2008年07月28日

かわいい小説

今月号のエスクァイア誌の書評コーナーで、布施英利が、
「かわいい、は日本語の王様である。なにしろ、その意味は変幻自在。あらゆるものを評価する絶対的な言葉になりつつある。」
などといって、「かわいい」の語が持つ政治性やら何やらについて警告しています。たしかに、仏像からオジサンの笑顔まで、20年前なら考えられないようなものが「かわいい」の対象になっている昨今。しかしあらためてそういわれてふと気付いたんですが、われらが「小説」って、「かわいい/かわいくない」で評価されてないよね。
もちろん小説に出てくるキャラは、たびたび「かわいい」といわれますよ。ラノベの萌えキャラとか畠中恵の妖怪キャラとか。でも、小説作品そのもの、物語の結構や舞台設定、文体まで含めた全体の評価として、
「これは、かわいい作品だ」
などとは、あまりいわれない気がします。直木賞とかの選評で、
「実に個性的で、候補作中いちばんかわいい点を評価したい」
「人間はよく書けているが、肝心の物語がいまひとつかわいくない」
なんてコメントがついたことは、ないのではないか。
言葉と思想を生み出し時代を切り拓くはずの小説が、日本を覆い尽くさんとする「かわいい」の波に取り残されているとは、何たる失態!

ということで、どんな小説が「かわいい小説」と呼ばれるにふさわしいのか、ちょっと考えてみました。もう一度いいますが、キャラだけがかわいくても、ダメですからね。でもって、大長編小説よりは、やっぱり短編でしょう。長くても、薄めの長編程度で。
最近の若手女性作家の作品(「食堂かたつむり」とか)や川上弘美の「神様」みたいなのとか、あるいは「夜は短し歩けよ乙女」みたいなのとか、とりあえず安易に「かわいい」っぽいかもしれないけど、いや、でも何というか、「かわいい」というのはつまり、人物設定や舞台設定からストーリー、文体まですべてをひっくるめて、もうギュッと抱きしめてナデナデして頬擦りしたくなっちゃうような感じというか、たとえば‥‥。

・太宰治「満願
文庫2ページくらいの超短編で、若奥さんのキャラも、さわやかな高原の夏も、くるくる回る白いパラソルも、ちょっぴりエッチなところも、すべてがもうたまらなく愛しくて、うむ、「かわいい」といってもいいんじゃないかしら。
・バアネット作・若松賤子訳「小公子」
「かあさま、とうさまは、もう、よくなつて?」といった文体からして萌えます。
・山本周五郎「ひとごろし」
山本周五郎のこの手のユーモラスな作品って、「なにこの時代小説、チョーかわいい」と十代の女子がきゃあきゃあ言いながら読んでもいいんじゃないかと思います。
・有島武郎「碁石を呑んだ八っちゃん
いや、この手の「子ども小説」を持ちだすのはズルかも。(ただし、この作品でいちばんかわいいのは、呑み込んじゃった碁石が、その夜の「お通じ」でちゃんと出てくる、というところです。)

などと、あんまり思いつかないんだけど、でも考えてみると、「かわいい」の意味が「変幻自在」で「あらゆるものを評価する絶対的な言葉」である以上、別に「人物設定や舞台設定からストーリー、文体まですべてをひっくるめて、もうギュッと抱きしめてナデナデして頬擦りしたくなっちゃうような感じ」に限ることなく、「罪と罰」や「死の刺」や「方丈記」がそのまんま「かわいい」でも、それはそれでいい気もします。何かのひょうしに高名な作家や評論家が、
「『カラマーゾフの兄弟』って、メチャかわいい!!」
と言ったりしたら、すぐに「かわいい小説」が当たり前のものになるかもしれません。そうして、10年後くらいには、直木賞や芥川賞の候補作は「かわいい」小説ばかりが並ぶことになり、みんな「かわいい」以外にどういう言葉で小説を評価していいのかわかんなくなっていたりして。おそるべし、「かわいい」。
posted by 清太郎 at 00:18| Comment(8) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

ハリポタで読書感想文

夏休みなので、真面目で実用的な読書感想文ネタをひとつ。

今日はハリポタ最終巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」発売日でした。
「予約しておいたのを朝一番にとりに行こうと思ってたのに、ど、どうして、本屋さんに入れないの‥‥!?

と、昨夜通り魔事件が起きた八王子の駅ビルの本屋さんの店頭で泣き崩れた人がいなかったか、心配ですが、多くのハリポタファンの少年少女は朝一番でゲットして、今ごろ夢中で読みふけっていることでしょう。
で、読み終えた少年少女は、素直にこう思っているのではないでしょうか。
「読書感想文は、これで書こう」
と。

しかし、本を読むことと読書感想文を書くことはまったくの別物。読みやすい本は必ずしも読書感想文を書きやすい本ではありません。これが立派なおまわりさんの物語だったりすれば、
「ぼくも大きくなったら、主人公のようなおまわりさんになりたいです」
とか何とかそういう技が使えますが、ハリポタでは、どれだけハリーが立派で素敵であろうと、
「ぼくも大きくなったら、ハリーのような魔法使いになりたいです」
と書くわけにはいかない。
ハリポタ最終巻を読んで大いに感動して号泣して心洗われた思いをしたかもしれませんが(読んでないけど、そういう内容だよね?)、それを読書感想文にしようとすると、
「ハリーがこうなってああなって、ロンがああなってこうなって‥‥」
とあらすじをだらだらつらねたうえで、
「‥‥ので、感動して涙が出ました」
と、書くくらいしかできなくて、途方に暮れることになりかねません。

では、ハリポタで読書感想文を書くには、どうすればいいのでしょう。
最も手堅い書き方は、読書感想文の鉄板技ともいうべき「自分の体験とリンクさせる」を使うことです。読書感想文は、本を読んだ感想を書くのがタテマエですが、実質的に求められているのは、個人的な体験の豊富さと、その体験を読んだ本に結び付ける連想力です。具体的には、夏休みに田舎のおばあちゃんの家に行って、そのときの体験を読書感想文に反映させる、なんていうのが簡単でしょう。
たとえば‥‥。

《「ハリー・ポッターと死の秘宝」は、ハリー・ポッターシリーズの最終巻です。第六巻「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を読んで以来、待ちに待っていたこの本を、ぼくはワクワクドキドキしながら読み始めました。》

なんて感じで書き始めて、

《これまで謎だったことが次々と明らかになって、何度もハッとさせられました。とくに○○が実は○○だったなんて、本当にびっくり。読みながら思わず「エーッ!」と声をあげてしまったので、お母さんが、
「どうしたの、何があったの、タケオ」
とわざわざ台所からのぞきに来たくらいです。
 そして、ハリーが○○してしまった場面。どうなっちゃうんだろう、とハラハラしました。ロンは○○だし、ハーマイオニーは○○だし‥‥。ふるえる手でページをめくりました。でも最後、○○が○○で、○○になったところを読んだときには、涙があふれて止まりませんでした。今、この感想文を書きながら、その場面を思い返すだけでも、目頭が熱くなります。》

と、ざっとストーリーを紹介しましょう。ただし、「○○が○○して、次に○○が○○して‥‥」と、単純に出来事を並べることは避けましょうね。ずるずるとした、しまりのない印象になります。「ハッとした」とか「びっくりした」とか、その程度でいいですから、自分の感想を間に挟んでおきましょう。
以上、あらすじ紹介が感想文の前半です。ここまでで原稿用紙1枚〜1枚半くらい、埋めておきましょう。
次は後半。自分の体験を述べる部分です。「体験」としてふさわしいのは、夏休み中にあった、ちょっといい話、です。たとえば‥‥。

《この「ハリー・ポッターと死の秘宝」を、ぼくは山形のおばあちゃんのうちで読みました。おばあちゃんのうちは、すぐ裏に森があって、魚がたくさんいる川も近くて、自然がいっぱいです。でも、三才年上のいとこのタカシくんがいて、いつもぼくに無理やり命令したりしていじめるので、本当はあんまり行きたくない場所です。だからこの夏は「ハリー・ポッターと死の秘宝」を持っていって、タカシくんのいないところで読んで過ごそう、と思っていました。
 そうして、家の奥の仏間で、たたみの上に寝転がりながら、「ハリー・ポッターと死の秘宝」を読んでいると、
「コラッ」
と、いきなり頭をたたかれました。本にむちゅうになって気付かなかったのですが、見上げるとタカシくんが、こわい顔をしてぼくをにらんでいます。ぼくは、「見付かった、またいじめられる」とすくみ上がりました。でもタカシくんはそれ以上ぼくをたたかずに、かわりに仏だんを指さして言いました。
「ほとけさまに足を向けて寝転がるんじゃない」
仏だんには、ぼくがようちえんのときに死んだおじいちゃんの位はいが入っています。タカシくんは、仏だんに向かって正座して手を合わせると、
「おじいちゃん、タケオがぶれいなことをして、ごめんなさい」
と、ちょこんと頭を下げました。そしてぼくをにらんで、
「こら、タケオ、おまえもあやまりなさい」
と命令しました。
 後でこのことをお母さんに話すと、お母さんは、
「タカシくんは、おじいちゃんによくなついていたからね。今でもおじいちゃんのことを大事にしてるんだと思うよ」
と言いました。それを聞いたぼくは、いつもいじわるなタカシくんのことを、少しだけそんけいする気分になりました。》

と、こうした体験話だけでは読書感想文になりませんから、最後に、これを読んだ本にリンクさせましょう。

《「ハリー・ポッターと死の秘宝」でも、これまでハリーがにくんでいた○○が実は○○だということがわかって、意外に感じる場面がありました。今まで○○と思っていたことは、○○で○○だったのです。人間の本当のすがたは、一面から見ているだけでは、わからないものだなあ、とつくづく思いました。
 後になってこの場面を読んだとき、ぼくは、タカシくんが仏間で見せた顔を思い出さずにはいられませんでした。そして、ふと気付きました。タカシくんはぼくに命令してばかりいる、と思っていたのですが、本当は、れいぎを知らないぼくにいろいろ教えてくれていたのではないか、と。言葉がらんぼうだからこわいけれど、実は三つ年下のぼくのことを気づかってくれているのかもしれません。タカシくん、ありがとう、とぼくは心の中でタカシくんにおれいを言いました。こんどからはタカシくんの言葉に、もっとよく耳をかたむけてみます。
 さまざまなピンチを乗りこえて成長していったハリーとは比べものにならないけれど、この夏、ぼくも少しだけ成長した気がします。》

「ぼくには田舎のおばあちゃんなんていないよー。三才年上のいとこもいないよー」
というあなたも、だいじょうぶ。「個人的な体験の豊富さ」は、「個人的な体験を捏造できる豊富な想像力、およびそれを感想文に書いて提出できるだけの図太さ」で代替できます。てきとうに親戚と体験話をでっち上げて、ハリポタのエピソードとくっつけてみるといいでしょう。

ちなみに、あなたが腐女子である場合は、「ダンブルドアがゲイだった」という裏設定もあることだし、思いっきりBLな感想文にして、「ハリーとロンはなぜくっつかなかったのか」などを大いに論じてみるのもいいかもしれません。(読んでないからいいかげんなことを書いてますが、ハリーとロンって本当にくっついていないよね? もしかして、「あの結末なら、ハリーとロンはその後くっついたと読めなくもない」ということだったら、そこに焦点を当てて二人の愛の生活を想像してみるのもひとつの手です。)
posted by 清太郎 at 23:29| Comment(16) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

腐女子のための読書感想文の書き方

昨日の日経新聞夕刊に、
「小学生も感想文 コピペ
 ネット丸写し横行 悩める教育界」
なんて記事が載ってました。
そのコピペ元を提供している立場の私としましては、そうやって小学生のモラル低下を問題視するよりも、いいかげんそろそろ読書感想文そのものの意義を再検討したほうがいいんじゃないの、と思ってるわけですが、まあそんなわけで、読書感想文のシーズンがやってきました。今年は本家サイトも更新したいなあ‥‥。

ともあれ、それはそれとして今日は、読書感想文に悩むあなたへの支援ネタ。ただし腐女子限定です。

ほとんどの生徒(そしてたぶん多くの教師)が誤解しているような、たとえば自分の経験をふまえながら登場人物の気持ちを慮る、といったようなことを書くだけが読書感想文ではありません。なにしろ「感想文」なのです。自分の思ったことを好きなように書くのがタテマエのはず。であるならば、自分にとって書きやすいことを書きやすいネタで書いたほうが、ストレスがない、というものです。
となると、腐女子であるあなたは、読書感想文であっても、迷わずに腐女子ネタで勝負するべきなのです。では、どのように書けばいいのか、以下で解説していきましょう。

(1)冒頭〜腐女子を話題にする〜

腐女子ネタで読書感想文を書くのですから、とりあえず腐女子の定義を明確にしておくことから始めましょう。読み手である真面目な国語の先生は、流行の腐女子という言葉を知らないかもしれません。相手が知らないかもしれないものを書くときは、まずそれについて説明しておく。それが文章の作法というものです。
腐女子の定義については、自分が考えていることを書いてもいいし、あるいはネット上にいくらでも見つけられますから、参考にするのもいいでしょう。
たとえば‥‥

《今、「腐女子」が注目されている。
 腐女子とは、男性同士の恋愛を扱った小説や漫画を好む趣味を持った女性のことだ。ウィキペディアによると、ある女性がホモセクシャルな要素を含まない作品の男性キャラクターを同性愛的視点で捉えてしまう自らの思考や発想を、自嘲的に「腐っているから」と称したことから生まれたそうである。》

わずかこれだけで155字。タイトルを含めれば、原稿用紙の半分があっという間に埋まります。

(2)腐女子カミングアウト

次に、自分が腐女子であることを告白しましょう。クラスの友達に知られるのは恥ずかしいかもしれませんが、所詮授業中しか付き合いのない先生に告白したところで、どうってことはありません。(先生に片思いしているあなたには、おすすめできませんが。)
たとえば‥‥

《何を隠そう、私はその腐女子である。この若さにして、これほど腐っているのはどうか、とわれながら恐ろしいほどの、腐女子である。》

ライトな腐女子を装うよりも、ここは覚悟を決めて、なるべくオーバーに粉飾したほうが、読み手の興味を喚起することにもつながります。
ちなみに、この時点で、読書感想文コンクールなどで評価されることをあきらめねばなりません。

(3)腐女子遍歴を吐露

腐女子である、と宣言するだけでは、あまり文字数が稼げません。また、読み手にもピンとこないかもしれません。自分が腐女子となったそもそものいきさつや、腐女子的に好きな作品、現在ハマってる作品などを挙げてみましょう。もちろん、小説にこだわる必要はありません。マンガやアニメなど、自分が愛好している作品について、正直に書きましょう。
ただし、読み手である先生は、それらの作品のことを、ほとんど知らないかもしれません。最低限の説明を加えておくことも心がけましょう。
たとえば‥‥

《私が腐女子になったきっかけは、少年ジャンプ連載のマンガ「ナルト」にある。主人公である少年のナルトとライバルのサスケ。互いに反目し、戦いながらも、絆を深めていくふたりの姿に、いつしかあやしいときめきを覚えるようになってしまったのだ。
 その後、同じジャンプ連載の「ワンピース」「銀魂」、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」などを経て、目下いちばん萌えているのが、やはりジャンプ連載の「家庭教師ヒットマンREBORN!」だ。雲雀恭弥と六道骸、このふたりの顔を思い浮かべるだけで、もう次から次へとよこしまなシーンがあふれ出てきてしまう。》

ちなみに、
「この腐女子遍歴で原稿用紙10枚かけるかも!」
という猛者がいるかもしれませんが、残念ながらこれは読書感想文です。原稿用紙半分程度におさめておきましょう。

(4)ようやく本題に入る

以上が前置きです。前置きだけで原稿用紙1枚分は埋まったでしょうか。
ここではじめて、読書感想文の題材に選んだ本を提示します。そして、その作品が腐女子的に気に入ったことを述べるのです。
たとえば‥‥

《そんな私がこの夏読んだのが、太宰治「走れメロス」である。
 一般的には、勇気や友情のすばらしさを歌い上げる名編として知られているこの作品。あの太宰治の作品とあって、おそるおそる読み始めたのだが、思わず、夢中になってしまった。私の心の奥底に脈打つどす黒い腐女子魂が、思いっきり揺さぶられたのである。》

ここではわかりやすいように「走れメロス」を例とします。作品の一般的なテーマについては、文庫の裏表紙に載っているあらすじなどが参考になるでしょう。

(5)作品を腐女子的に語る

さて、ここからが、あなたの腐女子としての力量の見せどころです。ふだん好きな作品について思っていること、ブログなどに書いていることそのままのノリで、
「○○の△△のシーンが、◎◎で××なの〜! ハアハア」
といったことを、やや格式ばった表現で文字にするのです。
「といわれても、エーッ、どうやって書けばいいの‥‥?」
というあなたは、とりあえず最初に萌えるシーンを挙げて、若干の引用とともに、そのどこがどのように腐女子的に萌えたのか、解説してみましょう。
たとえば‥‥

《そう、主人公メロスと、彼の「無二の友人」であるセリヌンティウス。このふたりの関係が、もう悶えるほどに妖しい。魅力的なのだ。
 まず、セリヌンティウスがはじめて登場する場面からして、たまらない。セリヌンティウスに会ったメロスは、彼を自分の身代わりとして立てた事情を語る。そのとき、セリヌンティウスはどうしたか。
「無言で首肯き、メロスをひしと抱きしめた。」
である。「無言で、ひし」。ああ‥‥。寡黙で篤実なセリヌンティウスの、メロスへの熱い想いが、ここに凝縮している。君のためなら僕は何だってする、どんな困難にも耐え忍ぶよ、だって、だって僕は君の事を‥‥。そんな健気で、ちょっとMっぽい愛情が、ありありと伝わってくるではないか。》

同様に萌えるシーンを1〜3箇所程度、最後にもっとも強烈に気に入った萌えシーンについて、この調子で書いてみましょう。原稿用紙の1枚や2枚は、あっという間に埋められるのではないでしょうか。

(6)カップリングの攻め受けを逆転させる

上の(5)のみで最後まで突っ走るのも、小学生の読書感想文ならば、いいでしょう。しかし、あなたが中学生あるいは高校生であるのなら、これではあまりに単純すぎて、芸がありません。
ここで、ひとひねりしてみてはどうでしょうか。起承転結の「転」の部分です。ひねりを加えることで、感想文が俄然、理知的に見えてきます。
では、どうすれば理知的になるのでしょうか。私がおすすめする手法は、
「逆カップリングを想定する」
というものです。これまで(5)で熱く語ってきたカップリングの攻め受けが逆転する可能性を、あえて考えてみる。そのうえで、その逆カップリングに対して否定的な検討を加えてみるのです。
たとえば‥‥

《ところで、以上、これまで私はこの作品を、メロスを「攻め」の立場、セリヌンティウスを「受け」の立場として読み解いてきた。腐女子的にいえば「メロセリ」である。
 しかし、ここで一度立ち止まって考えてみよう。メロセリではなくて「セリメロ」でもいいのではないか、セリヌンティウスが「攻め」、メロスが「受け」というのもありなのではないか、と。
 たとえば最後の場面、「私を殴れ」と最初に言ったのは、メロスのほうだ。「受け」であるメロスが、「攻め」のセリヌンティウスに、まず自分から「受け」らしく許しを請うたのだと、読めなくもない。また、小説の結末、「メロス、君は、まっぱだかじゃないか」と、セリヌンティウスがメロスに全裸であることを指摘して赤面させるところも、Sっ気のある攻めが受けに対して見せそうな態度だ。
 だが、メロセリ派として、私は強く主張したい。これらの場面も、あくまでメロスが「攻め」、セリヌンティウスが「受け」として、お互いの愛情を表現しているのである、と。
 どういうことなのか。まず、互いに殴りあうシーン、メロスは自分が先に殴られることで「受け」を表明したのではない。むしろ、「私を殴れ」と率先して宣言し、イニシアティブをとった、というべきであろう。彼が自分を殴るよう先に申し出なければ、この感動的なシーンは実現しなかった。メロスは、何事も積極果敢に行う攻めの人として、セリヌンティウスとの関係を常にリードしているのだ。
 そして最後のシーン、そんなメロスをからかい、辱めるようなことを口にするセリヌンティウスは、後で(たとえばその夜)、メロスから、
「衆目の前で、よくもあんなことを言ってくれたな、こいつめ、こいつめ!」
などと激しく責められることを期待したのではないか。先に私はセリヌンティウスについて、その愛情の健気さ、まっすぐさに感動したけれど、むしろ彼は腐女子的にいえば「誘い受け」、あるいはもしかしたら「ツンデレ受け」といった、ひと癖もふた癖もある深みのあるキャラクターなのかもしれない。この点は、あらためて検討すべき点として、今後の課題としたい。》

ここにいたって、もしかすると読み手の先生は、
「この感想文は、アホの子の腐女子が書いたものではなく、知的な腐女子が書いたものであるのか」
と、感想文を、そして書き手であるあなたのことを見直すかもしれません。(もちろん、アホの子の腐女子ではなく、知的な腐女子と思われたからといって、成績には何のプラスにもなりませんが。あるいは逆に、「この子はもう救いようがない‥‥」と見放される可能性も大いにありますが、だからといって成績がマイナスになることもないでしょう。)

(7)結論

多くのものごとがそうであるように、読書感想文も、結論が大切です。いや、むしろ読書感想文においてこそ、結論のいかんに左右されやすいといってもいいでしょう。一見したところもっともな、まともらしいことを最後に述べるだけで、それまでの中身のくだらなさが魔法のように打ち消されてしまうことが、多々あるのです。
ここでは、以下のような感じにまとめてみるのがおすすめです。

《「走れメロス」が発表されたのは昭和15年。太平洋戦争直前である。
 そのころ、もちろん腐女子などという言葉はない。男性同士の恋愛というものすら、ほとんど人目にふれることのなかった時代だ。作者の太宰治は、この作品が後の世に、こんな読まれ方をするとは、想像すらしなかったに違いない。
 だが、2008年の今、この作品に触れた私は、一腐女子として、物語の設定に、展開に、登場人物の振る舞いに、新鮮な感動を覚え、心を奪われた。腐女子魂が震えたのだ。
 発表されて約80年の時を経て、なお色褪せることがない「走れメロス」。むしろ、21世紀の先端を行く、腐女子的な読みに照射され、いっそう光り輝いているかのようだ。これが文学の力、そして名作の持つ懐の深さというものなのかもしれない。》


いかがでしょうか。これなら読書感想文、書けそうではありませんか。
求められる文章量に応じて、たとえば(3)の腐女子遍歴をカットする、(5)の萌えシーンの例を増減するなどして、調節してみてください。

では、最後にひとつ、大切なことをいっておきましょう。感想文の題材として選ぶ本は、コバルト文庫や講談社X文庫ホワイトハートのBL作品、あるいは角川ルビー文庫をはじめ、BLとして書かれた作品ではないものを選んでみてください。できれば、上で例として使った「走れメロス」のような、発表されてから何十年も経つ、いわゆる文学作品を。
もちろん、無理に、とはいいません。けれど、あなたたちは、若い。大きな可能性を秘めているのです。そんな若いあなたが、腐女子向けに書かれたBL作品にのみとらわれている必要はない、と私は思うのです。
あえてBL以外の世界に目を向け、そしてそこにカップリングを見出す。それが若い腐女子であるあなたにとって、マイナスになろうはずがありません。むしろ、文学作品を腐女子的に読解する、というその経験を通して、読書感想文などという厄介なものが、あなたが腐女子として大きく成長する、ステップアップする素敵なきっかけになるかもしれないのです。それが、腐女子であるあなたに、過去の文学作品を強くおすすめする理由です。

文学作品といっても何を読んだらいいのかわからない、というあなたには、たとえば以下のような作品はいかがでしょうか。(カッコ内はカップリングの例)

・夏目漱石「こころ」(私×先生)
・夏目漱石「吾輩は猫である」(苦沙弥先生×迷亭)
・宮澤賢治「銀河鉄道の夜」(カンパネルラ×ジョバンニ)
・井伏鱒二「山椒魚」(山椒魚×蛙)
・芥川龍之介「蜘蛛の糸」(御釈迦様×カンダタ)
・志賀直哉「清兵衛と瓢箪」(清兵衛×瓢箪)

posted by 清太郎 at 12:35| Comment(26) | TrackBack(2) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。