2007年05月08日

覆面作家の覆面剥ぎデスマッチ

昨日の記事の最後にちょっと書いた「覆面」で思いついたのだけど、覆面といえばタイガーマスクを持ちだすまでもなく、
「覆面剥ぎデスマッチ」
ですよね。隠されるほど見たくなり、覆面をかぶっていたら剥ぎ取りたくなるのが人のサガ。負けたら覆面を剥がれ、本当の顔を白日のもとにさらすのだ!という覆面剥ぎデスマッチに、興奮しない人はいません。

ところで、本業界にも覆面、いますよね。いわゆる覆面作家。今ではオッサンであることが知れ渡ってしまった北村薫も当初は覆面作家として「どんな美女がこの作品を書いているのか」とウブな読書家中学生の心をいたずらにもてあそんだものですし、古くはジョージ・エリオットとか、あるいはジェイムズ・ティプトリー・ジュニアなど男性名の女性作家、ヤスミナ・カドラのような女性名の男性作家もいます。覆面書評家の狐、というのもいました。最近の覆面作家の代表格は、舞城王太郎でしょうか。

そんな覆面作家が、自らの正体をかけて誌上で競う、
「覆面作家の覆面剥ぎデスマッチ」
が実現したら、これはもう、ファンならずとも本好きなら注目しないではいられないはずです。二人の覆面作家がひとつの媒体に1作品ずつ、これぞという入魂の新作を発表し、審査員が評定(単純に、読者投票でもいいかな)。敗者は次号、あるいは次々号で、これまで秘め隠していた素顔はもちろん、子ども時代の写真や住まい、仕事場や本棚、引き出しの中まで、もうぜーんぶ大公開のカラーグラビアで正体を明かします。
勝者にはもちろん優れた作品を書いたという名誉が与えられますが、敗者もこれがきっかけで人気が出たりして、どっちもお得。
菊池寛がもっとしつこく生きていたら、ぜったい文藝春秋誌の名物企画になっていたのでは、と思います。(菊池寛以降、こういう出版界の剛腕プロモーターみたいな人はいるのかしら?)

ということで、文藝春秋じゃなくていいから、どこかでやらないものか。
世紀の対決! 舞城王太郎 VS‥‥
えーと、誰か他に、覆面作家って、いるっけ。
ピンチョンでは大物すぎるし‥‥。

この企画、いきなり挫折。まずは覆面作家をデビューさせるところから始めなくちゃいけませんでした。


posted by 清太郎 at 13:15| Comment(7) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。