2004年09月17日

プロの気概を見せるのだ

プロ野球、ストが決まりました。
この話題について、何度かここでとりあげましたが、しかし正直言って私、選手の皆さんが何を意図してるのか、わかりません。
「球界の発展のために」とかいうけど、人気のない球団をそのまま放っておくのが球界の発展に寄与するのかナゾだし、そもそも、そんなに12球団にしたいなら、自分たちでもう1個球団つくっちゃえばいいじゃん、と思うのね。貧しいプロレタリアートが資本家に賃上げ要求するのとはわけが違うのだから。年俸を何億ともらってる人が多いわけだし、球団運営に必要な人員をわっと雇って、選手は各チームから希望者を提供して、オーナー側が認めようが認めまいが、とにかくワーッと試合やっちゃえばいいではないの。と思うのだけど、どうなのかなあ。あるいは、本音のところで、単にお金の問題なんです、ということを正直に言うか。そのあたりが、何年か前にあったメジャーリーグのストに比べて、わかりにくいところです。

しかし何よりいちばん疑問なのは、交渉の場に、なんでみんな背広姿なのか。野球選手なんだから、ユニフォーム着て、ヘルメットかぶって、片手にバット、片手にグラブ、そういう格好でいいではないのか。カーッとした挙げ句にバットでテーブル叩き割っちゃったりなんかして。それでこそ野球選手の気概というものでしょう。「要求飲まなきゃストやるぞ」と脅しているわけなのだから、経営側を球場に呼びつけてもいいではないか。いそいそと相手の土俵に乗った時点で、もうダメなんじゃないか、と一ファンとして、思うわけです。
posted by 清太郎 at 00:00| スポーツネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。