2011年09月25日

読書週間の標語「信じよう、本の力」

東日本大震災と津波、そして福島原発事故は、本業界にも大きな影響を及ぼしました。
・被災地の本屋さん壊滅
・紙不足などによる雑誌の刊行遅れ
・本の売り上げのさらなる落ち込み
・原発・放射能本ブーム
などです。
その影響はまだ続き、きたる10月27日〜11月9日、今年の読書週間にも、震災は影を落としています。

過去の記事で指摘してきたように、ここ数年、読書週間の標語は、素朴な読書推進から自己目的的な広告コピーへ、そして「脱・本」へと歩みを進めてきました。
(過去の記事は、こちらを参照。→2005年2006年2007年2008年2009年2010年
一昨年は、
「思わず夢中になりました」
昨年は、
「気がつけば、もう降りる駅。」
でしたから、地震さえなければおそらく今年の読書週間の標語は、
「いつの間にか、ホテル」
などになっていたことでしょう。
だが、しかし。
3月11日、地震が、津波が、原発事故が起こってしまいました。
そして、読書週間の標語はどうなったか。
今年、第65回読書週間の標語は、これです。
「信じよう、本の力」

3月11日以来、われわれの生活は一変しました。日本中がひとつになって(というか、ひとつになったような気分になって)、地震や津波、原発事故という苦難に耐えてきました。
われわれは、口々に言いました。
「信じよう、日本の力」
と。
そうしてお互い励ましあい、がんばってきました。
そしてそれは、本業界においても同じでした。
日本中がみんなでがんばっている。われわれにも、本というものを通じて、何かができるのではないか。本によって、あるいは本とともに、われわれは立ち直ろうではないか。本というわれわれのこの原点に立ち戻り、そこを拠り所にしようではないか! そうして明日へ、新しい日本へと、目を向けようではないか!!
そうだ、みんなで、
「信じよう、本の力」!!!
ということになったんでしょう。
「思わず夢中になりました」やら「気がつけば、もう降りる駅。」やら、すかしたコピーライターがやっつけ仕事でつくったような近年の路線から大きく舵をきった、まさに質実剛健、地に足をどっしりつけた、標語らしい標語、といえるかもしれません。

とはいえ、冷静に考えてみると、この標語、ちょっと、どうなのか。
「信じよう、本の力」
といわれて、「はい、信じます」ということになったとしても、震災後というこのとりわけ困難な時代にあって、具体的に本にはどんな力があるというのか。実際のところ、本には何ができるのか。
と、つらつら考えてみると、本は‥‥、
・地震を防げない
・津波を防げない
・原発のメルトダウンを防げない
・放射能拡散も防げない
・復興に役立たない
・景気の浮上にも役立たない
このように現実的には、本には何もできないのです。
「本の力」
とかいいつつ、本に力なんて、ありはしないのです。
「信じよう、本の力」
なんて威勢のいいことをいっておきながら、空虚な号令でしかない。
「信じよう」
「本の」
「力」
と一見したところ力強い言葉を並べているように見えて、今年の読書週間の標語は、この数年の標語に勝るとも劣らぬスカスカっぷりなのです。

とはいえ、もしかしたら、この標語の意図は、そうしたところにはないかもしれません。
標語が高らかに謳いあげている「本の力」は、震災後の日本をどうにかしよう、なんていう崇高なものではまったくないのではないか。
というのも、津波や原発に対して無力な本も、われわれの心には絶大な威力を発揮するからです。
読書はわれわれの心を、頭脳を、別世界へといざなってくれます。
本によって、われわれは現実では味わえないハラハラを、ドキドキを、涙を、笑いを、あるいは鋭い洞察を、理解を、得ることができます。
一冊の本は、ひとつの異世界への扉なのです。
どんなに苦しいことがあっても、つらいことがあっても、一冊のすばらしい本があれば、その苦しくつらい現実から逃れることができる。
その意味では、本には力が、信じるべき「本の力」があるんです。
そうです。みんなで、今年の読書週間は、
「本の力」
を信じましょう。
本の力を信じて、読書をしましょう。
そうして、読書週間の2週間、この震災後の復興もままならず原発どうするかわからず経済はさらにどうなるかわからず政治も混迷して明日も見えない沈鬱でどんよりとした日本の現実から、読書によって逃避しようではありませんか!
本さえあれば、どんな現実も怖くない!
ビバ! 本の力!!
信じよう、本の力!!


posted by 清太郎 at 20:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

グラビア系俳句雑誌「Heinkel(ハインケル)」

前回、見た目まるっきり女性向けファッション誌のような俳句雑誌があってもいいんではないかと、
「Haine」
を考えてみたんですが、しかし女性誌があるのなら、当然、男性誌もつくりたいものです。
で、男性誌となると、やっぱり、求められるのは、エロ方面です。
たとえば毎号、水着やセミヌードといった、
「美女俳娘のセクシーグラビア」
の特集は必須。
そのほか、
「モテる俳句講座」
「女を口説ける句またがりテク!」
といったモテ記事、エロ記事をズラリ。
タイトルは、「Heine」にあわせて、
「heinkel(ハインケル)」
なんてところでどうでしょうか。
表紙は、こんな感じ。

heinkel表紙縮小.jpg

(拡大画像は、こちらのPDFで表示されます)

パッと見たところエッチ系でも、俳句に関する記事しか載っていない、一冊丸ごと俳句雑誌ですから、これを買って帰って、奥さんから、
「ちょっとお父さん、いい年して、何こんなの買ってるのよ!」
と怒られても、大丈夫です。
「何言ってるんだ、これ、俳句雑誌なんだからな。ホレ、俺が投句した句も載ってるぞ」
と、胸を張って抗弁できます。
(無理かな……。)

こうして「Haine」「Heinkel」という2つの雑誌が成功すると、そこはそれ、出版業界なんてマネしてなんぼの世界ですから、以後は雨後のたけのこのように新たな俳句雑誌が生まれてくるでしょう。
そうして、差別化のために細分化がどんどん進んで、たとえば、
・本当に上質な俳句を求める30代以上女性向け俳句誌「ハイブラウ」
・ちょっと背伸びをしたい10代女子のための入門誌「俳ティーン」
・10代ギャル系女子向けの小悪魔俳句誌「ハイカワイイ!」
・女子による女子のための女子的俳句誌「俳卵」
・海と風を感じるアウトドア系ナチュラル俳句誌「俳祭(ハイサイ)」
・アヴァンギャルド俳句で既存の秩序をぶち壊せ!「ハイジャック!」
・燃える男の格闘系俳句誌「ハイキック」
・健康スポーツ俳句誌「ハイジャンプ」
・自動車俳句誌「ハイオクタン」
・足フェチ俳句誌「ハイヒール」
・禁断のスカトロ俳句誌「HAISETSU」
・「HAISETSU」に対抗! せせらぎ俳句誌「HAINYO」
と、まさに百花繚乱。
この不況下の平成の世に、俳句文化は新たな転回を遂げることになるでしょう。

まあしかし、「Heinkel」ならともかく、さすがに「HAISETSU」や「HAINYO」では、奥さんに許してもらえないと思いますが……。



posted by 清太郎 at 23:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

俳諧ガールのための雑誌「Haine(ハイネ)」

先日初めて知ったのですが、
「囲碁ガール」
のためのフリーペーパーがあるそうです。
その名も、
「GOTEKI」
“オンナの知的好奇心を刺激する”だそうです。

まあ、それだけでは、ありがちというか、ちょっとおもしろいだけの企画なんですが、いや、侮ってはいけませんよ。
表紙を見て、びっくり。
ウェブサイトにあったVol.4の表紙が、これ。

goteki表紙.jpg

ね、ね、一見、ふつうの女性誌。
ロゴもデザインも、かわいい女子の写真も、まるでふつうの女性誌。
なのに、キャッチフレーズが、
「わたし囲碁ガールになります」
しかも、よく見ると、
「わたし、狙っちゃってもいいですか? 囲碁メン 恋の徹底攻略」
とか、
「碁的恋愛サロン 囲碁恋愛格言講座」
とか、もうたまらなく意味不明でステキ。

各コーナーの詳しい紹介も載っていて、それもいい。
たとえば、

★囲碁ガール的合コン生活。
若手お笑い芸人と囲碁ガールの飲み会を取材。自己紹介代わりにひとまず一局、仲良くなってまた一局、そんな彼女たちの様子を紹介します。

……合コンというか碁コン!? こんなの絶対仲良くなれないと思う!

★囲碁だってキラキラしたい!〜勝負運の上がるWINストラップ〜
ジュエリー会社「アビステ」と碁的のコラボが実現。キラキラなアイテムで気分を上げる。勝負運も上がります。

……え、囲碁って、そんな運頼みでいいの? ていうか、何この胡散臭いタイアップ……。

★碁クササイズ
囲碁で部分やせに効果あり?!碁盤を使った簡単エクササイズをご紹介。インストラクターのお墨付!

……碁盤を使ったエクササイズって、片手で持ち上げたりとか、碁盤の上で倒立とか!?

と、気になる内容ばかり。
サイトからは、電書版とPDF版がダウンロードできるので、ぜひ読んでみてください。


さて、こうなってくると、この「GOTEKI」、ほかでもマネしたくなります。
こういう無茶な女性誌企画、ぜひとも立ち上げたい……。
ということで、昨夏の「オタク俳句(二次元俳句)のすすめ」以来ハマっております俳句で、考えてみました。
雑誌名は、ずばり、
「Haine(ハイネ)」
なんていうのは、どうでしょうか。
表紙は、こんな感じ。

haine表紙縮小.jpg

(拡大画像は、こちらのPDFで表示されます)

気になる今月号の特集は、
「この秋最強!季語使いまわしコーデ」
100とか500とか、そんなにいっぱい季語を覚えられない! そんなアナタに、こっそり教えちゃうこの秋の厳選季語10アイテム&使いまわしテク! これだけ覚えておけば、どこの句会に行っても大丈夫!!
という、意外に実用的な内容です。
さらに、神野紗希、佐藤文香、野口る理といった若手女性俳人を立てた各コーナーをはじめ、占いやダイエット、恋愛や旅といった女性誌にお決まりの内容も揃っています。

そのほかのコーナーとして、

★俳諧ガール的合コン生活。
若手お笑い芸人と俳諧ガールの飲み会を取材。自己紹介代わりにひとまず一句、仲良くなってまた一句、飲み会はいきなり句会に。「そんなのちっともおもしろくない!」と、俳諧ガールたちの厳しい声が飛びます。

★俳句だってキラキラしたい!〜勝負運の上がるWINストラップ〜
ジュエリー会社「アビステ」とハイネのコラボが実現。キラキラなアイテムで気分を上げる。句会運も上がります。これさえあれば、アナタも「天」を取れる!

★俳クササイズ
俳句で部分やせに効果あり?! 俳句を使った簡単エクササイズをご紹介。インストラクターのお墨付!

そういえば、このご時世、付録も必要ですよね。
「アニエスベー×Haine 吟行トートバッグ」
とか。

うーむ、なかなか楽しそうです。
実はひそかに俳句がブームだという今、どこかの出版社がうっかり創刊しちゃったりしないかしら……。





posted by 清太郎 at 17:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。