでいる人って、わりと少数派なのだし。卒業させるくらいなら、留年させます。
「読書週間、留年」(意味不明)。
Posted by 清太郎 at 2008年12月05日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106223677

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。