2008年09月08日

これからの読書週間の標語

更新をサボっているうちに、今年の読書週間の標語が発表されてましたね。
これです。
「おもわぬ出会いがありました」

本を読んでいると、そこに思わぬ発見を見いだすことがあるんですよ、それがあなたにとってプラスになるんですよ。
といった当たり障りのないことを表面的には主張しつつも、一方では、たとえば満員の電車の中で本を読んでるときに「あっ、それ‥‥」なんていうかわいらしい声が背後から聞こえるから、振り向くと眼鏡をかけた清楚な感じの女子高生が「きゃっ、やだ、私ったら、つい‥‥、あの、その本、私も今、読んでるところなんです‥‥」と真っ赤な顔でしどろもどろになってたりして、それが僕たちの運命の出会いでした‥‥。あるいはやっぱり満員の電車の中で「きみ、なんだかおもしろそうな本を読んでいるね」と横から不意にいわれて、見上げると背が高くて爽やかな学生風の男子がやさしく微笑みかけていたりして‥‥、ああ、それがあたしの運命の‥‥、なんて、きゃーん、ばかばか、あたしのばか、そんなことあるわけないってば! でももしかしたら、いつかそんな出会いが、あるかもかもかも! なんちゃてー! やーん! といった具合のそっち方面の「出会い」をサブリミナルに主張しているような、あまり品がいいとはいえない標語のような気がします。

が、そんなことより。
この標語をひと目見て、衝撃を受けました。
1947年に始まる読書週間の標語の歴史が、ついに大きな転換点を迎えたのです。
これまでの標語はこちらをご覧ください(去年、一昨年についてはこちら)。そして今年は「おもわぬ出会いがありました」
そう、そうなんです。ついに来ました。ついに登場してしまったのです。「本」やら「読む」やら「ページ」やら「しおり」やら、本関連の言葉がひとつも入らない標語が!

今回の「おもわぬ出会いがありました」は、読書週間じゃなくても違和感なく使えるような標語なんです。愛鳥週間でも(コアジサシを見に行ったら希少なクロツラヘラサギと出会えました!)、学校給食週間でも(わー、今日のおかずは握り寿司!?)、春の交通安全週間でも(出会い頭にビックリ! 目の前にトラックが!)、古紙リサイクル週間でも(うわー、こんなところに一万円札が挟まってた!)、何でもいいわけです。読書週間の標語は、60年目にして、ついに禁断の領域に足を踏み入れた、といってもいいでしょう。

こうなると次のステップは、本関連の言葉が入ってないばかりか、よく考えないとそれが読書週間の標語とはわからないような、ひねりのきいたトンチめいた標語になりますね。
たとえば‥‥。
「せまい日本そんなに急いでどこへ行く」(そんな急がんと、まあ本でも読むっぺや)
「欲しがりません勝つまでは」(今格闘中のこの本を征服するまでは、決してほかの本には手を出しませんことよ!)
「私はこれで会社を辞めました」(本に耽溺するあまり、仕事がおろそかになってしまって‥‥)
「そうだ、京都いこう」(ああ、この本は京都に行く新幹線の中で読むのにぴったりだ! 本を読むために京都に行きたくなってしまいました)
「だが断る」(ケータイやゲームやテレビやデートのお誘いや、いろんな楽しみがあるけれど、だがすべて断る! 俺には今読んでいるこの本がある!)

来年の標語が楽しみです。
posted by 清太郎 at 22:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

水滸伝騎馬戦

サボっているうちにいつの間にやら9月になってしまいました‥‥。

ボイコットやらテロやらチベットやら大気汚染やら、なんやかんや言われながらも、北京オリンピックはそれなりの成功をおさめましたね。
いつもいってることですが、オリンピックって本音のところでは、純粋なスポーツイベントというよりもナショナリズム剥き出しの熱狂の場なんですから、そのあたりをもっと盛り上げるような競技があってもいいように思います。ということで、思いっきりタイミングをはずしたオリンピックネタ。

終わっちゃった今となってはもう遅いのですが、中国ならではの競技として、たとえば、
「水滸伝騎馬戦」
なんてのがあってもよかった。
参加するのは、水滸伝にちなんで、各チーム108人ずつ。もちろん1国1チームのトーナメント方式。選りすぐりの屈強な男どもが4人1組となって27の騎馬をつくって荒野の上で向かい合い、合図とともにドドドドドッ!と激突します。かぶっている帽子をとられるか、騎馬を崩されるかしたらアウト。終了のホイッスルが鳴ったときに、より多くの騎馬が残っているチームが勝ちです。
が、そこはそれ、国対抗ですから、燃えます。燃えまくりです。馬どうしの蹴り合い、騎乗者どうしの殴り合いは当たり前、全員流血、骨折者続出、怒号と悲鳴と血煙があがり、ヒートアップした一部の騎馬は観客席にまで殴り込んだりして阿鼻叫喚。日本×中国戦のような好カードが実現したら、挙国一致でテレビにかぶりついて応援することになるでしょう。
あるいは、
「水滸伝騎馬戦(女子)」
でもいいかも。会場はプール。選手は全員水着。こちらは、とくに好カードじゃなくても多くの男子がテレビにかぶりついて観戦し、選手は流血しませんが、観戦者が鼻血を出したりします。

水滸伝があるなら、西遊記があってもいいですよね。たとえば、
「西遊記ラリー」
っていうのはどうでしょう。
西安を出発して、シルクロードを通って天山山脈の北側を通ってカザフスタンからインド入りしてナーランダへ。復路は天山山脈の南側ルートを通って中国に戻ります。
三蔵法師+孫悟空・猪八戒・沙悟浄の一行にちなんで、こちらも4人で1チーム。もちろん、各国1チームずつの国別対抗戦です。新彊ウイグル自治区やアフガニスタンといった今ホットな地域を通るだけに、危険いっぱいでハラハラドキドキ。牛魔王や金角銀角はいませんが、代わりに他チームの妨害工作が待ち受けています。なんだか「チキチキマシン猛レース」っぽくて、やっぱり激しく興奮してしまいそうで、実現しなかったのが残念です。

でもって、ついでですから金瓶梅も競技化しましょう。退廃の限りを尽くす西門慶の物語です。西門慶の6人の夫人+αにちなんで、女子ばかりで1チーム7、8人。で、競技ルールは、なんだかよくわかんないけど、こう、くんずほぐれつというか、あーん、そんなところさわっちゃダメえ、というか何というかそんな感じで、‥‥この競技、テレビでは放映できませんでした。

次のロンドンオリンピックでは、ぜひ「ガリバー旅行記ヨットレース」「不思議の国のアリス障害走」「ロミオとジュリエット高跳び(男女ペア)」などを競技種目に加えてもらいたいものです。
posted by 清太郎 at 23:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。