2006年06月22日

積ん○

「積ん読」という言葉は、少なくとも、今ここをご覧になってるかたにとっては別に耳新しいものではないでしょう。が、よく考えてみるとこの言葉、センスはともかく機能的には、簡にして要を得た、なかなかうまい言い回しではないでしょうか。
「あるものを買ったけれども、手を付けずに放置してある」
という状態を、その「あるもの」が何であるかも含めて、わずか4文字(漢字にすれば3文字あるいは2文字)で表しているわけですから。
ところが、こんなに便利な言葉だというのに、残念ながら、本ではない他のものには、あまり転用されていないようです。
例外的なのがゲームで、Googleで「積みゲー」を検索すると、約16万3,000件という結果が出ました(2006.6.22現在のデータ、以下同様)。しかし他のものについては、いかにも積んでそうなものを思いつくままにいろいろと検索にかけてみるのですが、たいしたヒット件数が出ない。たとえば‥‥

・CDやレコードなど:「積ん聴」30件、「積ん盤」2件、「積んレコ」1件
・ビデオやDVDなど:「積ん録」91件、「積ん観」14件、「積んビデ」2件
・プラモデル:「積んプラ」11件
・洋服など:「積ん服」「積ん着」「積ん靴」0件
・ワインやウイスキーなど:「積ん酒」「積ん飲」0件
・食器:「積ん器」「積ん食」0件
・カメラ:「積んカメ」「積ん撮」0件
・釣り竿:「積ん竿」「積ん釣」0件

あるいは「積ん○」の表現を使わずとも、その分野に特有の言い回しがあるのかもしれませんが(着るもの、とくに着物については、「箪笥の肥やし」がありますが、「積ん○」とは微妙にニュアンスが違う気がします)、せっかくの便利な造語なんですから、もっといろんなジャンルで使って欲しいと思います。

もしかしたら、テレビなんかでお金持ちの人が、
「この前レクサス買ったんだけど、ぜんぜん乗るひまがなくて、積ん車してます」
などとコメントすると、いきなり流行るかもしれませんが‥‥。
posted by 清太郎 at 18:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

かんたん犬ごはん

獣医師さんが書いた『かんたん犬ごはん』(須崎恭彦著、女子栄養大学出版部)という本が出ています。「ネギ類や塩分の多い食品など、与えてはいけない食べ物を示しながら、おじややめん類などの料理を紹介」しているそうです。

私はいちおう犬好きですが、いちおう程度にしか好きじゃないので、このあたりのことについてはよく知りませんでした。犬のためのレシピ本って、いろいろ出てるんですね。
『わんこカフェ―愛犬のためのごはんとおやつのレシピ』『かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食』『ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん』『 愛犬の健康を考えた手作りレシピ―ごはんとおやつ35品』『HAND MADE DOGおやつ本―手作りで楽しむ愛犬のおやつと小もの』など、amazonで調べるといっぱい出てきます。

そのうちの一冊くらい、何気なく購入して、おうちでページを開いてみたら、
・チワワの丸揚げ
・フレンチブルドッグの煮っ転がし
・雑種犬のハンバーグ
などが並んでいて、
「犬のためのレシピじゃなくて、犬を使ったレシピだったか」
ということになると、シュールで楽しそうですが、そういうことを言うと、本当の犬好きのかたから怒られそうです。

ちなみに、類書に『ペットフードで健康になる』(光人社)というのもあって、これなんかはタイトルだけ見れば、「青汁で健康になる」「重奏で健康になる」「雑穀で健康になる」のような、新手の健康・ダイエット本のようです。
posted by 清太郎 at 16:11| Comment(5) | TrackBack(1) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

無限と有限

職場の近くの料理屋で、従業員募集の告知が出ていました。
いわく、
「活躍のフィールドは無限大!」
なのに、
「キッチン・ホールスタッフ募集」

いや、活躍のフィールドは、ぜったい有限だと思います。
posted by 清太郎 at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 言葉ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

披露宴のスピーチ

昨日、友人の披露宴に出席してきました。こういう席につきものなのがスピーチですが、新郎の上司の話の中で。
「ロシアの文豪が、こういうことを言っています」
と、引用したのが、
「幸福な家庭はみな似通っているが、不幸な家庭は不幸の相もさまざまである」

どうやら、これは「定番スピーチ集・結婚式編」などの文例に載っているものらしいのですが、しかし、えーと‥‥。
「読書感想文は1行読めば書ける!」の方でも以前取り上げたことがあるので今これを読んでおられる方はご存知かもしれませんが、この言葉はトルストイ『アンナ・カレーニナ』の冒頭の一節です。『アンナ・カレーニナ』といえば、カレーニンさんとこの奥さんが若い男と浮気して、挙げ句の果てに鉄道自殺しちゃう、というろくでもない話。まさか、それを知ったうえでスピーチを披露したわけではないでしょうが、ビミョーなところです。

責めるべきは、こんな言葉を引用するスピーチをつくった文例集の作成者なんでしょうが、とはいえ、この言葉自体もビミョー。いちおう意図としては、「幸福な家庭を築くために必要な要素がn個あるとすると、幸福な家庭とはそのn個の要素をすべて満たしたものであるから、1種類しかない。幸福な家庭を築くのは困難ではあるが、ふたりでがんばって実現してもらいたい」というような前向きな内容(当たり前だが)であることはわかります。
けれども、この言葉自体の力点はむしろ、「不幸な家庭はさまざま」の方でしょう。幸福な家庭を築くために必要な要素がn個あるとすると、そのどれが欠けても不幸になるわけですから、何種類になるかというと、えーと、k個の中からr個取りだしたときの組み合わせをkCrだっけ?とすると、k=1,2,3,.....(n-1)の場合があるから、全部で、えーと、よくわかんないけど、とにかく、そのくらいたくさんある。

でも実際のところ、そのn個のうちいくつか、いや、大部分が欠けていたとしても、じゅうぶん幸福な家庭は築けるのだし、むしろ「幸福な家庭を築くためにn個ぜんぶ揃えなくちゃ」と思った途端、その家庭は不幸になってしまう気がします。
トルストイは『アンナ・カレーニナ』を書くために、この言葉を書いたにすぎないのであって、この言葉自体は世界の真実でも何でもありませんし、こんなものに踊らされてはいけません。
月並みですが、幸福のかたちもまたさまざま、まあ、ようは、気の持ちようってことで。

ということを、私からの、新郎新婦への贈る言葉とさせていただこうかと思う次第です。
posted by 清太郎 at 12:35| Comment(4) | TrackBack(1) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

探偵業法

「探偵業法案」というのが5月に衆議院を通過していたそうです。探偵業の届けがない者による、尾行やら無断撮影といった行為を規制するもので、探偵業界(国内に3000社くらいあるらしい)の長年の悲願がようやく実った、のだそうですが、一方ではフリーのジャーナリストなどの取材行為を妨げる方向に濫用もされそうな法案であるため、メディア業界からは問題視されてる、とのことです。

まあそのあたりの難しい話はさておくとして、この法案が施行され、各探偵業者に届け出が義務づけられると、やっぱりあれなんでしょうか。警察手帳のような、
「探偵手帳」
が発行されるんでしょうか。聞いただけで、わくわくします。

「きみっ、何をしてるんだね、ひとのあとをつけてくるとは、けしからん!」
「いえ、あやしい者ではありません。私は探偵です」
「た、探偵だと! しょ、証拠はあるのか、エッ」
「これをご覧になれば、わかること」
と、胸ポケットからおもむろに取りだしたのが、茶色い革の探偵手帳。その最初の1ページ目のところに燦然と輝くのは、かのシャーロック・ホームズの御近影‥‥!
格好良いではありませんか。

ついでに、探偵業者にはユニフォームとして、ホームズ風の曲がりくねったパイプの携帯、および鹿撃ち帽とインバネスの着用を義務づけてはどうでしょうか。
「そんな目立つ格好をしては、尾行ができん」
という声も上がりそうですが、この格好良いスタイルが流行ると一般の人もマネするようになり、そうなると、
「木を隠すには森の中がいちばん」
というわけで、誰が本当の探偵で誰がそうでないかがよくわからなくなって、いいような気がします。


それはそれとして、ちょっと気になったのでググってみました。インバネス。ちゃんと買えるんですね。しかもフルオーダーで。
http://www.csskk.co.jp/tailor_sankei/05_page1.html
このサイトによると、
「袖が付いているとインバネスと言い、袖なしコートにケープがついたものをトンビと言います」
なるほど、知らなかった。

でもって、
「トンビを着用されたお客様のご感想」
が素敵です。

「予想していた以上の仕上がりに感激しています。 早速当方の野袴と併せてみましたが表現しがたいほどの雰囲気を持っています。」
※右写真の方のご感想ではありません。

あらまっ、表現しがたいほどの雰囲気ですってよ! 奥さん!
私も欲しくなりました。
でも、買う前に、「野袴」を買わなきゃ。
‥‥って、野袴って何?
posted by 清太郎 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

やってみよう! 本つなぎゲーム

「友達の友達をたどっていくと、6ステップで世界中のどの人とも繋がる」という話があります。ひとりの人の友達の数が24人(25人?)とすると、その友達にも24人の友達がいて、さらにその友達の友達にも24人の‥‥、と24の7乗で、人間の総人口をカバーできる、というものです。

これと同じようなことを、本でやってみる、という遊びを思いつきました。
Amazonで本を検索すると、
「この本を買った人はこんな本も買っています」
の類似商品リストが出ますよね。これをたどっていって、任意の本に辿り着くことができるかどうか。
たとえば、昨日読み終わった石川淳の『紫苑物語』(講談社文芸文庫)から、ベストセラーの藤原正彦『国家の品格』まで、どのくらい辿っていけばいいのか。
ルールは、ひとつだけ。最初に出てくる5冊の中から選ぶこと(「類似商品について」をクリックするともっとたくさん出てくるんですが、それは無視)。

実際にチャレンジしてみましょう。(データは2006年6月6日現在のものです)
まず『紫苑物語』を検索すると、これを買った人は、次の5冊を買っています。
・安吾のいる風景・敗荷落日講談社文芸文庫
・狂風記 (下)
・狂風記 (上)
・新釈古事記
・一個・秋その他
最後のは永井龍男(この本はオススメ!)で、残りは石川淳です。『国家の品格』へは、できるだけメジャーっぽい、わかりやすそうな、関係ない人の興味を引きそうな本を選んでいけばいいような気がします。この中では、迷うことなく『新釈古事記』でしょう。

そうすると、『新釈古事記』を買った人がほかに買っているのは、
・現代語訳 古事記 河出文庫  福永 武彦 (編集)
・紫苑物語 講談社文芸文庫  石川 淳 (著)
・古事記注釈〈第1巻〉 ちくま学芸文庫  西郷 信綱 (著)
・古事記 岩波文庫  倉野 憲司
・古事記 学研M文庫  梅原 猛 (著)
最後の梅原猛も気になりますが、とりあえず、福永武彦編の『現代語訳 古事記』に行ってみます。(5冊のうち必ず1冊は、前のページの本なので、以後は4冊の中から選んでいくことになりますね。)

次のリストがこれ。
・日本書紀〈上〉 講談社学術文庫  宇治谷 孟 (翻訳)
・わかりやすい日本の神話 中公文庫  出雲井 晶 (著)
・日本書紀〈下〉 講談社学術文庫  宇治谷 孟 (著)
・楽しい古事記 角川文庫  阿刀田 高 (著)
・現代語訳 日本書紀 河出文庫  福永 武彦 (翻訳)
なかなか日本神話の世界から抜けられません。わかりやすいこと、メジャーであることを考えると、2番目の本がいいでしょうか。えいっ、クリック。

・日本人なら知っておきたい古代神話 KAWADE夢新書  武光 誠 (著)
・現代語訳 日本書紀 河出文庫  福永 武彦 (翻訳)
・古事記の読み方―八百万の神の物語 岩波新書 坂本 勝 (著)
・日本神話入門―『古事記』をよむ 岩波ジュニア新書 阪下 圭八 (著)
・日本書紀〈上〉 講談社学術文庫  宇治谷 孟 (翻訳)
うーん、なかなか代わり映えがしません。子ども向けの岩波ジュニア新書なら、どうかしら。4番目の本をクリック。

・古事記の読み方―八百万の神の物語 岩波新書 坂本 勝 (著)
・砂糖の世界史 岩波ジュニア新書  川北 稔 (著)
・天文学入門―カラー版 岩波ジュニア新書 嶺重 慎 (編集), 有本 淳一 (編集)
・日本科学の先駆者 高峰譲吉―アドレナリン発見物語 岩波ジュニア新書  山嶋 哲盛 (著)
・数学とっておきの12話 岩波ジュニア新書  片山 孝次 (著)
おっ、ついに神話から抜けられました。しかも、数学関連の本が出てます! 藤原正彦は数学者。『数学とっておきの12話』から、何とか『国家の品格』に辿り着けそう‥‥。と思ったのですが、なかなかうまくいきませんでした。むぐー。(実際にやってみてください。もしかしたら、うまいルートがあるかも。)

では『天文学入門』ではどうか、と思って、クリックすると、
・日本科学の先駆者 高峰譲吉―アドレナリン発見物語 岩波ジュニア新書  山嶋 哲盛 (著)
・数学とっておきの12話 岩波ジュニア新書  片山 孝次 (著)
・砂糖の世界史 岩波ジュニア新書  川北 稔 (著)
・ゾウの歩んできた道 岩波ジュニア新書  小原 秀雄 (著)
・宇宙と生命の起源 岩波ジュニア新書  嶺重 慎 (著)
なんだか数学と関連なくなっちゃいましたが、試しに『日本科学の先駆者 高峰譲吉』をクリック。

・科学に魅せられた日本人 岩波ジュニア新書  吉原 賢二 (著)
・天才の栄光と挫折―数学者列伝 新潮選書  藤原 正彦 (著)
・南方熊楠―森羅万象を見つめた少年 岩波ジュニア新書  飯倉 照平 (著)
・数学とっておきの12話 岩波ジュニア新書  片山 孝次 (著)
・ゾウの歩んできた道 岩波ジュニア新書  小原 秀雄 (著)
あら! やった! いきなり藤原正彦の名前が!
もちろん、2番目の本を選択。

・祖国とは国語 新潮文庫  藤原 正彦 (著)
・流れる星は生きている 中公文庫BIBLIO20世紀  藤原 てい (著)
・この国のけじめ  藤原 正彦 (著)
・世にも美しい日本語入門 ちくまプリマー新書  安野 光雅 (著), 藤原 正彦 (著)
・国家の品格 新潮新書  藤原 正彦 (著)
わーい、ついに『国家の品格』! ようやく辿り着けました。

まとめると、
紫苑物語→現代語訳 古事記→わかりやすい日本の神話→日本神話入門→天文学入門→日本科学の先駆者 高峰譲吉→天才の栄光と挫折→国家の品格
8ステップ目で、ゴールでした。
予想外のつながりがあったりして、なかなかおもしろいです。
posted by 清太郎 at 19:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

村上龍でサッカー

ワールドカップ開催まで、あと1週間です。
本好きのかたの中には、
「サッカーなんて興味ないもんね」
という人も多いかと思いますが、しかしそれではもったいない。日本はもちろん、世界中の人が熱狂するお祭り騒ぎなのですから、仲間入りしようではありませんか。
とはいえ、付け焼刃で、
「ロナウジーニョってさー」
などとツウぶったことを言ってもしょうがないので、やはり本好きは本好きらしく、自分の土俵で勝負するのがいちばんです。
とりあえずは、自分のお気に入りの作家を使って、
「作品チームをつくる」
というところから始めてはどうでしょうか。
「この作品は、DFよりもMF向けだなあ」
「おっ、これは絶対GK」
などといろいろ考えてみるのは、楽しそうです。

例として、自他共に認めるサッカーファンの村上龍で、チームをつくってみましょう。
(村上龍作品ほとんど読んでないので、作品に対する誤解があったら、ごめんなさい。)

ぜひメンバーに入れたいのは、やはりこれだけは外せない、『限りなく透明に近いブルー』。大物選手ですが、しかし、DFや、ましてやGKは、任せられません。
「スルッとボールが抜けちゃった」
などと、どんどん点を入れられてしまいそうです。
あるいは、大物ではありますが、サッカーだけに、『テニスボーイの憂鬱』、これをスタメンに入れるのはちょっとどうかと思います。
「オレ、テニスしかできないんだけど‥‥」
と、ホントにテニスボーイが憂鬱になりそうです。

というようなことを考えながら、ためしにスタメンを組んでみました。

GK:盾 SHIELD (タイトルからして、これ以外にないでしょう)
DF:イン・ザ・ミソスープ (反則すれすれのプレイが持ち味です)
   共生虫 (引きこもってます)
   ピアッシング (得体の知れない威圧感があります)
   エクスタシー (相手を魅惑しちゃいます)
MF:限りなく透明に近いブルー (スルーパスが得意です)
   愛と幻想のファシズム (司令塔?)
   フィジーの小人 (日本に帰化しました)
   コインロッカー・ベイビーズ (強烈な暗黒パワーで、ぐいぐい引っ張ります)
FW:悪魔のパス 天使のゴール (サッカー小説ですし、コネでスタメン入り)
   ヒュウガ・ウイルス (小次郎ではありませんが、ヒュウガ君です)

[控え]
GK:テニスボーイの憂鬱 (サッカーは素人ですが、スター性はあります)
DF:あの金で何が買えたか (負け試合に投入)
   コックサッカーブルース (いや、これはサッカー小説じゃありませんでした)
MF:69 sixty nine (とにかく、若い力で)
   半島を出よ (よくわかんないけど、攻撃的MFという感じ)
FW:走れ! タカハシ (後半、残り15分くらいで投入したい)
   タナトス (よくわかんないけど、「必殺!タナトスシュート!!」とかいうと、強そう)

全体として攻撃的なチームのようです。守備はGK頼みで、いまひとつな感じです。
これを参考に、皆さんもサッカーチームをつくってみませんか。
うまくできたら、村上龍チームと試合しましょう。(どうやって?)

っていうか、村上龍ほとんど読んでない私には、村上龍でサッカーチームなんて、これこそまさに付け焼刃でした。ゴメンナサイ。
posted by 清太郎 at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

メイドの品格/きょうのメイドさん

このごろはハリー・ポッターの新刊とダ・ヴィンチ・コードばかりが話題になってますが、『国家の品格』もあいかわらず売れているようですね。
ハリー・ポッターやダ・ヴィンチ・コードで『ハリー・ポッター大事典』『「ハリー・ポッター」が英語で楽しく読める本』『ダ・ヴィンチ・コード最終解読』『ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド』などなど、あれだけいろいろ関連本が出てるのだから、『国家の品格』でもぜひ関連本を出して欲しい。
と思って、ぜったい売れそうな企画を考えてみました。(しかも、『国家の品格』を読んでない層にも激しくうったえそうな内容です。)

『国家の品格』は、Amazonに掲載されている紹介をまとめると、

日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。いま日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。すべての日本人に誇りと自信を与える画期的日本論。

ということらしいのですが、これをヒントに、こんなのはどうでしょう。
『メイドの品格』

メイドは世界で唯一の「情緒と形の文化」である。いま日本に必要なのは、論理よりもメイド、英語よりもメイド、民主主義よりもメイドであり、「メイドの品格」を取り戻すことである。すべての日本人に誇りと自信を与える画期的メイド論。

‥‥って、いや、ぜんぜん関連本じゃないですよね。ダメだ。

メイドを生かすのなら、『国家の品格』ではなく、先日2巻が出た『きょうの猫村さん』のほうがいいのかも。題して、
『きょうのメイドさん』

「メイドに何ができるっての」 すくっ キリリ ‥‥むむむ「つ、使えるね、メイド!!」
「その昔『メイド村』っていう平和な村があったの‥‥ みんなとっても働きメイドで村は発展していたの‥‥」
「ニンジンや玉ねぎやピーマンやら小魚なんかも細かくしてメイドライスにしてしまえば、ぼっちゃんの鉱物になってしまったのよ‥‥」
「おい見たかよ、あのメイド、エプロンに“メイド”って書いちゃってるじゃん」「外国語だと思ってちっとも気付かなかったけど!! コレ“メイド”って書いてるの?」

こっちのほうが『メイドの品格』よりよさそうなのだけど、でもやっぱり関連本でも何でもないよね。ダメでした‥‥。
posted by 清太郎 at 13:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

勝手にハリー・ポッター

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が出てしばらくたちましたが、それなりに着々と売れているようですね。
1巻しか読んだことなくて、しかも内容もうろおぼえの私には、今どうなってるのか皆目見当がつきません。
だからといって、読めばわかることについて読まないまま考えても意味がないので、このシリーズの本当のストーリーではなく、タイトルから想像できる、いかにもありがちでてきとうなストーリーを考えてみました。

■1 ハリー・ポッターと賢者の石

幼いころに両親を失い、いじわるな親戚のうちで育ったハリー少年。ある日、両親の死の、そして彼らの正体についての真実を知ってしまう。ハリーの母カラマンサは強大な魔法使いであり、邪悪な魔法使いヴォルデモートによって、闇の冥界へと封じ込められたというのだ。闇の冥界から母を救い出すためには、未知なるエネルギーの源という幻の秘宝、賢者の石が必要だ! 熱い決意を胸に、賢者の石を求めて旅立つハリー。行く手には、さまざまな苦難がハリーを待ち受ける。剣や弓で傷つくことのない不死身の獣人、音もなく忍び寄る黒衣の暗殺教団、色香によって旅人を惑わせる美貌の妖女。だが、その苦難は同時にハリーにとって、これから冒険を共にすべき真実の仲間との出会いでもあった。獣人ダンブルドア、暗殺教団の教主ロン、そして妖女ハーマイオニー。壮絶な戦いを繰り広げる中で、お互いに友情が芽生えたのだ。戦いにやぶれた彼らは、ハリーへの友情を誓い、ともに旅をすることになる。そして、ついに行き着いた暗黒のホグワーツ城でハリーたちが見たものは‥‥!?


■2 ハリー・ポッターと秘密の部屋

激闘の末、ホグワーツ城を支配する邪悪な魔法使いヴォルデモートを倒したハリー。しかし黒い炎に焼き尽くされながら、ヴォルデモートが嘲笑とともに叫んだのは、「おまえにあの秘密の部屋が見つかるものか」。この城の奥深く、どこかに隠された小部屋がある。そこに秘密が眠っているのだ。必死の捜索を繰り広げるハリーたち一行。襲いかかる魔物を倒しつつ、ようやく、それらしき小部屋を発見! だが、ああ、とんだ油断をしたものだ。部屋の照明のスイッチかと思ってロンが手を伸ばしたのが、実は邪神の牢獄への‥‥!?


■3 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

仕掛けられた罠にはまり、地の底の牢獄へ落ちてしまったハリーたち。そこには彼ら以外にも、囚われ人の姿があった! 500年の昔から囚われているという、アズカバン王国の王子だった。ヴォルデモートの卑劣な陰謀によって滅ぼされた王国、その亡国の王子の話を聞いているうち、妖女ハーマイオニーの同情は、いつしか別の感情へと変わっていく。それは彼女が初めて知る、切なくも甘い感情であった‥‥。しかし、一夜明けた翌朝、ハーマイオニーが目にしたのは、惨殺された王子の変わり果てた姿だった! ハリーたち以外、この牢獄に出入りした者はいない。いや、出口も入り口もないのだ。ここは地の底の牢獄。つまり‥‥、犯人はこの中にいる! 狂乱するハーマイオニー。疑心暗鬼に陥るハリーたち一行。誰が、何のために。それとも犯人は、もしかして、ハリー、あなたなの‥‥!?

■4 ハリー・ポッターと炎のゴブレット

王子のはらわたの中から見つかった炎のゴブレットの力によって、からくも地の底の牢獄を脱出することができたハリーたち。よみがえった邪悪な魔法使いヴォルデモートを、ゴブレットを武器に、ふたたび完膚なきまでに叩きのめした。だが、ほっとしたのも束の間、またもピンチが一行を襲う。ゴブレットから吹きだす炎が止まらないのだ! ちょっと、これ、どうしたらいいのよ! もしかしてこのゴブレットこそが、無尽蔵のエネルギーを秘めるという、あの賢者の石なのか!? だとすれば、あの禁断の呪文、ハリーが幼いころ、母カラマンサが教えてくれた、あの秘密の呪文が役に立つのかもしれない。灼熱に燃えるゴブレットに近づき、禁断の呪文を大声で叫ぶハリー。‥‥しかし、何も起こらなかった! これは賢者の石じゃないよー。見ればわかるでしょ! またしても冒険の仲間たちは分裂の危機に! だが間一髪、ハリーの振り上げた魔剣ニンバスが暗殺教団教主ロンを一刀両断しようとしたその刹那、灼熱の焔の中から大音響とともに姿を現したのが‥‥!?

■5 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ゴブレットの呪いから開放され、2000年の眠りからよみがえった不死鳥の騎士団。その名の通り、何度殺されても生き返っては戦い続ける、精強無比を誇る騎士団だ。その最強の騎士団が、今やハリーの意のままに! 旅の仲間たちの助けは、もう必要ない。それどころか、賢者の石なぞなくとも、この騎士団があれば‥‥! 彼らの強大な力を借りて、みたびよみがえった邪悪の魔法使いヴォルデモートを打ち倒したハリー。やった、ついにやったよママ、僕が世界に平和を取り戻したんだ!(って、そういう話だったっけ?) だが、常に戦い続ける不死鳥の騎士団は、さらなる戦いを欲した。彼らの存在意義は、戦いの中にのみある。戦いがなければ、みずからつくりだすのみ、と平和な町や村を蹂躙していく不死鳥の騎士団! 実は2000年前、彼らのその力を憂えた大魔法使いハグリッドが、賢者の石の力を使って、彼らを封印したのだ。なんだよー、やっぱり賢者の石が必要じゃんかよー。一度は袂をわかったハーマイオニーたちを訪ね、ふたたび賢者の石探索の旅への同行を申し出るハリー。だが、騎士団を率いて慢心したハリーの姿を目にしていた彼らは、今さら首を縦に振ろうとしなかった。打ちひしがれながら、失った友情の大きさを知るハリー。ああ、ごめんなさい、僕が悪かった、だから、お願いです、一緒に‥‥。そのとき、ハリーの前に現れたのは‥‥!?

■6 ハリー・ポッターと謎のプリンス

絶望の淵に沈んでいたハリーに手を差し伸べた仮面の王子。あなたは誰? しかし王子は、顔を覆う仮面を取ろうとしない。その声はどこかで聞いたことがある気がするけど、でも、いったい‥‥? そんなことを考えてる時間はない。今は一刻を争うのだ。行け、ハリー! 賢者の石を見つけるのだ! 王子に道を示され、単身旅に出るハリー。だが、かつては忠実なしもべだった不死鳥の騎士団が、二度と封印されまいと、ハリーに牙を剥くのだった。騎士団の精鋭たちに追いつめられ、取り囲まれたハリー。騎士たちは無表情のまま、引き絞った弓矢を一斉に放ち‥‥! ああっ、もうおしまいだ! 死を覚悟して目をつぶるハリー! ズドドドッ! 何かに弓矢が突き刺さる音に、ハリーが目を開くと‥‥。そこには、自分を見捨てたはずの不死身の獣人ダンブルドアの姿が! フッ、おまえとの友情を誓ったからな、とニヤリと笑うダンブルドア。ありがとう、ダンブルドア! でも、どうして僕がここにいるってわかったんだい。なんだか知らねえが、仮面の王子が現れて、おまえが危機だって教えてくれたんだ。ダンブルドアの力を借りてピンチを切り抜けたハリー。その後も襲いかかる不死鳥の騎士団によって追いつめられるが、そのたびに暗殺教団の教主ロン、そして妖女ハーマイオニーが戻ってきてくれた。やはり、謎の王子が現れたのだという。ああ、彼はいったい何者なんだ。ハリーたち4人は力をあわせ、不死鳥の騎士団の追跡をかわしながら、ついに‥‥。

■7 ハリー・ポッターと魔法の王国

怒濤の勢いで突き進むハリーの物語も、ついに大団円を迎える。ハリーたちは賢者の石を手に入れられるのか!? 不死鳥の騎士団との戦いの行方は!? そして、謎のプリンスの正体は!? すっかり忘れてたけど、ハリーの母カラマンサは闇の冥界からよみがえるのか!? すべての真実を手に入れたとき、最後にハリーがくだした決断とは!? 涙なくしては読めない、興奮と感動の結末がここにある!
posted by 清太郎 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

本バトン

本と活字が好きで好きでたまらぬ、はあはあ、もうダメ、というサイトを運営しているからには、いつかは回ってくるだろうと思っていたバトンが、ブログを開設したせいなのか、ついに私のところにも回ってきました。
「本バトン」
です。bookenmeiyerさんから。
こういう質問に答えるのは、心の中の真実をさらしてしまうようで恥ずかしいのですが、渡されたからには受けねばならぬ。以下、本バトンに答えてみました。


■1 本のどういうところが好きですか? ひとつだけ答えてください。

・ハードカバー本の小口の部分の、内側に湾曲した曲面部分。ページがつくりだすわずかな凹凸を指の腹で感じながら静かに撫でていると、時間のたつのを忘れます!!!

■2 大きな声ではいえない、ちょっと恥ずかしい本の萌えポイントを挙げてください。(3つまで)

・しおりの紐付き本の新刊で、本を開くと、うっすらと紐の跡が残っているところ。
・ビシッとしたハードカバーの新しい本なのだけど、わずかに1ヵ所、ページの隅が3ミリくらい折れてたりすると、もうダメ。鼻血。
・棚に並んでいる文庫本のカバーが本体とわずかにずれていて、カバーの下から本体部分がちょっとだけ、チラッとのぞいているところ。(わー、恥ずかしいことを告白してしまった!)

■3 恋人にするとしたら、どんな本がタイプ?

飾らないけれど、さり気なくおしゃれで、物柔らかで、ちょっと知的な感じがする本。見せびらかしたくなるような。紙は厚めでざらざらした手触りなんだけど、安っぽくなくて、ハードカバーよりもソフトカバーの方がいいかな。あまり厚くもなく、薄くもなく。ノンブル(ページを表す数字)が脇の方とかノドの方とか、変則的な場所に付いてたりすると、グッときちゃいます。復刊・復刻ものはイヤだけど、重版、できれば5、6刷は重ねてるような本がいいです。

■4 結婚するとしたら、どんな本がタイプ?

やっぱり、やさしくて、なんでも許してくれちゃう包容力があって、物静かで従順そうなんだけど、案外情熱的なところがあったりなんかしちゃう本。紙は薄めなんだけど、それなりにコシがあって、ハードカバーがいいなあ、貞淑な感じで。箱入りでは、ちょっと行きすぎ。しおりの紐は必須。どっしりと厚めで、手に取るとずしっとした存在感があるんだけど、開くと、けっこう余白が多かったりして、その白い部分が無垢な印象で、でもところどころに大胆に図版があしらってあったりするような。1ページ大の写真が入っているかと思えば、章と章の間が3ページくらいほぼ無地だったりして、そのギャップに、ときめいちゃいます。もちろん、初版じゃなきゃダメ。

■5 次にバトンを渡す5人

えーと、5人も思いつかないのですが、
・hon-amiさん
・リーブラさん
・虫本さん
後はお好きに、興味のあるかた、受け取ってください!
posted by 清太郎 at 13:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。