2004年09月24日

プロ野球・新チームの名称は?

プロ野球の話題ばかりで申し訳ないのだけれど、今日もまた。来季はどうやら、ライブドアもしくは楽天による新チームが誕生することになりそうです。どちらになるか、これはこれで、単純化すると「誠実だけど必ずしも裕福ではない人を選ぶか、不誠実だけど裕福な人を選ぶか」という古典的な図式でおもしろいのですが、いずれに転ぶにしても、新チームがベースとするのは、仙台(あるいは仙台を中心に、東北地方)になりそうです。
そこで、気になるのが新チームの名前。地域密着をうたうためにも、やはり、東北を連想させるような名称がふさわしいのではないでしょうか。

東北が生んだ強いものとして、誰でもすぐに思いつくのが、独眼竜・伊達政宗です。しかし先行する中日ドラゴンズと重複しないためには、「独眼竜」の方をモチーフにすることはできません。(「モノアイドラゴンズ」などといっても、まどろっこしいだけです。)だからといって、「マサムネズ」では、語感がいまひとつなのと、負けがこんできて場合に、スポーツ紙の紙面に、
「ダメ政、また黒星」
などと書かれてしまうわけで、郷土の誇る英雄の顔に泥を塗りかねません。

あるいは、戦国の昔から東北は名馬の産地として知られていますから、馬、というのもいいかもしれません。消滅するバファローズ(あるいはオリックス近鉄合併チームはバファローズになるのだろうか?)に代わって、ホーシズ誕生、というのも、なかなかよい図式です。しかし「ホーシズ」ではなあ、法師の大群みたいで、ちょっとかっこわるいですね。メジャーのダイヤモンドバックスにヒントを得て、「ホースバックス」などとすると、いいかもしれません。でも、馬の背ズ、ではなあ。

歴史をさかのぼれば、かつての東北は蝦夷。坂上田村麻呂に討伐される未開の地だったわけですから、「バーバリアンズ」なんていうのもよさそうです。血気盛んな感じもします。でも、東北の人たちはみずから「野蛮人だ」と名乗るのは、いさぎよしとしないかもしれません。

いっそのこと、「強そう」な名前はあきらめる、というのもひとつの手段です。たとえば、(東北というより花巻限定になってしまうかもれないけれど)宮沢賢治から題材を得てみるとか。「オツベルズ」「イーハトーブス」「シグナレス」「カンパネルラ」など、なんとなくオシャレな感じもして、いいと思います。
posted by 清太郎 at 00:00| スポーツネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

プロの気概を見せるのだ

プロ野球、ストが決まりました。
この話題について、何度かここでとりあげましたが、しかし正直言って私、選手の皆さんが何を意図してるのか、わかりません。
「球界の発展のために」とかいうけど、人気のない球団をそのまま放っておくのが球界の発展に寄与するのかナゾだし、そもそも、そんなに12球団にしたいなら、自分たちでもう1個球団つくっちゃえばいいじゃん、と思うのね。貧しいプロレタリアートが資本家に賃上げ要求するのとはわけが違うのだから。年俸を何億ともらってる人が多いわけだし、球団運営に必要な人員をわっと雇って、選手は各チームから希望者を提供して、オーナー側が認めようが認めまいが、とにかくワーッと試合やっちゃえばいいではないの。と思うのだけど、どうなのかなあ。あるいは、本音のところで、単にお金の問題なんです、ということを正直に言うか。そのあたりが、何年か前にあったメジャーリーグのストに比べて、わかりにくいところです。

しかし何よりいちばん疑問なのは、交渉の場に、なんでみんな背広姿なのか。野球選手なんだから、ユニフォーム着て、ヘルメットかぶって、片手にバット、片手にグラブ、そういう格好でいいではないのか。カーッとした挙げ句にバットでテーブル叩き割っちゃったりなんかして。それでこそ野球選手の気概というものでしょう。「要求飲まなきゃストやるぞ」と脅しているわけなのだから、経営側を球場に呼びつけてもいいではないか。いそいそと相手の土俵に乗った時点で、もうダメなんじゃないか、と一ファンとして、思うわけです。
posted by 清太郎 at 00:00| スポーツネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

最凶の新球団「キラーズ」登場

プロ野球、先週末のストこそ回避されたものの、今週末はまだ予断を許さない状況です。「1年間、巨人を仲間はずれに」というのも、せっかくいい案なのに、賛同してくれる人がいなくて、がっかりです。
そこで、次なる名案です。ストをするのは選手の皆さんにとっても本意ではないはず。密室での会議は、見ているファンにとってもつまらないものです。選手も納得できて、ファンも喜ぶ解決策として、ずばり、
「野球で勝負をする」
というのはどうでしょうか。
来季、近鉄とオリックスの合併は、しかたがないとあきらめましょう。しかし、それで11球団にするのではなく、2リーグ制を維持したまま、パ・リーグの方に、オーナーの皆さんを代表するチームをひとつ加えるのです。
仮に、このチームを「キラーズ」とでも呼びましょうか。このキラーズが優勝したら、選手はオーナーの言うことを聞かなくちゃならない。逆に優勝したのが他のチームであれば、オーナーは選手の言い分を聞き入れる、ということにするのです。セ・リーグのチームもオーナー側と交渉する権利があるでしょうから、セ・パ交流試合を半分くらいもうけて、どのチームにも等しくキラーズへの挑戦権を与えるようにします。
選手の皆さんは、ストや話し合いといった慣れない方法ではなく、自らが最も得意とする野球で、自分たちの力で勝利を勝ち取ればいいのです。負けたら、それだけの実力しかなかったということ。文句は言いっこなしです。もちろん、ファンも大喜びです。
で、そのキラーズの選手をどこから集めてくればいいのか、ということになるのですが、オーナー側が金にものをいわせて引き抜いた選手のほか、たとえば元巨人の杉山みたいな暴力沙汰を起こして追放された元選手やら、喫煙とかで退部させられた元高校球児やら、天才的な野球センスを持っている凶悪な殺人犯やら、そういう人たちをどんどん登録するといいでしょう。で、社会的に問題があるといけないから、素性は一切公表せず、
「全員、覆面」
ということにします。名実ともに、最凶、最悪の悪役チームの誕生です。キラーズとの対戦は、巨人戦以上に盛り上がることは必定。選手も観客も大興奮です。このキラーズに案外人気が出ちゃったりして、翌年からもキラーズを含めた12球団が定着することになるかもしれないわけで、なかなか将来性豊かな、すばらしい案だと思うのですが、どうでしょうか。
posted by 清太郎 at 00:00| スポーツネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

巨人を仲間はずれにする

プロ野球、8日の臨時オーナー会議を経て、来期はセ・リーグ6、パ・リーグ5の11球団による変則的な2リーグ維持、ということになりそうです。
基本的に野球は1チーム対1チームが戦うものですから、この11チームでリーグ戦を行うと、毎回つねに1チーム余ってしまうことになります。
その対応策として、
「毎回、1試合は、3チームが参加するバトルロイヤルにする」
という妙案もありますが、ルールの改訂などに費やす時間とコストを考えると、来期には間に合いそうもありません。
そこで提案したいのが、
「1年間、巨人を仲間はずれにする」
というものですが、どうでしょうか。1年間、ジャイアンツだけ、試合なし。2005年度のプロ野球は、残る10チームで行うことにするのです。
最初はどのチームも「巨人なしで、だいじょうぶだろうか」と不安でしょうが、1年間ペナントレースを戦っていくうちに、
「ま、巨人がなくても、なんとかやれそうかな」
ということになるかもしれません。逆に、球界の盟主とかいって尊大な巨人も、1年間ひとりぼっちにされ続ければ、
「やっぱ野球は、1チームだけじゃできないんだよね」
という根本のところに気づき、ちょっと人当たりがよくなるかもしれません。
巨人ファンの人は、多少残念かもしれませんが、まあヤンキースの松井かリハビリ中の長嶋を応援する、ということで。巨人ファンじゃない人は、優勝の確率がちょっとあがって、ほくほくです。
そうして、この巨人のいない1年の間に、「3チームでバトルロイヤルをする」ルールを練り上げておいて、次の年から実施。なんだかこれからのプロ野球がおもしろくなっていきそうで、ワクワクする名案だと、われながら思うのですが‥‥。
posted by 清太郎 at 00:00| スポーツネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

プロ野球のstrikeを楽しむために

このままいくと、こんどの土日、プロ野球の選手の皆さんがストライキをすることになりそうです。今週末だけかと思っていたら、要求が受け入れられるまで、9月中の土日は毎週ストだとか。知ってる人はあまりいないかもしれませんが、今、広島の嶋という選手が史上2人目の200本安打を達成できるかどうか微妙、という位置にいます。試合がつぶれてしまうと、それだけ打つ機会が減ってしまうわけで、ちょっとかわいそうです。

それはそれとして、プロ野球のストライキ、という話題のおかげで、最近よく知られるようになったのが、ストライキとストライクはどっちも同じstrikeで、いわゆるdoubletというものだ、ということです。日本に入ってきた時期の違いで表記が変わってしまったらしくて、レモネードとラムネ、トロッコとトラックなどと同様です。
で、こんどプロ野球史上では初めて、第1回のstrikeを挙行するにあたり、せっかく野球なんですから、
「strikeは3度まで」
というルールをつくってはどうでしょうか。
こんどのstrikeが失敗に終わったら、翌週またstrikeをおこなって、それでもダメなら最後にもう1度strikeをして、それでアウト、ということにするわけです(アウトを宣告されるのは選手側なのかオーナー側なのか、ちょっと微妙なところですが)。このルールを適用することで、2度目のstrikeの後、選手側は次にstrikeのように見せかけてちょっとはずしたあたりを狙って、
「今回は、ストライキじゃなくて、ボールにしてみました」
ということもできるわけだし、あるいはボールのように見せかけて、やっぱりstrikeをしちゃったりとか、それを見越したオーナー側がエンドランをかけたりとか、夜のスポーツニュースで野球解説者の人が「いやあ、今日のstrikeは、内角低めぎりぎりってとこでしたねえ」なんて評価したりとか、何だかよくわかんないけど、プロ野球独特の駆け引き、という感じになって、見ている方としてはちょっとハラハラできて、おもしろいと思います。野球の試合をつぶしてファンに迷惑をかけるんだから、それくらいのことはしてくれてもいいんじゃないかしら。
posted by 清太郎 at 00:00| スポーツネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月06日

金ネクタイの行方

ドーピングで金メダルを剥奪された(どうでもいいが、新聞なんかで見る「はく奪」と表記は、なんだかちょっと迫力に欠けて、いまひとつです)ハンマー投げのアドリアン・アヌシュが、金メダルを返したくないと言っているそうです。対する室伏広治は待ちの一手。横綱の朝青龍からもらったという金ネクタイをしめて、にこにこしているそうです。
でも、このままアヌシュがメダル返還を拒み続けたら、どうなるのでしょう。
その場合は、男子ハンマー投げに限り、金メダルを廃止、ということにすればいいと思います。室伏のしている金ネクタイを、正式に採用するのね。室伏の金ネクタイが本物で、アヌシュの金メダルはまがい物、ということにするんです。
で、以後のオリンピックでは、男子ハンマー投げで優勝した選手は、競技場の表彰台の真ん中に立って、国家が流れる中、粛々として、競技委員長だか誰だかに、金ネクタイを結んでもらうんですね。
で、オリンピックの各国別メダル獲得表なんかには、

日本 金6 銀7 銅8 ネクタイ1 計22

というふうに表記される、ということにするといいと思います。
ところで、金ネクタイの贈り主である朝青龍は、室伏のことが嫌いなんでしょうか。
万が一、善意からのものだとしたら、なんという趣味の悪さ。まだ「金のまわし」などの方が、ましだと思います。

それはそれとして、ドーピング検査に使用された選手の尿は、検査後、そちらの方面の愛好者などに高額で売却されたりするのかどうか、ちょっと気になっております。
「女子飛び込みの郭晶晶の尿、ほしいほしい」
というコアなファンがいるかもしれません。お金には汚いIOCのことですから、こっそり裏のルートで、そちらの方面の市場に提供しているのではないか、という疑惑がぬぐえません。
posted by 清太郎 at 00:00| スポーツネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月02日

ロシアの学校占拠について

武装グループによるロシアの学校占拠、気にかかります。暴力はやだよねえ。
よく、お城に関しては、
「攻めるに難く、守るに易し」
などというけれど、学校はどうなんでしょうか。
最近は、教室と廊下の隔壁を取り払い、多目的なワークスペースのまわりに教室スペースが配されるような、いわゆる「オープンスクール」が徐々に増えてきているそうです。(きのう、工藤和美『学校をつくろう!』(TOTO出版)というのを読んだばかり。)
しかし、このオープンスクールだと、たとえばひとつのフロアを考えると、壁がないぶん隅々まで視線が届くわけで、テロ鎮圧部隊などがひそかに潜入しようとすると、すぐにわかってしまうわけです。いわば、「攻めるに難く、守るに易い」学校といえます。
対するに、昔ながらの、真一文字の廊下の片側に箱形教室が並んでいるような学校は、どうしても占拠グループの監視が及ばない教室が出てくるはずで、そこからテロ鎮圧部隊が潜入できるように思います。攻めるに易いかどうかはともかく、守るに難い学校なのです。
教育のありかたの変化とともに、今後オープンスクールはますます増えていくことでしょうが、いざテロリスト集団に占拠されてしまった場合、容易に要塞化されてしまわないのか、心配です。
posted by 清太郎 at 00:00| 雑録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。