2007年05月26日

ニセモノ小説

先日、中国の偽ディズニーランドみたいなのが話題になっていましたが、ああいうのって、微妙に「似せない」ことがキモなんでしょうか。お金がからむと「ケシカラン!」話なのかもしれないけど、端から見ているぶんには、あのなんともいえない脱力的なヘタウマ加減(いや、ヘタなだけでウマくはないのか)が楽しいので、この手のネタはけっこう好きです(他にも、ロッテだと思ったら「ロッチ」だった、とか、そういうの)。

それにしても、いつもニュースになるニセモノは、こうしたディズニーやドラえもんといったキャラクターばかり。ニセモノが出回るほどになる、というのが人気の指標のひとつだとすれば、われらが本業界にも、もっとがんばってもらいたいものです(あ、いや、もちろん、「最近、本物の小説が一体どこにあるというのだ!」というようなブンガク的な皮肉を言いたいわけではありません)。

アジア諸国では、村上春樹やよしもとばななの海賊版が出回っているそうですが、海賊版ではつまんないですよね。求めるべきは「ニセモノ」です。偽ミッキーや偽ドラに通じる脱力感がほしい。
たとえば、
・「ノルウェイの森」とか「ねじまき鳥クロニクル」とか、見た目は村上春樹そのものなんだけど、読み進めると、主人公がぜんぜん女の子にモテない。
・「キッチン」とか「TSUGUMI」とか、内容はよしもとばななそのものなんだけど、作者の名前が「よしもとマンゴー」になってる。
・見た目も内容もほとんど京極夏彦の京極堂シリーズそのままなんだけど、よく目を凝らすと、登場人物の名前が微妙に違ってる。榎木津礼二郎が「札二郎」になってるとか。
・「V.」とか「重力の虹」とか、ピンチョンの小説なんだけど、著者近影が載っている(しかも、けっこうカッコイイ)。
・「東京タワー オトンとボクと、時々、オカン」。
・「人は見た目が8割」。
ニセモノと知らずにこういう本を買ってしまい、読んでる途中で「わ、これ、ニセモノだった」と気づいたとしたら‥‥、それはそれで、なんだか嬉しいような気がするんですが、どうでしょうか。


posted by 清太郎 at 15:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。