2010年09月20日

国民読書年をなかったことにする

えー、このところ更新が滞っているのは(まあ常に滞っておりますが)、前回記事にしたオタ俳句を地味に続けているからなのね。
最近、ブログのネタを考える時間(駅と職場の間とか、お風呂の中とか)をオタ俳句つくるのに使っちゃってます。オタ俳句、楽しいので、ぜひ挑戦してみましょう。

それはそうと、いつの間にか夏は終わって、もう9月の半ば過ぎ。
もうちょっとで10月です。第4四半期が間近です。今年もそろそろまとめの時期‥‥、なのです。早いねー。
で、その今年は、ここで何度も繰り返してるように、
「国民読書年」
なのでありました。
いいですか、国民読書年も、残すところ、あと4分の1なのです。
ところが、どうでしょうか。
このところ、本についての話題といえば、一にも二にも、
「電子書籍」
ということになってますよね。
たぶん図書館業界の人にとっては、いちおう今年は国民読書年で、それなりのイベントがちょこちょこ開催されているみたいですが(図書館業界の人向けの)、図書館以外の本業界、出版社・書店・取次・書き手の人、あるいは世間のふつうの読書家にとっては、今年は国民読書年ではなく、
「電子書籍元年」
になっているように思えます。
国民読書年、ほとんど存在感がありません。

思い返してみてください。
国民読書年が最後の四半期を迎えようとするこの時期について、当初の予定ではどのようになっているはずだったか。
国民読書の掛声とともに、日本全土に広がった読書の気運は、いやがおうにも高まり、盛り上がり、燃え上がり、人々はわれもわれもと争って本を読み、本を読むために会社を休む者、学校をさぼる者、早期退職、休学する者が続出し、主婦は家事を投げ出し、経済はいっそう停滞し、経団連の偉い人は「国民読書年なんかやるんじゃなかった」と後悔し、と言いながらもみずからもまた本を読むことがやめられず、その中にあって出版社や書店のみは儲けに儲けてもうウハウハのガハガハ、日本の未来は知らんけど本業界の未来はピカピカに明るいもんね! ということになっているのではなかったか。
国民読書年関連のマスコットキャラ、ヨミネエも、当初のGoogle検索結果27件というのが信じられないような人気キャラに成長し、ネットにはヨミネエ絵やヨミネエ動画があふれ、コミケではヨミネエ本が一大勢力となり、来春にはついにアニメ化決定! ということになっているのではなかったか。
国民読書年をきっかけに生まれたアイドルグループDKS48はいきなりの大ブレイク、モー娘もAKB48もなぎ倒して一気にトップアイドルへとのぼりつめ、並み居る女性誌の表紙を独占し、大みそかには紅白歌合戦出演間違いなし、ということになっているのではなかったか。

なのに、ああ、それなのに。
ふたを開けてみれば、今この時期、国民読書年についての街頭アンケート結果は、
・国民読書年? 何それ?‥‥63.7%
・あれっ? 国民読書年ってもう終わったんじゃなかったっけ?‥‥23.5%
という体たらく。
日本国民のほとんどは、もう国民読書年なんて、眼中にないのです。

このままでは、来年は、タイヘンなことになってしまうのではないか。
今でさえこんな状況なのに、国民読書年が終了した暁には、ほとんどの国民は読書なんて見向きもしなくなるのではないか。
いや、見向きもしないだけなら、まだいい。
来年、たとえば電車の中などで本を読もうものなら、近くに座っている女子高生2人が、
「やだー、ちょっと、あの人、見て、ほら、‥‥プッ、読書してるー。今どき、ヤバくね? ていうか、バカじゃないの?」
「ちょっと、声大きい、聞こえるって、今どき読書とか、ぜったい、どっか変だから。頭おかしいから」
ということになるかもしれないのです。読書家、大ピンチなのです。

そうならないために、どうすればいいのか。
国民読書年をあと3カ月残す今、われわれの取り得る道はどのようなものなのか。
ということで、提案です。
ここはひとつ、思い切って、いっそのこと、
「なかったことにしちゃう」
というのは、どうでしょうか。
国民読書年なんか、最初からなかった。なんか国会で決議したような気もするけど、もう政権とかずいぶん変わっちゃってるし、あれはたぶん、気のせいだったのでは。
ということにする。
なんか本関係の年だった気がするかもしれないけど、ほら、違うわよ、本は本でも、今年は、
「電子書籍元年」
だってば!
ということにするのです。
とりあえず、国民読書年について言及しているホームページやブログなどについて、すべて電子書籍元年に書き換えちゃう。
新聞や雑誌にはほとんど国民読書年のことなんて取り上げられてないから、そのままにしておいても、十分ごまかせます。
読書推進キャラクターのヨミネエも、国民読書年じゃなくて電子書籍元年のマスコットだった、ということにする。
今ここを読んでいるあなたも、ほら、今年は国民読書年じゃなくて、電子書籍元年ですよー。ほら、この五円玉をじっと見て、ほら、ほーら、だんだんまぶたが重くなる‥‥、だんだん眠くなーる‥‥。そうして、目が覚めたら、国民読書年のことは、すっかり忘れる‥‥。
‥‥‥‥。
‥‥。

よし、これで、電子書籍元年が終了した来年、電子書籍がすっかり廃れて、電車の中で、
「ちょwww、ヤダ、あの人、何あれ? 電子書籍? 今どき? バカじゃないの?」
ということになったとしても、とりあえず読書は生き残るぞ。


posted by 清太郎 at 13:54| Comment(10) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。