2008年04月29日

【本】イタリアでうっかりプロ野球選手になっちゃいました(八木虎造)



仕事に疲れたプロカメラマンの筆者が、一年くらいイタリアにでも行って地中海の下でのんびり過ごしてやろうとシチリア島のパレルモに行って、でも言葉ぜんぜんわかんないし友達いないし、どんどん引きこもりになっちゃって、テレビ見てたらアテネでオリンピックで、思い立ってアテネに出かけてみて、毎日ひたすら野球を見続けて、考えてみれば子どものときからずっと野球漬けで、大人になっても草野球のチームに入っていた僕、イタリアでもさがせば草野球チームくらいあるはずだ、と思ってシチリアに戻ってチームを探したら、なんだかよくわかんないけど事務所みたいなのがすぐ近所にあるので行って「野球がしたいんです!」と伝えたら、いきなりテストを受けさせられて、草野球のくせにいっちょまえにテストなんかするのかよ、と思い、でもちゃんと合格して、チームのメンバーは陽気ないいやつばかりで、シーズンが残り少なかったから7試合しか出場できなかったんだけど、まあそれなりに活躍できて、いやあおもしろかったなあ、と思っていたら最後に給料を渡されて(120ユーロだけなんだけど)、給料って、つまり、その、
「僕はプロ野球選手だったんだ……」
というイタリアでの日々をつづった(ここまでが第1章ね)、まさにタイトルそのまんまの一冊。

冒頭のブルーな気分もどこへやら、チームに入ってからはひたすら前向きで輝いていて、なんだかそういうのを見せ付けられるのはつらいかも、という面もあるにせよ、なんとも楽しく素敵で、うーん、野球って、いいなあ。
ということは、さておき。

野球に興味のないかたにも、ぜひチェックしておいてほしいのが、チームのスポンサーの娘、バレリアちゃん17歳(眼鏡っ娘)。
超がつくほど日本マニアの彼女なんだけど、シチリアには日本人なんて滅多にいない。初めて日本人(著者)に会えるとあって、狂喜乱舞、思いっきり緊張して、著者相手に日本語で挨拶した第一声が、
「こ……こんにちは……オレはバレリアだ」
日本アニメオタクのバレリアちゃんは、
《イタリアで放送されているアニメをビデオにとる。そしてそれの日本語版のDVD、もしくは動画を何とかして手に入れ、その2つを同時に観ながら言葉を勉強するそうだ。》
「のだめカンタービレ」ののだめと同じことやってます。
《そして今一番のお気に入り教材は「ONE PIECE」だそうだ。あぁ、それで「オレはバレリアだ」なのか!》
ああ、バレリアちゃん、たまりません。

そんなバレリアちゃんの夢のひとつが、アニメのキャラたちがおいしそうに頬張っている“白い玉”をいつか食べてみたい、ということ。おにぎりです。
その夢を、著者がかなえてあげました。台所でほかほかごはんに塩を振って握り、ツナマヨを具にして、
《三角形に整えて、海苔を貼ってあげた。彼女はそれを見た瞬間、絶叫した。
「ママ、パパ、おにぎりーーー!!!!!!!!」
 おにぎりを手にしたバレリアは、両親がいる離れまで、それを見せに激走した。
「もったいなくて食べられない……」
 もはや涙目、いやホントに泣いてる!》
バレリアちゃん、素敵すぎます。思わず彼女のファンになってしまいました。

【こんな人におすすめ】
・草野球チームに入ってる人
・アニメファンの人
・純朴なアニオタの眼鏡っ娘に萌えたい人
posted by 清太郎 at 09:21| Comment(5) | TrackBack(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

サン・ジョルディの日はなぜ失敗したか

えー、忘れていたかたも多いと思いますが、昨日4月23日は「サン・ジョルディの日」でした。
男子は女子に本を贈って、女子は男子に花を贈る‥‥、あれ? 逆だったかな? とか何とか、そういう日です。

あらためてWikipediaを見たところ、サン・ジョルディの日というのは、もともと1923年にスペインのカタルーニャ地方の本屋さんが考案したものなんだそうです。この日がセルバンテスの命日で、かつシェイクスピアの誕生日&命日、しかもカタルーニャ地方の守護聖人サン・ジョルディ(聖ゲオルギウス)の祝日であることから、ひとつうまいこと商売に結び付けられないか、とキャンペーンを始めたのが最初なんだとか。(ちなみに、男子が女子に赤いバラを、女子が男子に本を、でした。)

日本では1986年に導入されたそうですが、それから20年余がたって、ご覧の通り、残念ながらさっぱり根づきませんでした。どのくらい根づいてないかというと、「サン・ジョルディ」という言葉をカタカナ変換しようとしたら「三・女ルD」「産・所るディ」になっちゃった、というくらい。バレンタインデーは「馬連多淫D」なんかになることなく一発でちゃんと変換されるのに。

バレンタインデーやホワイトデーのあの興隆ぶりに引き比べ、サン・ジョルディの日はなにゆえ失敗に終わったのでしょうか。
そもそも本をプレゼントするって難しいとか、お互いにプレゼントを贈りあうなんてクリスマスでもないのにこっぱずかしいとか、あたしの彼は本なんて読まないとか、日本人の知的レベルが低下したからとか、いろんな理由を挙げるかたがいるかもしれませんが、しかしこれは単純に、出版社や本屋さんの営業努力が足りなかった、というそれだけの理由だと思うんです。

バレンタインデーが人気なのは、単純に、お菓子屋さんやスーパーやデパートががんばってるからです。
バレンタインデーが近づくと、お店には特設のバレンタインコーナーができて、バレンタイン用の、ちょっと高そうなチョコレートがいっぱい並ぶわけです。お菓子屋やスーパーやデパートは、バレンタインデーのための特別なチョコを、ちゃんと用意している。
これがもし、いつもと同じチョコレート、明治のミルクチョコレートとかマーブルチョコとかアポロチョコとか、ふだんと変わらない品揃えだったとしたら、どうでしょう。「そろそろバレンタインだから、チョコ買わなきゃ」と思って明治のミルクチョコレートとかマーブルチョコとかアポロチョコとかを買う女性客は、いるわけありませんよね。
それに対して、本屋さんはどうか。サン・ジョルディの日が近づこうが当日になろうが、店頭には「サン・ジョルディの日のプレゼント用の本」なんて、一冊も並びません。つまり、口では「サン・ジョルディの日ですよ! 本買いましょう!」といったとしても、お店に並べているのは、いつもと変わらない明治のミルクチョコレートとかマーブルチョコとかアポロチョコとか、ということなんです。これではお客さんの心が動くはずがありません。
Wikipediaの記事では、カタルーニャ地方ではこの習慣が定着しているようなことが書いてありますが、それが本当なら、彼の地では本屋さんががんばったのでしょう。

日本でも、本気でサン・ジョルディの日を定着させたかったら、口先だけでなく商品で、この日をアピールしなくてはいけなかったんです。
たとえば、
「サン・ジョルディの日限定! エルメスの総革文庫『紋切型辞典』」
「サン・ジョルディの日限定! ポール・スミスデザインの布製単行本『ボートの三人男』(広げればジャケットになるよ!)」
「サン・ジョルディの日限定! タグホイヤーの腕時計型本『失われた時を求めて』(100m防水機能付き!)」
なんてのがドカドカと店頭に積まれていたとしたら、限定、しかもブランド物ですから、それだけでじゅうぶん話題になったことでしょう。
マスコミに取り上げられ、「anan」で特集が組まれ、春先から今年のサン・ジョルディの日の特製本のラインナップが気になってそわそわする、ということになったはずです。

そんなに高価なものは買えないわ、どうせ彼からもらえるのは花束だけなんだし、というかたのためには、ふだんの本よりちょっと高めの「サン・ジョルディの日限定の特製デザイン本」を用意すればよかったんです。
たとえば、
「よく見ると読点(「。」のことです)がすべてハート形になってる」
「やっぱり既製品じゃダメ! 世界にひとつだけの本がつくれる手作り本作成キット」
「判型がハート形」
「主人公とヒロインの名前が、あなたと彼の名前に置き換えてある本(1週間前までにご注文ください)」
とかいうの。
こんな本が積んであったら、ほらね、なんとなく、買って彼に贈ってもいいような気がしてきますよね。別に相手がいなくても、
「自分用に、ハート形の特製『一瞬の風になれ』買っちゃおっかなー」
という女子も多かったことでしょう。バレンタインデーほどではなくとも、サン・ジョルディの日が近づくにつれ、本屋さんの店頭は女子たちの熱気であふれるようになっていたのではあるまいか。

‥‥と、今さら悔やんでも、しかたがないですよね。過ぎたことは、いさぎよくあきらめましょう。サン・ジョルディの日よ、さようなら!
そして、未来へ、前へと目を向けようではありませんか。4月23日は、今や「子ども読書の日」なんです(そうなんですよ。ご存知でしたか?)。子どもたち、あるいは両親や祖父母を相手に、どうすれば本を買ってもらえるのか、じっくりと広告戦略を練りましょう。
その際、大いに参考になるのは、サン・ジョルディの日の失敗です。失敗は成功の母。ここから学ぶことは、決して少なくはありません。
「子ども読書の日」にふさわしい本として、とりあえずは、そうですね、
「子ども読書の日限定! ポケモンカード付き絵本」
なんてのはどうでしょうか(安易すぎる)。
posted by 清太郎 at 07:56| Comment(7) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

太宰治生誕百年のマスコットキャラ

奈良遷都1300年祭のマスコットキャラが、「ひどすぎる」「キモイ」「罰当たり」「子どもが泣く」などとさんざん叩かれて、それでも愛称が「せんとくん」に決まったり、一方で市民グループが独自にキャラを応募したりして盛り上がっています。

sentokun.gif

個人的な感想としては、あれは彦根のひこにゃんと比べるからいけないのであって、ローカルなイベントのマスコットとしてはあのくらいが身分相応のような気がするんだけど。
それにまた、以前から籔内佐斗司さんの彫刻のファンなので、こんなことになっちゃってなんだかかわいそうだなあ、とも思います。

っていうか、籔内キャラ、もっとちゃんと評価しようではありませんか。奈良遷都でダメなら、わが本業界で積極的に採用しましょう。
ということで、本関連の大型イベントといえば、来年2009年は、太宰治生誕百年。このイベント(というほどのイベントになるのかどうかはさておき)のマスコットキャラを、ぜひとも籔内佐斗司さんにデザインしていただきたい。
たとえば、こんな感じになることでしょう(トレースがてきとうなので顔がちょっと違ってますが)。「おさむくん」です。

dazai01.gif

‥‥えーと、誰ですか、これ。うーん、イマイチ太宰っぽく見えないよね‥‥。
洋服だからダメなのかしら。和装にすればいいのかな。

dazai02wafuku.gif

‥‥うーん、服装の問題ではないのかな。
口元をちょっとニヒルな感じにしてみるとか。

dazai03wafuku.gif

‥‥微妙です。籔内キャラで太宰は無理なのかも。
いや、太宰治本人にこだわることはないですよね。太宰作品の中からモチーフを探せばいい。
たとえば、「走れメロス」のメロスを使って、「めろすくん」というのはどうでしょう。

merosu01.gif

うーむ、これでは、メロスだかセリヌンティウスだか一般の市民だかわかんないですよね。
メロスなら、やっぱり、真っ裸でしょう。

merosu02.gif

‥‥なんだか、よくわかんないけど違うイベントのマスコットになってそうです。

それにしても、これ、何にでも応用がききそうですよね。たくさんバリエーションがあるキューピーちゃんみたい。
ドストエフスキー生誕200年記念イベントの際には、「どすとくん」をマスコットにしてほしいものです。

dosuto.gif

以上、よく考えると、籔内佐斗司キャラに対して、たいへん失礼な内容になってしまいました。ごめんなさい。
posted by 清太郎 at 19:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

岩波文庫を北京五輪に参加させる

世間では、本屋大賞が伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」に決まったりしてますが(まあ順当か。近藤史恵「サクリファイス」は2位でした)、そんなことより注目すべきなのは、当然のことながら、北京五輪です。開催が間近に迫り、チベットとかヨーロッパとか、世界各地で盛り上がってきましたね。本番で何が起きるのか、北京のあやしいお土産物屋さんで聖火(トーチのレプリカなんかじゃなくて)が販売されたりするのか(2,000元くらいかな)、今からワクワクです。

ところで、この北京五輪のマスコット、ペイペイやらフアンフアンやら、どれがどれだかわからないけど、5体のちびっ子キャラです。「意外に萌え」「ビミョー」などといった評価はさておき、赤、緑、青、黄、黒の組み合わせは、もちろん五輪の5つの輪の色を表したもの。

sy.jpg

で、赤、緑、青、黄、黒って、あらためて見てみると、これって、岩波文庫の色に近いですよね。まあ岩波文庫の「政治・法律・経済・社会」は白で、黒ではないんだけど、白も黒も考えようによっては同じようなものだし。北京五輪のマスコットだって、黒におさまっているのは、半分は白いパンダをモチーフにしたキャラなんだし。5体のマスコットのそれぞれの中に、岩波文庫五人姉妹の、あかりちゃんやみどりちゃんが入ってるかも! と考えると、それはそれで、萌えます。

さて、こうしてオリンピックと岩波文庫の関係が明らかとなったわけですから、われわれ本読みとしては、是非とも検討しなくてはなりません。
何をか。無論、
「岩波文庫も、北京五輪に参加させるべきではないか!」
ということを、です。
今なら、まだ間に合います。可及的すみやかに代表選考会を開催し、北京五輪に送り込むべき岩波文庫代表を決めようではありませんか。
たとえば‥‥。

マラソン(男子):「走れメロス」太宰治
文句なしの満場一致で、代表に選出です。ただし、ゴールするころには、なぜか真っ裸です。

400mリレー(男子):「五足の靴」五人づれ
北原白秋や与謝野寛ら5人が旅に出て、匿名で書いた九州紀行「五足の靴」。1人は補欠ってことで。

400mリレー(女子):「好色五人女」井原西鶴
同じく、1人は補欠。

柔道(男子):「三四郎」夏目漱石
相手が「三四郎って、あの姿三四郎のこと!?」と一瞬ひるんだ隙を突く戦法ってことで。

フェンシング(サーブル):「護寺院原の敵討」森鴎外
剣道が競技種目にあればもっとよかったんだけど。

体操(男子個人):「聖母と軽業師」アナトール・フランス
修道僧になった純朴な軽業師の信仰が奇蹟を起こす‥‥。観客総立ちの演技です。

カヌー(カヤックペア):「高瀬舟」森鴎外
あまりの哀れさに、観客は応援しながら号泣せずにはいられません。

カヌー(カナディアンペア):「ハックルベリー・フィンの冒険」マーク・トウェイン
こちらの観客はハラハラドキドキ、手に汗握って観戦です。

砲丸投げ(女子):「蜜柑」芥川龍之介
代表枠が空いていたので、とりあえず投げるのが得意そうな作品を入れておきました。ただし、蜜柑より重いものを投げられるかどうかは未知数。

バドミントン ダブルス(女子):「二人比丘尼色懺悔」尾崎紅葉
ある草庵で出会ったふたりの比丘尼は、偶然にもかつて同じ若い武士を愛していた‥‥、という息のあったコンビ。立ち上る色香は、オグシオなんてメじゃありません。
※ちなみに、ビーチバレー女子には、谷崎潤一郎「卍」が代表に選出されました。

50km競歩(男子):「日和下駄」永井荷風
まあ、散歩文学の名品ですから。下駄履きで参加しちゃいます。ほかにも「おくのほそ道」や「暗夜行路」、「オデュッセイア」などが名乗り出て、代表選考レースは激戦でした。

20km競歩(女子):「娘巡礼記」高群逸枝
大正時代に女子ただ一人、恋を捨て、職を捨て、悩みながら四国八十八ヶ所巡礼をした実績を評価されて代表入り(五輪開催地がパリならば、林芙美子「下駄で歩いた巴里」に分があったかもしれないが)。沿道で萌えながら声援を送りましょう。

高飛び込み(女子):「アンナ・カレーニナ」トルストイ
飛び込むまでずいぶん時間がかかること(文庫3巻分くらい)のが玉に瑕ですが。

陸上トラック競技や水泳など、まだまだメジャーな種目の代表枠が空いてますので、皆さんもいろいろ選考してみてください。
将来的には、IOC内でもっと政治力をつけて、「蜘蛛の糸のぼり」「蒲団の匂い嗅ぎ」など、岩波文庫に有利そうな競技種目の導入を働きかけたいものです。
posted by 清太郎 at 13:08| Comment(7) | TrackBack(1) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

休止のお知らせ

えー、ご覧の通り、このところ更新が滞っておりまして面目ない。
読者の皆様の中には、ひょっとしたら、
「清太郎さんは、死んじゃったのかしら」
と心配している女子中学生のかたなどがおられるかもしれませんが、いちおう大丈夫です。生きております。
ただまあ、生きているとはいえ、ブログを更新するには、ちょっとアレがアレで、えーと、まあなんというかそれなりの事情がございまして、でもって、その事情は当分のところ改善されなさそうです。

ということで、突然で申し訳ありませんが、新年度で区切りのいいことでもありますし、とりあえず、本日をもちまして、「本読みHPブログ」は無期限休止、とさせていただきます。(ついでに、事実上休止状態になってる本家サイト「本読みHP」も。)
コンテンツはそのままにしておきますので、過去ログの閲覧はご随意にどうぞ。
サイト開設から7年半、このブログの前身「ネタメモ帳」をつくってから丸4年、思い返せばあんなことやこんなことがいろいろございました。ここまでやってこられたのも、女子中学生のかたをはじめとする読者の皆様のおかげかと思います。まことにありがとうございます。

それでは皆様、ごきげんよう。
さようなら。



そしてもちろん、以上はウソです。エイプリルフールです。今後ともよろしくお願いします。ただ、ちょっと事情がアレでアレなので、しばらくは滞りがちになるかもしれません。ご容赦ください。
posted by 清太郎 at 14:48| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。