2004年09月24日

プロ野球・新チームの名称は?

プロ野球の話題ばかりで申し訳ないのだけれど、今日もまた。来季はどうやら、ライブドアもしくは楽天による新チームが誕生することになりそうです。どちらになるか、これはこれで、単純化すると「誠実だけど必ずしも裕福ではない人を選ぶか、不誠実だけど裕福な人を選ぶか」という古典的な図式でおもしろいのですが、いずれに転ぶにしても、新チームがベースとするのは、仙台(あるいは仙台を中心に、東北地方)になりそうです。
そこで、気になるのが新チームの名前。地域密着をうたうためにも、やはり、東北を連想させるような名称がふさわしいのではないでしょうか。

東北が生んだ強いものとして、誰でもすぐに思いつくのが、独眼竜・伊達政宗です。しかし先行する中日ドラゴンズと重複しないためには、「独眼竜」の方をモチーフにすることはできません。(「モノアイドラゴンズ」などといっても、まどろっこしいだけです。)だからといって、「マサムネズ」では、語感がいまひとつなのと、負けがこんできて場合に、スポーツ紙の紙面に、
「ダメ政、また黒星」
などと書かれてしまうわけで、郷土の誇る英雄の顔に泥を塗りかねません。

あるいは、戦国の昔から東北は名馬の産地として知られていますから、馬、というのもいいかもしれません。消滅するバファローズ(あるいはオリックス近鉄合併チームはバファローズになるのだろうか?)に代わって、ホーシズ誕生、というのも、なかなかよい図式です。しかし「ホーシズ」ではなあ、法師の大群みたいで、ちょっとかっこわるいですね。メジャーのダイヤモンドバックスにヒントを得て、「ホースバックス」などとすると、いいかもしれません。でも、馬の背ズ、ではなあ。

歴史をさかのぼれば、かつての東北は蝦夷。坂上田村麻呂に討伐される未開の地だったわけですから、「バーバリアンズ」なんていうのもよさそうです。血気盛んな感じもします。でも、東北の人たちはみずから「野蛮人だ」と名乗るのは、いさぎよしとしないかもしれません。

いっそのこと、「強そう」な名前はあきらめる、というのもひとつの手段です。たとえば、(東北というより花巻限定になってしまうかもれないけれど)宮沢賢治から題材を得てみるとか。「オツベルズ」「イーハトーブス」「シグナレス」「カンパネルラ」など、なんとなくオシャレな感じもして、いいと思います。
posted by 清太郎 at 00:00| スポーツネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。