2010年06月30日

i文学少女

コンテンツについての議論が抜け落ちたまま、電子書籍に関する話題はあいかわらず過熱気味ですね。先日も、電子書籍販売のパピレスの上場に投資家が飛びついてましたし。
短期的な動向はまだまだ予断を許しませんが、しかし長期的には、おおかたのコンテンツが電子書籍の形で読めるようになる、という未来は避けられようがないように見えます。
そしてそうなったとき、音楽におけるiTunesのような存在になれる者はあるのか。電子書籍販売を、巨大な販売サイトが寡占することになるのか。今のところKindleやiBookstoreが一歩抜け出ているのでしょうが、しかしまあ、ニッポンはニッポンらしく、ニッチなところを狙うというのもありのような気がします。
というのが今日の話題。

KindleやiBookstoreでは、表示されるのは、電子書籍だけです。
当たり前といえば当たり前ですが、でも考えてみると、現実の本屋さんであれば、本だけがあるわけではありません。
店員さんがいるし、お客さんもいます。本屋さんには、人がいるのです。
本を選んでいる自分の隣に、やっぱり本を選んでいる文学少女などがいて、棚にある本に手を伸ばしたら、隣の彼女も偶然その本に手を伸ばして、手と手がふれあい、
「あっ」
ということにもなるのです。
KindleやiBookstoreでは、そんなことはできません(今のところ)。

となると、KindleやiBookstoreに対抗するには、それができるようになればいいのではないか。
電子書籍販売サイトだけど、電子書籍だけを売ってるんじゃなくて、ニッポンお得意の、
「美少女」
これを付け加えればいいのではないか。
DSの恋愛シミュレーション「ラブプラス」が人気を呼びましたが、ああいうのを電子書籍販売サイトに応用してみるのです。
具体的には、本の表紙や本棚が表示されているその脇に、本屋さんを訪れている(という設定の)アニメ顔の女子が表示されるのね。画面の中の文学少女、i文学少女です。
女子のバリエーションはさまざま。お客さんですから、入れ替わり立ち代り、いろんな女子が登場します。
定番のセーラー服のメガネっ娘はもちろん、ワンピースの清楚なお姉さまに赤いランドセルの小学生、クールな雰囲気のOLさん、むっちり和服の年増美女‥‥。
現実の本屋さんで、そんな美少女、美女が続々と現れても、本に気をとられて気づかないか、あるいは気づいてもチラチラ横目で眺めるだけですが、ここは電子書籍を販売する仮想書店です。もう、女子に声かけ放題。
「ねー、おねえさん、何読んでるの?」
とか、
「一緒に本を選びませんか」
とか、いくらでも話しかけられます。
そのたびごとに相手の女子は、ポッと頬を赤らめたり、キッとにらみつけたり。
ときには、
「さいきんイーガン読んでSFにはまっちゃったんですけど、何かおすすめ、ありますか?」
などと会話が成立したりする。
と、まあここまでは、無料。別に電子書籍を購入しなくても、ちょっとサイトに立ち寄るだけで楽しめる、ということになっています。
が、もちろん、本当の楽しみは、このサイトで電子書籍を買ってこそ、です。
電子書籍を購入するたびに、女子と会話できる確率が高まるわけですね。会話のキャッチボールもできるようになる。
本を買っていると、たとえば、庄野潤三の作品がカート内に入っているときに、
「あっ、その人、私も好きなんです」
と、女子の方から声をかけられるようにもなります。
彼女たちはそれぞれ、SFファンとか国文マニアとか歴女とか隠れ腐女子とか、本の好みがいろいろ設定されていて、自分の購入履歴を反映して、ジャンルが重なる女子とは、より頻繁に会って、おしゃべりできます。
嗜好の似ている女子と仲良くなるのもよし、あるいは好みのタイプの女子と仲良くなるために、あまり読んだことのないジャンルの本にトライしてみるのもよし、です。

そうしてだんだん親密になると、ついに告白イベント。
「お、お、おつきあい、しませんか」
「‥‥友達からでよければ‥‥」
ということになり、彼氏彼女ということになり、そうしてデート場所はやっぱり、同じ電子書籍販売サイト内。
「じゃあ、こんどの土曜、3時に、考古学の棚の前で待ち合わせね」
と約束して、土曜の3時過ぎに考古学の新刊をチェックすると、いつもの彼女がちょっとおめかしして現れて、
「もー、○○くん、遅いよー。ぷんぷん」
なんて言われたりして、でへへ。
そのまま一緒に仮想書店の中を見て回り、
「あっ、この本、おもしろいんだよ。○○くんも、読んでみれば?」
とすすめられたり、あるいはこちらから彼女にすすめたり。
そうして彼女を自分好みの女に育て上げていくのも、生身の女子相手にはなかなか実現できない、このサイトならではの楽しみです。
最初はラノベにしか興味を示さなかった彼女に、少しずつ少しずつ時代小説の味を覚えさせて、ついには、
「ねえ、この前○○くんが買ってた北原亞以子の新刊、あの、ちょっと、読みたい、かも‥‥」
と、おずおずと言わせた日には! あああ、むふう、もう、たまらん。

そうやってサイトに人気が出てくると、出版社側も積極的に販促に使おう、ということになります。広告費を出して、特殊設定を追加したりするわけです。たとえば、
「発売日から1カ月以内に購入すると、今つきあってる女子と海水浴に行くイベントが発生!」
とかいうのね。
海水浴ということは、本屋さんの中ではぜったい見られない、みみみ、み、水着姿が!!!
ということで、さして興味のない本でも、彼女の水着姿見たさに買う人続出です。
もちろん水着だけじゃなく、浴衣にメイド服、裸エプロン‥‥。本さえ買えば、彼女のいろんな姿を見ることができるとなると、一部の男子は、金に糸目はつけません。

そうして、さらにさらに親密になって、やがては本棚の陰でこっそりとチュー、でもってあまり人の来なさそうな東欧文学のあたりで、そっとスカートをたくしあげて‥‥、わー!!!
ということも思いのまま(年齢制限あり)。ひと通り楽しんだらリセットして、あらためてほかの女子と仲良くなりましょう。
あ、もちろん、女子向け(あるいは一部の男子向け)には、お客さんがみんなステキ男子ばかりのバージョンが用意されてますので、ご安心ください。

ちなみに、生身の彼女や奥さんがいるかたは、メールの新刊通知設定には気をつけましょう。
「○○くん、今週発売の森見登美彦の新刊、一緒に買いに行かない? いつものところで待ってるね!」
なんていうのがうっかり見つかっちゃったら、
「ちょっとアンタ! これ、どういうことよ!?」
と、たいへんなことになります。



posted by 清太郎 at 21:29| Comment(14) | TrackBack(1) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

出会いの場としての書店

ITの発達した現代において、ネットさえつながっていればどこでも仕事ができるにもかかわらず、それでもあえてコストを払って物理的なワークプレイスを維持し、会社という場で仕事をするのはなぜか。言うまでもなく、コミュニケーションのためである。人と人とのフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションから、創造的な成果が生まれる、そのためのオフィスなのである。

それは、書店にもいえることである。
書店という物理的スペースは、単に本を売るだけの場であるか。電子書籍化の果てに、書店は必要なくなるのか。
否、である。ビジネスのIT化がそれでもオフィスを必要とするように、読書界がIT化しても、書店はやはり必要なのである。なぜならば、書店もまた人と人の出会う場所、人と人が出会い創造的な何かが生まれる場所であるからである。
そのことを、書店はもっと声高に主張すべきではないのか。
一介の読書ファンとして、私は今、猛烈にじれったさを感じているのである。書店は何をやっておるんだ、何をうろたえておるのだ、と。みずからのコアコンピタンスを磨かずしてどうするか、と。

物理的な本を販売する場である書店は、同時に、人と人との出会いの場を提供してきた。
本を取ろうとして書棚に手を伸ばしたら、脇から伸びてきた手と触れ合って、
「あっ」「あっ」
「どうぞどうぞ」
「いや、どうぞ」
「えっ、でも」
「いや、あの」
「‥‥(ポッ)」
「‥‥(ポッ)」
そこから芽生える恋‥‥。
書店では、このような出会いが、日々繰り返されてきた。そんな出会いを求めて、幾多の人々が書店を訪れている、といっても過言ではないのである。文系カップルの5組に1組(推計)が、出会いのきっかけは書店であるといわれているのである(総務省調べ)。

しかしながら、そのあたりについて、書店はこれまで本腰を入れて取り組んでこなかった.
並んでいる本同士が有機的につながっているような書棚が、
「魅力的な棚」
といわれ、それをつくる書店員が「名人」などと呼ばれ賞賛されたりすることがあったが、その一方で、人と人が出会いやすい書棚は評価されてこなかった。
本の充実度や書店員のサービス等によって書店がランク付けされることはあっても、そこでどのくらいの出会いがあるかによって書店が評価されることはなかった。
利用者はもっぱら口コミによって、
「あの書店は出会いが多いらしい」
「友達の今の彼は、あの本屋で見つけんだって」
などと書店を選んできた。
出会いを求めて訪れるお客さんに対して、書店からの情報発信はほぼ皆無であったし、一切のサポートをしてこなかった。

だが今、電子書籍化の波が押し寄せてこようとしている今、あらためて書店は、自らのよって立つところを見つめ直さねばならぬのではないか。
単に本を売る、というだけの業態にいつまでも固執していては、今後、電子書籍化が進行する中で、ジリ貧に陥るのは誰の目にも明らかである。であるならば、人と人との出会いの場としての方向へ、軸足を移していくべきではないだろうか。それこそがまっとうな経営的判断というものではないのか。

では、そのために、書店は今、何をすべきか。
早急に取り組むべきこととして、以下のようなことを提案したい。

ひとつは、基礎的なリサーチの実施である。
本の売上や販売部数についての数値的データは蓄積されてきたが、出会いについては、1日に何度出会いがあったか、といった基礎的な数字すらない体たらくである。まずは、実際に書店がどれだけ出会いの場になっているのかを、キッチリとデータとして提示すべきであろう。
・各書店で発生した出会いを日単位で算出
・その出会いの結果、実際にカップルになる割合
・書店内のどこで出会いが発生しているか、また時間帯はいつか
・出会いを発生させたお客さんの年齢、職業等
・出会い発生のきっかけとなった書籍は何か
その他、出会いに関する項目について、精査すべきである。
また、こうした調査を行うことは、
「書店は、本の販売の場から軸足を移し、本気で出会いの場になる!」
ということの公式の宣言ともなる。低迷している書店業界に、世間の耳目が再び集まることであろう。

そして、調査が行われたら、その結果を有効に活用せねばならない。
出会いの多い書店には、どのような理由があるのか、どのような棚づくりをしているのか、立地やインテリアに工夫があるのかなど、徹底的に研究、検証すべきである。さらに、そうして得たものを、一書店内、一チェーン内で秘匿することなく、他の書店にもどんどん広げ、応用し、出会いの場としての書店の力を全国的にベースアップしなくてはならない。
一方で、大々的なPRも必要であろう。書店はもう、単に本を買うだけの場所ではない、人と人との出会いの場、お客さんの出会いをサポートする空間なのです! ということを、世間に知らしめねばなるまい。
そのための手段としては、低迷しているとはいえ、まだまだ雑誌の力は侮れない。「anan」をはじめとする女性誌で、
「恋は書店で生まれる!」
といった特集を組んでもらい、まずは若い女性に対して訴求したい。そこで話題になれば、おのずと男性誌やテレビにも波及していくであろう。

とにかく、事態は一刻を争う。
電子書籍化の完了が先か、出会いの場への転換が先か、書店の未来がその一事に懸かっているのだと、書店人には肝に銘じてもらいたい。
うかうかしていると、いずれiPhoneなどで、
「同時刻に同じ本を買った人と手が触れ合っちゃうアプリ」
などができてしまうかもしれず、そうなってから慌てても、もう遅いのである。



※ちなみに、物理的な書店のもうひとつの強みとして、
「本屋さんにいるとなぜかウンチに行きたくなる」
ということから、
「お通じをよくするためのスペース」
としての業態転換も、業界の一部では検討されていると囁かれていますが、個人的には、どうせ変革するのであれば、お通じのための場であるよりも、人と人との出会いの場として、本屋さんには生き残ってほしいと思っています。本屋さん、がんばって!


posted by 清太郎 at 16:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

文学少女を守るデモ

iPadの日本発売を機に、電子書籍についての話題が今までになく盛り上がっております。
斜陽の出版界に対して、電子書籍は福音をもたらすのか、はてまた引導を渡すことになるのか。
業界内では、今、侃々諤々の議論が議論が行われているのであります。

しかし、その議論において、大切なものが忘れられていないか。
出版界を構成するものは、いわゆる「業界」、すなわち出版社、書店、取次だけではないのであります。
それは誰か?
もちろん、
「読者」
である!!
そんな読者不在の議論ばっかしてるから斜陽になるんじゃボケ!

というのは正論でありますが、小生が言いたいのはそういうことではないのであります。
出版社、取次、書店、それから読者。それぞれが生産、流通、小売、消費という役割を担うことで出版界は回っているわけではありますが、しかし、その営みは、単なるビジネスではありません。
それは、そう、文化、なのであります。
出版は、文化なのであります。
そして、文化としての出版を象徴するものは何か!?
それこそ、おお、われらが、
「文学少女」
なのであります!
そうなのであります。電子書籍をめぐる一連の議論において、抜け落ちているもの、それはまさに、文学少女についての視点にほかならないのであります。
何という誤りであるか!
と、小生は、声を大にして言いたいのであります。
文学少女こそ、まさに紙の本なしでは存在し得ないものなのであります。
電子書籍ではない、物理的な本を前提としてはじめて文学少女は存在するのであります。
電子書籍しか出さない出版社があってもいいでしょう。電子書籍しか読まない読者があってもいいでありましょう。
しかし、電子書籍しか読まない、iPadやキンドルやケータイの画面で電子書籍を読んでるだけの文学少女は、それはもう文学少女ではないのであります!

もちろん、文学少女には、さまざまな形態が考えられるでありましょう。
髪は腰までの長いストレートでもいいし、三つ編みお下げでもいい。
眼鏡はかけていても、かけてなくてもいい。
セーラー服でもブレザーでも、白いワンピースでもいい。
しかし、その手にしているものが、iPadであってはならないのであります。これはもう、何があろうと、紙の本でなくてはならぬのであります!
電子書籍が出版界を蹂躙しようとしつつある今、われらが文学少女は、ああ、まさに危急存亡の秋を迎えているのであります!
出版という文化に可憐に咲く花、われらが愛する文学少女。その命は旦夕に迫っておるのであります!

では、今、われわれは何をなすべきなのか。
事態は一刻を争うのであります。
静観している場合ではないのであります。
今、まさに行動が、果敢なる行動が求められているのであります。
しかし、残念ながら、できることは限られているのであります。
金と技術があれば、たとえば日本中に妨害電波を流して電子書籍のダウンロードを阻害する等できるでありましょうが、非力なわれわれにはそれができぬ。
ああ、どうすればいいのか!?
だが、同志よ、安心召され。
ここは日本、われらは日本国民なのであります。
日本国民には、言論と集会の自由という、すばらしい権利があるのであります。
その権利を、今使わずして、いつ使うのというか!?
そうだ! 同志よ、今こそ、決起せよ!
立ち上がれ! そして、集え!
ともに手を取り合い、
「文学少女を守るデモ」
をおこなうであります!!

と、口先ばかりではないのであります。
iPad発売から1週間が経った先日の金曜日、われわれは、東京都渋谷区において、デモを決行したのであります。
東京都ではデモは届出制になっているので、われわれは『貧乏人の逆襲!─タダで生きる方法』(松本 哉、筑摩書房)を参考に、抜かりなく管轄の渋谷警察署に届出を出しておいたのであります。
デモを主催する団体名は、
「文学少女を守る会」
であります。ゆくゆくはNPO法人の認可をとるつもりであります。
暑いくらいに晴れ渡った当日の午後1時半、デモ出発地の恵比寿公園に集合したのは、関東各地から集まった、我輩を含め5名の同志であります。
5名‥‥。
「少ないんじゃないの?」
と思ったそこのキミ! キミは間違っておる!
5名もいれば、たいていのことはできるのであります。戦隊の皆さんだって地球の平和を5人で守っているのであります。
5名でも戦隊であり、5名でもデモなのであります。
われわれは、先導する警察官のかた(ご苦労様であります!)に交通整理をしてもらいながら、
「文学少女を守れ!」
「いま文学少女が危機に瀕している!」
のプラカードを手に手に掲げ、威風堂々、デモ行進をしたのであります。
ルートは、恵比寿駅西口側にある恵比寿公園から、目黒通りを代官山まで行き、北上して線路を越え、青山学院大の脇を通り、青山病院前の通りを抜けて原宿へ向かい、原宿駅前で解散、であります。
あえてケータイ世代の若者に対して、文学少女の価値と希少性を訴えようではないか、という狙いなのであります。

デモ行進のさなか、沿道からは実にあたたかい声援をいただき、何度も励まされたであります。
「なんか知らんががんばれよー」
と応援していただいた見知らぬお兄さんにも、
「これ何の撮影?」
と気にかけていただいた見知らぬオバサンにも、この場を借りて、あらためてお礼を申し上げたい。ありがとうございました。
また、デモ行進中の様子は、随時、twitterで、
「デモ出発なう」
「代官山アドレス前なう」
「道行く女子が写メ撮ってるなう」
などと、実況したのであります。
それに対して、
「ガンバレー」
「文学少女、やっぱり大切ですよね!」
「ボクも参加したかった!」
と、多くのかたがたから返信をいただき、これまた感謝の念に堪えません。
われわれは間違っていなかった! との思いを、さらにさらに深めたのであります。

ただ、一点だけ、遺憾に思うことがないではないのであります。
こうしてわれら5名、誠心誠意がんばった、精魂傾け、声を張り上げ、一所懸命やり遂げた、その行為に対して、当の文学少女本人から、特に何の音沙汰もなかったのであります。
いや、もちろん、われわれは代償を求めてデモ行進をしたのでは、決してない。トキやイリオモテヤマネコを守る会の人たちも、別にトキやイリオモテヤマネコから感謝されたいと思ってやってるわけではないのであります。
同様に、われわれは、何の見返りも求めぬ、誠に清い心でもって、高い志と正義を愛する心のみを糧に、立ち上がり、集い、デモを決行したのであります。
シャイな文学少女のかたがたから、ひと言の感謝の言葉もなくても、われわれは文学少女を守るべく、これからも活動を継続していく所存であります。
ただ、そこで、たとえひとりでも、いや、ただひとりでいい、可憐な文学少女のかたが、ほのかに頬を染め、
「あたしのこと、守ってくれて、ありがとう‥‥」
と、つぶやいてくれたのなら、われわれは、それだけで昇天、いや、勇気百倍なのであります。

そこで、であります。
次なる、第二回文学少女を守るデモ決行に向けて、われわれ文学少女を守る会では、
「守ってほしい文学少女」
を募集したいであります。
全国の文学少女の皆さまに、お願いであります。住所、氏名、連絡先に加え、好きな本のジャンルや作家、それにスリーサイズと写真2枚(全身写真とバストアップ)を同封のうえ、以下の宛先の、
「守ってほしい文学少女係」
まで、どしどしご応募いただきたいであります!
厳正な選考のうえ選ばれし文学少女のかた(若干名)のもとへ、われわれ文学少女を守る会の同志は、ただちに馳せ参ずるであります!
そうして、われわれは、全力でもって、われらが女神、敬愛すべき文学少女をお守りするであります!
文学少女を守るデモをはじめ、文学少女を守るシンポジウム、文学少女を守る読書会、文学少女を守る食事会、文学少女を守る伊豆温泉旅行など、文学少女を守るさまざまな活動を決行していく所存であります。
そのうえで、いずれ、
「会のみんなで守ってくれるのもうれしいけど、‥‥こんど、ひとりで守ってくれますか」
と言われたら、小生としては、えーと、その、やぶさかでないであります。


posted by 清太郎 at 21:51| Comment(8) | TrackBack(1) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。