2010年03月22日

キャバクラ本屋

先日、丹下健太『マイルド生活スーパーライト』を読んでいたら、
「セクキャバ」
というのが出てきて、主人公・上田の基準ではセクキャバは風俗ではないことになってるらしくて、よくわからないのでググってみたら、いや上田、それはたぶん風俗だよ‥‥、と思いました(気になるかたはググってみてください)。キャバクラとかスナックとか、あのあたりの区別、何がどういう内容のお店なのか、大人になったのに、いまだによくわかりません。
で、よくわかんないままに、先日の「書店ガイドツアー」の後でよく考えたのだけど、たとえば、
「キャバクラ本屋」
みたいな感じのお店があってもいいような気がするんですけど、どうでしょうか。

たとえば、「すみれ書店」なんていう看板がかかっているお店に入ると、白熱灯の、本屋さんにしては薄暗い店内で、ずらりと本棚が並んでいて、ところどころにソファとローテーブルが置いてあるのね。
本を物色していると、露出度高めの女子店員さんが密着してきて、
「お客さまぁ、どんな本を、お探しですかぁ」
「えーと、SFとか‥‥」
「SFですかぁ!? やぁん、マミもぉ、SF大好きなんですぅ」
「えっ、そうなんですか」
「そうなんですよぉ、最近ではぁ、やっぱ、イーガンとかぁ‥‥」
「イーガン、いいっすねえ、僕もイーガン、好きっす」
「やぁん、お客さんもですかぁ!? ねえ、よかったら、そっちに座ってぇ、ちょっとお話ししませんかぁ」
などと、隣り合ってソファに座って小一時間、イーガンの作品ではどれが好きとか、「夏への扉」の旧訳と新訳のどっちがいいかとか、「天の光はすべて星」の新しい表紙はいいよねーとか、2000年代日本人SFのベスト10は何かとか、これまでリアルな女の子とはぜったいできなかったようなコアなおしゃべりを楽しんで、マミちゃんからすすめられたハヤカワSFと創元推理文庫を3冊買って、お会計は1万円くらい。(再販制度により、新刊本を定価より高く売ることはできないので、本代+サービス料の金額です。)
こんなお店なら、
「あ、俺、キャバクラよりも、そっちのほうがいいかも」
という本好き男子は多いのではないかしら。
キャバクラと違ってお酒が出ないから、体にもよさそうだし。
いや、キャバクラ本屋には、キャバクラよりいいことが、もっとあります。
たとえば、

(1)経費で落とせる(かも)
不況で交際費がどんどん削られている今、「キャバクラすみれ」とかで領収証をもらっても経理に受け付けてもらえないかもしれませんが、これが「すみれ書店」ならば、資料代として認めてもらえそうです。

(2)奥さんや彼女にばれても大丈夫
ドラマなんかだと、背広のポケットから「キャバクラすみれ」とか店名入りのマッチが出てきて、
「あなた! これ、どういうことよ!」
などということになるわけですが、そんな心配はありません。そもそも、マッチなんてないし。
証拠品となるのは、「すみれ書店」のブックカバーのついた本とレシートくらい。
その本が背広のポケットに入っていても、奥さんや彼女は何の疑問も抱かないでしょう。
(もちろん、1、2万円分のレシートが出てきたら、それはそれで「あなた!」ということになるでしょうが。)

お客さん側だけでなく、店員さんにもメリットがありますよ。
なにしろ、

(3)お父さんや彼氏の理解が得られやすい
「バイトしたいんだけど」
「ん? 何するんだ? ファミレスとか喫茶店とかは許さんぞ」
「違うよー、本屋さん」
「おー、本屋か、なら、よかろう」
ということになるわけですから。

神保町の裏通りかどこかに、こんなお店、できないかしら。
でもこれ、業態としては、書店なんでしょうか、キャバクラなんでしょうか。私の基準では書店に入るのですが、彼女や奥さんは認めてくれないような気もします。


posted by 清太郎 at 10:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

文化祭で古本屋

季節外れの話題だけど、文化祭の思い出をひとつ。
高校の文化祭で、クラスの出し物をしたことがありますか?
喫茶店とかお化け屋敷とか占いとか、あるいは研究発表、演劇や合唱‥‥。
僕は高3のとき、古本屋を経験しました。ちょっと変わってるでしょ。
経験しました、とかいって、発案者は僕なんだけどね。
受験を控えて、3年生は有志のみ参加(勉強したい人に迷惑かけないでね、ということ)。喫茶店やら研究発表やらといった大掛かりなことはできないそうにない。でも、何もしないのはつまらない。古本屋だったら、本さえ供出してもらえれば、当日は別に来てもらう必要はないし、でもやりたい人はそれなりに楽しめるんじゃないかしら、と考えたものだ。
一応みんな協力的で、50人弱のクラスだったけど、2000冊近い本が集まった。(まあ中には、どう見ても廃品回収に出した方がいいようなシロモノもあったが。)
ただ、本だけ並べても売れないだろうと、発案者の僕がもうひとつ提案したのが、
「出品者の生写真をつける」
というもの。今でいうところの「顔の見える商品」というやつですね。
当時はまだデジカメなんてものはなかったから、フィルムでちゃんと撮影して、焼き増しして。
ちょうどクラスに写真部の元副部長もいたので、彼女および彼女の命令のもとで働く現役写真部員に撮ってもらった。
もっとも、正直に出品者を申告しては、
「こんな気持ち悪い男子が読んだ本なんて、ギャッ、さわるのも汚らわしい」
ということになりかねないので(そういえば当時は、キモイなんて言葉もなかった)、ほとんどは偽装。かわいい系の女子に頼み込んで、モデルになってもらった。男子の写真は、ごく一部だけ。
だから、2000冊のほとんどは、わずか4、5人の女子の持ち物ということになってしまったけれど、まあすべての本を1冊1冊チェックする人なんていないだろうから、かまやしない。
ただ、本の中には夢野久作(今はなき教養文庫だ)や山田風太郎などもあったから、今考えると、
「このかわいい女子が、この本を‥‥、ずももも」
という鼻血ものの組み合わせがいっぱいあったはずだ。当時はあまりそんなことを意識しなかったので、今思うとやや惜しいような気もする。
モデルになってくれた女子は、「恥ずかしい〜」と最初は逃げ回りながらも、「これも思い出かなー」とか何とか言って、ちゃんと撮らせてくれた(もちろん、水着とかお色気ポーズとかじゃないよ。ふつうの日常写真)。まあ何だかんだいって、写真部の連中に、一眼レフのカメラでポートレートを撮ってもらうことなんて滅多にあるわけじゃないし、まんざらでもなかったんだと思う。
その生写真を1冊につき1枚、表紙の見返しのところに貼り付けた。個人情報保護だとかストーカーだとか、そんな面倒なことのない、まだまだ牧歌的な時代だったんだなあ、と今となっては思う。
とにかく、それが当たったのか、思った以上に本は売れた。ちなみに、文庫は50円、その他は100円。2日間しかなかったのに、売れ残ったのはたしか2、300冊だけだったと思う。
受験生として、わりとカリカリした毎日を送っていた僕たちにとって、この文化祭の古本屋は、いい気晴らしになった気がする。「本は出すけど、それ以上のことはごめんだよ」なんて言ってた級友も、多くが手伝いに来てくれたしね。
「たまにはこういう息抜きが必要だよねー」
なんて、打ち上げにはみんないい笑顔で喜んでた覚えがある。

でも、いちばん喜んでたのが、ほかならぬ僕であることは、友達には内緒だった。
実は当時、同じクラスに、ひそかに片思いしている女子がいた。彼女は地元の大学への進学を希望していて、僕は東京に出てくるつもりだったから、もう会えなくなることは、わかっていた。だから、卒業前にどうしても、彼女の写真がほしかった。(告白しようなんて、これっぽっちも思っていなかったのが、今となってはふしぎではある。)
それで、思いついたのが、文化祭の古本屋だったのだ。
「生写真をつけたら売れるかも」
などと、さも「いいアイデア思いつきました」みたいな顔をして提案しながら、本当はその写真のほうが目当て。古本は手段にしかすぎなかったってわけ。恋にはオクテだったけど、変なところで策士だったのだ。
もちろん、彼女が出品してくれた本はぜんぶチェックして、そのほとんどは自分で購入した。当然、写真のバリエーションはコンプリート。
本当は発案者の特権として、ネガ一式もほしかったのだけど、それを口にするのはさすがに恥ずかしく、でも思いきってリクエストしておけばよかったと、ずいぶん後まで後悔したものだ。
結局、恋は片思いのままで終わってしまったけれど、彼女のものだった本の何冊かは、その後、上京したときにもたずさえてきた。今でも、部屋の本棚におさまっている。





と、こんなことを書いたのも、その1冊、写真が挟まったままの1冊を昨夜、妻が見つけて、
「ちょっとアンタ、何、この女子高生の写真!?」
と鬼の形相で問い詰められたからです。
そういう理由なんです。ね、わかってくれた? 浮気とか援交とか、そんなんじゃないから。誤解だって。棄てられないだけなんだってば。ね、男子の純情なんだから、しょうがないんだってば。
あの、だから‥‥、写真、返していただきたいのですが‥‥。





ということで、わー、しまった、今さら気づいたけど、このネタ、今年のエイプリルフールにとっておけばよかった。
共学だったら、こういうのやりたかったなー。


posted by 清太郎 at 22:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

書店員は本を薦められるのか?

八百屋さんは、野菜を薦められる。
「奥さん、今日は、いい大根、入ってますよ!」
と言える。
魚屋さんも、魚を薦められる。
「今日の夕ごはん、煮魚にでもしようと思うんだけど、何かない?」
といわれたら、
「奥さん、それなら今日はメバルがお得だよ」
とか何とか、薦められる。
これらに対して、われらが書店員さんは、どうか。
ちゃんと本を薦められるだろうか?
‥‥とあらためて考えると、よくわからない。

おそらく、ふつうにデキる書店員さんなら、たとえば、
「最近出た本で、売れてる本は何ですか?」
と聞かれれば、即答できるでしょう。
売れてる本や、雑誌や新聞の書評で絶賛されているような本を薦めることはできるでしょう。
あるいは、マニアックなお客さん、たとえば、
「天然系の美人おねえさんとツンデレ妹が大活躍するような小説を読みたいんだけど」
なんていうのに対して、
「それでしたら、こちらなどはいかがでしょうか」
とオススメすることもできるはずです。

でも質問の内容が、たとえば、
「甥(あるいは、いとこ)が高校に合格したから、お祝いに本を1冊あげたいんだけど、何かオススメの本ありますか?」
だとしたら、どうか。
こういうときに、
「有川浩とか、どっすかー。若い子に人気っすよー」
なんていう人がいたら、それはぜんぜんわかっていない店員だと思うし、あるいは、
「『アルジャーノンに花束を』とか、いっすよー」
というのも、いかにもマニュアル通り(しかもちょっと古い)のようで、つまらない気がする。
っていうか、その程度の本しか薦めてもらえないような本屋さんで買うなら、amazonで買ってもあまり違いはない気がします。
(ちなみに、私だったら、とりあえず西村佳哲『自分の仕事をつくる』(ちくま文庫)を薦めておきます。)

その内容についての賛否はさておき「いじめから守る45冊」の棚をつくっている、くすみ書房という本屋さんがありますが(このブログでも以前ネタにしました)、この本屋さんが選んだ45冊をほかの書店でもセット販売したとかで、な、なんという気概のなさ。そこはふつう、
「あそこの本屋が45冊だけど、うちは50冊だぜ」
「うちは、いじめられたときに読む100冊」
「うちは、いじめっ子に復讐する666冊」
と競うべきでしょう。
本はこんなにいっぱいあるんだから、少し工夫すれば、もっといろいろ発信できるはずです。
まあ年に8万点も出版物が出るわけで、それをさばくだけで手いっぱい、ということなのかもしれないけど、でもねえ、「本が売れない」と嘆いてばかりいないで、やるべきことをやろうよ、と思います。

と、珍しくこんなふうにからむのも、行きつけの本屋さんに、
西村佳哲『自分をいかして生きる』(バジリコ)
    『自分の仕事を考える3日間』(弘文堂)
がなかったから。
えーっ、なんだよー、おかげで、どちらも去年出た本だっていうのに、つい先日まで、知らなかったじゃんかよー。んーもう、どうしてくれるんだよー。ちょっとアンタんとこ、ちゃんと本見て仕入れてるの? どうなの? ホントにプロなの? 本見る目があるの? エッ!?
という愚痴でした。すんません。

まあでも、電子書籍が本格的に始動しそうな昨今、「自分の目で見て、仕入れて、売る」という小売店であれば当たり前のことをしない本屋さんは、どんどんいらなくなっていっちゃう気がします。流通のしくみがなかなかそれを許さない、という事情もあるけれど、もうちょっと本屋さんにはがんばってほしいなあ。なんだかんだいって、私にとって本屋さんは、1冊の本と初めて出会う場所なのだから。


posted by 清太郎 at 19:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。